全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

1st CONTACT Vol:215

JUNGLE☆LIFEが自信を持ってお勧めする、注目のアーティスト!
(画像はクリックで拡大)

Give Nothing Back


(クリックで拡大)

2014年夏結成、平均年齢21歳、東京発6人組ラウドロックバンド。デビュー作の1stEPが、10/21にタワーレコード限定でリリースされる。
ジャパニーズメタルコアで代表的なバンドA Ghost of Flareに実力が認められ、Wizap Recordsよりリリース。日本語、英語を織り交ぜた、シンプルなメロディーとアグレッシブなシャウトと楽曲展開、エモ、メタルコア、ポップパンク、EDM、ジェントなど、多彩な楽曲な振り幅は、すべてを飲み込んでいきそうな勢いだ。天才ドラマーやモデル、バンドマンが集結したのは、何かしらの運命を感じる。
活動わずか約1年で、2本行った自主企画はソールドアウト、外タレ来日公演サポートや国内大御所ハードコアバンドなどの本格派バンドとの共演、そして、O-EASTやZepp Tokyoなどホールクラスでのライブを行い、満を持してのデビューとなる。

関屋 陽介(Wizap Records)

ROA


(クリックで拡大)

車に乗ってスッ飛ばしている時、例えクラシックでも手足やアゴでリズムをとってノリノリな私。今回のROAに関しては、手と足とアゴのリズムだけでなく首に目の開閉にまでつい及んでしまった。
まず津軽三味線! かのエリッククラプトンも真っ青の三味線速弾きは超爽快、超豪快、超豪胆、世界中の速弾きギターマンを唸らせるそのテクニックは悪漢もとい圧巻である。高価であろうその三味のボディーに穴まで開けてストラップを取り付けた甲斐があったというもんだ!
そこにロックのリズムが心地よく食い込んでくる。楽しめない筈はない! 「たわけもの!」こういう時は首が折れてでも楽しめ! 更にボーカルが追い打ち! これまた歌詞がわからん所がなかなか飽きない…という所だ。
まぁ全体的に安易な意見ではあるが、堅守速攻…という所でしょう!

Dr.AKABAの父 赤羽昭一郎

THE LEAPS


(クリックで拡大)

ライブハウスはやっぱり楽しい場所なんだっ! Gt/VoのMAYOUは元ロリータ18号、Dr./Vo.のNANA-Aは元THE PINK☆PANDAとして、全国に名を轟かせバンドマンやライブキッズのみならずその名を知られる様に。‘14年現体制になると、2ピースバンドととて全国を駆け巡り、高いライブパフォーマンス、思わず声を出したくなるハッピーソングからしっかり聴かせる曲で確実に認知とオーディエンスの笑顔を広げている。ライブに行けば「ライブハウスはやっぱり楽しい場所なんだっ!」と納得してもらえるはず。必ずあなたの近くの街にもやってくるので皆ビールを飲んで、THE LEAPSのライブに遊びに行くべきだと思う。思う!!

心斎橋AtlantiQs 布川 紘治

banner_228 banner_top 浅井製作所 NCIS_banner4 new_umbro banner-umbloi•ÒW—pj