全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

DISC NOW Vol:201

音楽関係者が本気でお勧めする1枚!!

『SUPERNOVA』

Artist : CENTRAL 2ND SICK

ジャンル吸収率異常事態発生!!
セントラル・セカンド・シック、訳して“厨二病”です。ガスマスクを被るメンバーを擁する6人組のバンド。
デジタル音を多用し、洋楽を意識した曲調に時代は寄りがちだが、彼らの誇るべき特徴はJ-POPやJ-ROCKの良さを存分に引き立たせる楽曲展開だと思います。聴く人に入り込みやすく、親しみやすい。
バンドの象徴とも言える謎のガスマスクの男“Bomb”はDJ機材を導入し、バンドに新たなる音楽エッセンスでもあるスクラッチを搭載しました!
4つ打ちのダンス・ミュージック曲やバラードも今作にて披露! あらゆるジャンルのあらゆる要素をミックス可能!
全力で挑んだフルボリュームの全14曲にて、スペシャルプライスです!

レビュー執筆者:GO WITH ME RECORDS 安藤佳右 洋楽、邦楽問わずリリースしています、洋楽、邦楽問わず聴いてください! デモ音源募集中です! 9/3にTake ambulance新作リリースです。私は犬を飼いたい、動物大好き、宜しくお願いします。

『SKA ME FOREVER』

Artist : 東京スカパラダイスオーケストラ

スカパラ、25周年を迎え全国に花火を打ち上げるオリジナルアルバムを発売!
“亀田誠治”をプロデューサーに迎え、10-FEET、MONGOL800、ASIAN KUNG-FU GENERATIONと共にバンドコラボ三部作をシングルで発表。
そのスカパラと強力なコラボサウンドを作りだしたバンドコラボ三部作はもちろん、25周年ツアーで盛り上がりを見せていた「歓喜の歌(交響曲第九番)」通称“第九スカ”のカヴァー楽曲、さらに25年前に発売されたスカパラ1stアルバムの1曲目に収録されているロシア民謡「ペドラーズ」を、2014年のスカパラがオマージュの意味も込めて新たに演奏し直した「ペドラーズ2014」まで、最新“トーキョースカ”サウンド満載!

レビュー執筆者:エイベックス 宣伝 木村恵美子 TOKYO No.1 SOUL SET、LOW IQ 01、MONKEY MAJIK、大森靖子、遠藤舞を担当。

『MAZE』

Artist : NOISEMAKER

“MAN WITH A MISSION Tales of Purefly Tour”の北海道3公演、幕張メッセにて開催されたPIZZA OF DEATH RECORDS presents“SATANIC CARNIVAL'14”への出演など、ノリにノっているNOISEMAKERの新作『MAZE』がリリースとなります。
アルバムリード曲でもある「REASON」は昨今のメロウでキャッチーな縦ノリ楽曲をリードに持ってくるという観点からいうと確実にズレています(笑)。ゴリゴリの重厚なリフにAGの巧みなラップを織り交ぜたサウンドは、もともと彼らの得意とするところであるとはいえ、このタイミングでぶち込んでくる辺りに、彼らの並々ならぬ気合と自信を感じずにはいられません。ぜひ、間奏のギターリフでニヤリとしちゃってください。
とにかく、全曲ギミック盛り沢山で、最後まで全く飽きさせずに一気に聴かせてくれます。試聴して、ちょっとでも迷ったら間違いなく買いです。聴くたびに新たな発見があるでしょう。

レビュー執筆者:ミズタニテイジ サンバフリーにてレーベルを運営。これまでリリースしたタイトルは500を数える。

『Induction Of Otherside』

Artist : wrong city

前作『Life as a Ghost』が未だ超ロングセラーの中、1stフルアルバムが遂にリリース!! 様々なバンドのツアーサポートを務め、予てより前代未聞のざわつきを見せていたwrong city。2014年4月はCrossfaith、coldrain、Miss May I(アメリカ)の3バンドがヘッドライナーを務めた“MONSTER ENERGY OUTBURN TOUR 2014”で広島公演のゲストバンド(各会場1アーティスト)に大抜擢され、高い話題性と共に知名度を更に上昇させた。そんなwrong cityの1stフルアルバム『Induction Of Otherside』は前作以上に破壊力のあるキラーアンセムの集合体となった。1曲目からinduction(誘導)されてしまう彼らの魅力から逃れられない!

レビュー執筆者:JMSなかむら 海より川派。

『roOt.』

Artist : ハリネコ

あらゆるジャンルを飛び越えて自分の表現を突き詰めた先にある「harineko」。
音楽とアートの中間くらいにある音の世界。メジャーやアートフェスで活躍しているアーティストが表現者としてアルバムのレコーディングに参加し、自由に制作を行う沙知の楽曲を「harineko」にして出来たアルバムが『roOt.(ルート)』です。
視点や角度、捉え方によってポップスにもコンテンポラリーにも聴こえます。
音楽が好きな方には絶対に聴いてもらいたい1枚です。
制限の無い世界で作られる音楽は美しく、優しい。

レビュー執筆者:村田 雅宏 株式会社ウエス CREATIVE 4所属。2014年、札幌を舞台に札幌国際芸術祭の連携事業として音、場所、イベント、人を繋げるイベント「Sapporo Neutral」を開催します。詳しくはhttp://sapporo-nt.com/まで。

『起死回生STORY』

Artist : THE ORAL CIGARETTES

奈良県出身の4人組バンド、THE ORAL CIGARETTES。関西圏を中心に精力的にライブ活動を重ね、2012年“MASH A&Rオーディション”で初代グランプリを獲得! そして今回、待望のメジャーデビューシングルをリリース! 芯の強いボーカルは全身に響き、繰り返し現れるギターフレーズが頭に焼きつきます。這い上がって頂点を目指す向上心・本気度が詰まっている、とにかく最高にかっこよく、熱い楽曲です! そして、THE ORAL CIGARETTESの一番の魅力は「ライブ」。パフォーマンスは誰が見ても確実に魅了され、完全に彼らのペースに巻き込まれます。ライブのことは「まず一度観てみて!」という一言しかありません! 各地のフェスやイベントにも多数出演中なので、どこかで必ず観るべきです! 今年必ずチェックしないとマズいバンドなので要要要要要チェック!

レビュー執筆者:A-Sketch 米澤樹子

『CUBES』

Artist : Crystal Lake

HARDCORE / LOUDシーンが活性化する昨今、リリースが待ち望まれていたCrystal Lakeが遂に全国流通盤1stEPをドロップ! 2002年結成後、国内・海外でのライブや数々のロックフェスティバルへの出演し、エナジー・パッションに満ち溢れた爆発力のあるライブパフォーマンスは明らかに群を抜いており、共演してきた海外アーティストをも唸らせ続けていた! そんな彼らが8月6日初の全国流通盤のリリース! 長い年月で培ったワールドクラスのサウンドを堪能できる作品に仕上がっている!! 今作を聴き、是非彼らのライブを一度体感していただきたい!!

レビュー執筆者:JMSなかむら この夏を制したい。

『SOMETHING WONDROUS』

Artist : white white sisters

white white sistersの1stフルアルバム。CDに12曲、DVDに4曲が収録された集大成的な作品。いや、集大成というよりは、やっとその正体が少し明かされたというべきであろう。今までのエレクトロ+ロックというイメージをはるかに超えた、ハイセンスで傑作と言っていいポップ・アルバムである。
G./Vo./Prg.のmatsumuraが繰り広げる、多彩な表情を見せながら躍動するきめ細かいエレクトロサウンドに、Dr.のkitaroが感情的なドラミングで曲に命を吹き込む。VJのtajimaが創り出す映像は幾何学的で近未来をイメージさせ、感覚をはるか後方に置き去りにして心の中を疾駆する。
このアルバムで、彼らはやっとスタートラインに立った。あとは、飛躍あるのみ。

レビュー執筆者:real future records 帆山 岳 real future records(http://realfuture.jp/)というインディーズ・レーベルをやっています。夏はフェス行ってビールですね!!

『波乗り泥棒』

Artist : 高松豪

この「Always○丁目の夕日」を思い出させるようなジャケットに目を奪われちゃったアナタ。大正解です。本当にね、この赤いスクーターどこで見つけてきたんだっていう時代錯誤感、大好きです。
EMI Recordsが送り出す期待の新人、高松豪! どこらへんが期待かというと、インディーズ時代にユーミンのラジオ番組にゲスト出演している! さらにそこで気に入ってくれたユーミンがお忍びで下北沢の小さいライブハウスにライブを見に来ている! さらにストリートライブ時代には、たまたま通りがかった内田裕也さんからお褒めの言葉をいただいている! などなど、挙げればキリがないくらいに、大物ウケ最高です!
さらに7月からは話題の新進気鋭お嬢様芸人たかまつななと「オールナイトニッポン0」のパーソナリティも担当! と、ネタが満載。肝心の楽曲は、夏を感じさせる爽やかシティポップ。懐かし新しなサウンドがアナタをトリコにすること間違いナシ!

レビュー執筆者:EMI RECORDS宣伝本部 オオトモ 邦ロックと宇多田ヒカルをこよなく愛する金髪腐女子。日夜マンキツにて新しい音楽と新しい漫画を探す毎日。

『楽園』

Artist : メレンゲ

「変幻自在」。11年目を迎えたメレンゲの柔軟性に担当として驚かされる。この1年アニメ「宇宙兄弟」、そしてアニメ「ピンポン」までその世界観を音と詩で表現し、空気や水かのごとく、違和感なくすっと溶け込み、そのシーンの一部となる音楽を制作し続けている。
そしてTBS系木曜ドラマ劇場『同窓生〜人は、三度、恋をする〜』の主題歌として、渾身の書き下ろしの今作「楽園」。どこか懐かしく、今改めて聴くと新しくさえ感じる仕上がりに、はじめてメレンゲを知るお茶の間のみなさまにも耳に留めて頂ける楽曲になると期待。
また、カップリングを聴けば、彼らのバンドの本髄が見える。優しさや柔らかさを持ち味とする彼らを知ることとなるだろう。既存のファンの方はホっとするような、メレンゲ感を存分に味わえるカップリング「東京にいる理由」。
多くの人に振り幅の大きいこのメレンゲの摩訶不思議な魅力の扉を開いてほしいと願ってやまない。

レビュー執筆者:ソニー・ミュージックレーベルズ キューンミュージック制作部 佐藤綾乃

『VIRGIN FIELD』

Artist : THE TEENAGE KISSERS

2012年に結成されたTHE TEENAGE KISSERS(Vo.NANA / Ba.HIDEO / G.TSUBASA / Dr.MAI)が2014年7/9に1stフルアルバム『VIRGIN FIELD』をリリース。
強烈なフィードバックで幕を開けるこのアルバムは、1990年代初頭に破壊的なサウンドを引っさげて登場し、世界中の若者を虜にしたグランジそのもの。
このアルバムはiTunesでもオルタナティヴ・ランキング最高位5位を記録し、全世界で配信中です。MV「Venus Hypnosis」「I Love You And Kiss Me」もYouTubeで公開していますのでチェックしてみてください。
バンドは現在全国ツアーを行っており、9/20には渋谷O-nestでツアーファイナルとなるワンマンライヴも行いますので是非ライヴも観てください。4人が繰り広げる壮絶なステージは圧巻です。グランジよろしく!

レビュー執筆者:KADOKAWA メディアファクトリー 音楽配信 / 宣伝担当 宮西克典 都内でDJイベント“カトゥノリナイト”もやっていますので、こちらも是非遊びに来てください。

『Turpentine』

Artist : vagarious vagabondage

バガリアスの魅力って沢山あって、サウンドはもちろん方向性や見せ方が面白い。バンドマンが忘れがちなCDを売るべき方法をクール&ユーモラスに表現出来てるのが面白い。
a Soulless Painと企画やったりSANDさんのツアーサポート出演したり、急にフェスに出たりスカパンク以外へのアプローチも忘れず戦ってるのも面白い。結果、スカパンクのお客さんが極端に少ないウチも凄く売れてる。もちろんシンプルに「カッコ良い」が前提なので店で流すだけで知らない人も沢山反応してます。
今作は1080円でぶっ飛べるのでSKA PUNKを敬遠ガチな方にこそ聴いて欲しい。年中ツアーやってるんで(笑)。見れる機会があればゼヒ! 日本で一番イケてるスカパンクってボクは思ってます!

レビュー執筆者:江口友章 名古屋のCDショップ「マーブルレコード」を運営する傍ら、PICTURE MOUSE DESIGNSとしてもハードコアやレゲエロックまで多くのフライヤーやジャケットを全国的に製作。バガリアスのアートワークも全て担当。

『The Reflectons』

Artist : SILHOUETTE FROM THE SKYLIT

福岡発エモーショナルラウドロックバンド。
Red Bull主催のバンドコンテスト“Red Bull Live On The Road 2013”にて、見事優勝! 250組の参加バンドの頂点に立つ。
2014年1月に『THE WORLD WILL NEVER SAVE YOU』を発売した後、僅か半年という驚異的なスピードで制作・発売された本作。
タイトル『The Reflections』に込められた【反響・反射・影響・熟考・回想…】という意味が指し示すごとく、進化したシルエットの集大成の渾身作!
全曲通して、何度聴いても飽きないアルバムです!

レビュー執筆者:株式会社KAIROS 宮崎 SILHOUETTE FROM THE SKYLITマネージャー。

『grilletto』

Artist : GARNiDELiA

数々のアーティストのサウンドプロデュースを手掛けてきたコンポーザーのtoku。
ソロとしても、じん(自然の敵P)など様々なアーティストのゲストボーカルも務める女性ボーカリスト・メイリア。
そんな2人が2010年に出会い結成されたのがGARNiDELiA (ガルニデリア)。
2014年3月に大人気アニメ『キルラキル』の新OP主題歌となる『ambiguous』でメジャーデビューを果たし、iTunes Music Storeをはじめ、各音楽配信サイトの総合ランキングで軒並み首位を獲得。
4月クールはじん原作の話題アニメ『メカクシティアクターズ』主題歌を“じん ft. メイリア from GARNiDELiA”として担当。
そして、人気アニメ『魔法科高校の劣等生』7月クールの主題歌にセカンドシングル『grilletto』が大抜擢されました。
この『grilletto』は、まさに今年イチオシの1枚です!

レビュー執筆者:株式会社ソニー・ミュージックレーベルズ A&R Director 矢山貴之

『Different colors』

Artist : angela

“ぢぇらっこ(=angelaファン)”を始めアニメファンは大好物であろう、angela王道のアニメソングがここに完成。
TVアニメ「K」の劇場版「K MISSING KINGS」主題歌の今作は、劇場公開日に合わせてのリリース。“これぞ、ぢぇらロック”と言いたくなるゴリっとしたサウンドと、atsukoの力強い美声がマッチした「Different colors」。“痛いから 辛いから 上から”と韻を踏んだキャッチーなサビは、過去楽曲「KINGS」や「シドニア」に続いてangela節全開の記憶に残るフレーズだ。カップリングの「冷たい部屋、一人」は、TVアニメ「K」ED主題歌としてレーベルメイト小松未可子が歌唱した曲のセルフカバー。切なさや儚さを想像させるこの曲を、作詞者のatsuko自らがしっとりと歌い上げる。ジャケットは描き下ろしアニメイラストと、作品にがっつり寄り添ったシングルとなっている。
そんなangelaはこの夏、全国ツアーや多数の海外イベントに出演など、あらゆる場面で音楽をお届け中!

レビュー執筆者:キングレコード / スターチャイルドレコード 羽村萌 angelaの他、かなでももこ、カスタマイZなどアニソンアーティストの宣伝を担当。ライブ中毒です。最近は京都大作戦で暴れて参りました。