全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

1st CONTACT Vol:206

JUNGLE☆LIFEが自信を持ってお勧めする、注目のアーティスト!
(画像はクリックで拡大)

kazuna hirose with ECHO


(クリックで拡大)

全曲のソングライティングを担当する広瀬和奏(Vo./G.)が率いる5人編成バンド、Kazuna hirose with ECHO。2011年に結成し、2013年にリリースしたe.p.『19's trip』(現在は廃盤)は、1本のデモテープをきっかけにグラスゴーの重鎮パステルズのスティーヴン・パステルと意気投合した事から、彼らの支援を受けレコーディングを敢行。日本よりも先にスコットランド、UKデビューを飾ったという稀な経歴を持っている。透明さを湛えた素朴な清潔感に溢れ、ヒューマンな魅力に富んだきらめくようなメロディ。ハイランドを駆け抜ける爽やかな風のような旋律はエヴァーグリーンの魅力を示す楽曲たちは、どこか潤いを含んだような、情感溢れる細やかなニュアンスを持ったナチュラルなポップス。ネオアコの聖地・グラスゴーを経由して、いよいよ日本での1stアルバム『Grand M』をリリース。
スペースシャワーミュージック 松尾由恵

mol-74


(クリックで拡大)

鼻腔を突くような、初めて繋いだ手のあの冷んやりとした感触が蘇ってくるような、いつか誰かと聴いたあの音楽が脳裏をよぎるような。抽象的な歌詞はいつかの自分の痛くて切ない思い出をえぐるようでいて優しい。新鮮でいてどこか懐かしい、それはいつどこで誰との記憶か。Vo.武市のハイトーンボイスはそんなかつての情けない自分を労わり、撫でてくれるような錯覚すら覚える。一度聴いたら、きっと貴方はどこかで彼らのメロディーを思い出すだろう。それはきっと子どもの頃から聴いていた童謡のように自然に、懐かしく湧き上がるだろう。彼らの音楽は身体ではなく、リスナーの心を、記憶を、感情を動かせる。コーヒーを飲みながら、少し曇った空を見上げながら、愛しい人の髪を撫でながら、そんな日常の何気ない瞬間と共に彼らの音楽を聴いて欲しい。

グラフィックデザイナー ミヤビ

The nonnon


(クリックで拡大)

2012年結成、千葉発折れない女子代表ガールズバンド、The nonnon。12/17にミニアルバム『ぽちっけのんのん』をTOWER RECORDS新レーベル第1弾としてリリース。「カラフルでアラカルト的なアルバム。どんな時でも側にいてくれるぽちっけちゃん。たくさんの人に愛されますように!」と、愛読書というジャングルライフ誌掲載に心躍らせるVo./G.西脇友美の談。ツアーファイナルワンマンは1/24に下北沢440(four-forty)にて開催、「普段はのんびりのほほんと好きな食べ物はチーズと穴子な2人ですが、ライブと心はいつもロック! ハッピーに溢れたノンノンらしいロックをみなさんにも好きになってもらえたらと思います」とDr.ナオの談。ハッピーで男勝り(?)なノンノンのライブも是非体験を!

Troll music 高塚

Chapter line


(クリックで拡大)

サザンオールスターズの桑田佳祐氏が神奈川県茅ケ崎市出身であり、茅ヶ崎にはサザン通り商店街があったりして、「茅ヶ崎=サザン」のイメージがあります。柔道オリンピック銀メダリストにして、その後PRIDE等で総合格闘家及びプロレスラーとして活躍した小川直也氏も茅ヶ崎に住んでいますね。PRIDEで小川vs佐竹の試合前に桑田佳祐がリング上でアコギの弾き語りで「PRIDEのテーマ」を演ったのですが、あれは感動しましたね。
桑田、小川に続いて茅ヶ崎出身の小浦和樹率いるChapter lineというバンドが1/14にタワーレコード店舗限定&1000枚限定100円シングル『大言壮語の逆襲』でデビューする。圧倒的なボーカルの存在感と泣きのメロディ、そしてアグレッシブな演奏はギターロックシーン及び茅ヶ崎を震撼させるであろう。

redrec / sputniklab inc. 山下秀郎

Fo’xTails


(クリックで拡大)

2/4に1stシングル『GLITTER DAYS』でメジャーデビューを果たす、Fo’xTails。
“五尾の狐”の音楽のルーツは違えど、抜群のチーム感で織りなす肉厚なサウンドにキャッチーなメロディをのせ、聴いている人に想い(熱量)よ届けと耳に残るtakaoのパワフルなハイトーン・ボーカル。
オーディエンスを巻き込みながらライブを作り出す、5人のアグレッシブなパフォーマンスは必見! 熱くなること間違いなしです!
これから駆け出していくFo’xTailsの今後にご期待ください!!

I WILL 板橋幸

Moccobond


(クリックで拡大)

おもちゃ箱ならぬお道具箱をひっくり返したような、いろんなアイテムが飛び出すサウンドでワクワク楽しませてくれる大阪発の男女4ピースバンド、Moccobond。クセの強いツインボーカルに一度聴いたらくっついて離れない意外性抜群な曲展開とキャッチーなメロディー。これがまたクセになっちゃうんです!
だけどそんな一見“変わり者”な彼らが聴かせてくれる歌詞の世界は、彼らならではの視点でみつめるみんなが思ってるような日常のひょんな出来事や想い。とても他人事には思えなくって、そばにいてあげたくなるんです。Moccobondの音楽が寄り添ってきてくれるんです。
くっついて離れないポップでセンチメンタルで、楽しくって切ないのがなんだかイイ。やっぱりちょっと変わり者。
FM802 DJ 板東さえか

banner_228 banner_top 浅井製作所 NCIS_banner4 new_umbro banner-umbloi•ÒW—pj