全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

1st CONTACT Vol:187

JUNGLE☆LIFEが自信を持ってお勧めする、注目のアーティスト!
(画像はクリックで拡大)

みるきーうぇい


(クリックで拡大)

 みるきーうぇいの歌にはいつも教室の隅っこで泣いてた僕がいる。自己顕示欲の塊みたいな、思春期の男女約30人による、狂気じみた数年間の共同生活。約7m×9mの四角い部屋の中で、ただそこにいただけの僕がいる。そんな日々と今でも向き合い続けるっていう事が、彼女達が歌う「大人にならない」って事なのかもしれない。きっと、あの頃は泣いてばかりで過ごしてた彼女が、エレキギターという武器を手にとって前を向く。今でもきっと泣いてばかりなんだろうけど、それでもあの頃よりも強い笑顔で、ユーモアもまじえて、大胆不敵に歌う。それはまるで足りない気持ちの隙間を埋めるみたいで、あの頃の忘れ物をいつまでも捜してるみたいに。何かが少し足りない未完成のまま、ひとまず完成してしまった『枯れない花と止まないエレキ』というミニアルバム。そんな発展途上の6曲の物語を、これを読んでいるあなたにもぜひ共有してもらいたいです。6/15の三国ヶ丘FUZZでのレコ発企画イベントから始まりツアーファイナルまで続く彼女達の初ツアー。そこで、むき出しのみるきーうぇいを生で体感してみてください。きっと忘れかけてた気持ちを思い出せると思います。そして、大人になってしまったピーターパンの話の続きは、また次回に。

The denkibran 倉坂直樹

Dear Elegance


(クリックで拡大)

 2012年10月東京にて、ボーカルのKAI(Peanuts For A Party Boy,ex HELENA)を中心に結成された、平均年齢19歳の新世代ポストハードコアバンド。アメリカのバンドの影響下が多い中、彼らはUKのメタルコアやポストハードコアバンドに強く影響を受け、若くして美しくも感じるメロディーパートや、叙情的に表現される楽曲センスには脱帽しています。精力的にライブ活動も行う彼らが、早くもバンド初となる1st EP作品『NevaeH』を6/19(水)に全国発売します。
 日本でも盛り上がりを見せるラウドシーンに、切り込みをかける新世代若手バンドの一角として抜群のセンスを発揮するディア・エレガンスを是非チェックしてください。
 『NevaeH』 EP(Official Trailer)をYouTube上にて公開中です!

http://www.dearelegance.com/

GO WITH ME 安藤

印象派


(クリックで拡大)

 リリース予告から2年! とうとうリリースされるガールズユニット“印象派”フロムOSAKA!
 2011年『HIGH VISION / ENDLESS SWIMMER』、2012年『SWAP』の2作品をタワーレコード限定でリリースし、耳の早いリスナーの間では話題を呼んでいたが、その実態が謎に包まれていた“印象派”が遂に1stミニアルバムを全国リリースします。
 楽曲もヴァラエティに富んでおり、人力トランス、パンク、サイケデリックなど1曲として似通ったアプローチがないのがこのグループの特徴ですが、重厚かつ緻密な、打ち込みなしの100%人力による、奇跡的なポップセンスとバンドアンサンブルとmiuの描く超独創的なエロティック且つ社会性の強い世界観の歌詞によって、それらは一糸乱れぬ統一感を放っています。
 リード曲「SWAP」のPVにはハンサムケンヤなどで話題をさらっているPV界の奇才椙本晃佑(すぎもと・こうすけ)を起用し、おそろしくもニューウェーブで明るく、ダークなPVが制作される。音と映像の両面から2013年前半注目視確実の最重要盤です。

eninal 森 暁王

挫・人間


(クリックで拡大)

 挫・人間は2008年、中学時代からの音楽仲間だった下川諒(Vo./G.)と吉田拓磨(Dr.)を中心に「全人類への復讐」を目的に熊本で活動を開始。2009年にはズットズレテルズ、The SALOVERSらも出場した“閃光ライオット2009“決勝大会に進出し、同大会のキャンペーンガール・夏未エレナの選出する夏未エレナ賞を受賞した。2010年、下川、吉田が高校卒業を機に上京するのと同時にアベマコト(Ba.)が加入。以来都内ライブハウスに出演するかたわら、2011年、ズボンズとイベント“月巻ズボン人間”を共催し、OKAMOTO'Sのアルバム『欲望』に下川が口琴で参加するなど、他アーティストとのコラボレーションも積極的に展開している。
 そして満を持して6/19に初の全国流通単独作となる11曲入りの1stアルバム『苺苺苺苺苺』をリリースする。強烈無比のグルーヴと中二病患者の魂の叫びようような過激な歌詞は若くして凄まじいオリジナリティを確立している。収録曲「人類」PVはAV監督IGGY COEN(伊基公袁)が手掛ける秀逸の映像なのでYouTubeでご覧下さい。

redrec / sputniklab inc. 山下秀一

banner_228 banner_top 浅井製作所 NCIS_banner4 new_umbro banner-umbloi•ÒW—pj