全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

【ライヴレポート掲載】CLØWD、3周年記念ワンマンを満員のO-WESTで開催

 2018年1月8日、CLØWDの結成3周年を記念するワンマンライヴ“REVENGE”が渋谷TSUTAYA O-WESTで開催された。超満員でCLØWDのワンマンライヴ過去最多動員を記録した公演内で、今年の夏に約2年ぶりとなるフルアルバムの発売を発表。さらには、2018年8月25日に渋谷CLUB QUATTROでのワンマン開催なども発表されたライヴのレポートを以下に掲載する。
 
【ライブレポート】

 
 まさにCLØWDの結成記念日である1月8日に、3周年を記念するワンマンライヴをTSUTAYA O-WESTにて開催した。
 この日のライヴのタイトルは、“REVENGE”。この所以は、TSUTAYA O-WESTをバンドとして“越えなければいけない壁”として据えていたからである。
 1周年で挑んだ、エンターテインメントを交えたボリューミーな内容であった1回目。フリーライヴという形で間口を広げて行った2回目。
 そして3度目の挑戦となった今回、彼らはやってのけた――! 結果、会場は超満員。聞けば、ワンマンライヴ過去最多動員を記録したという。
 2017年の後半から、バンドが追求すべき“音楽”という本質を改めて見据えて高め続けてきた「CLØWDらしさ」を確固たる武器として挑んだ戦果としては、至極納得である。
 

 
 ストレート勝負な楽曲が並ぶラインナップの中で、幕開けを飾ったのはまさしく彼らの初作品でもあった「WAKE UP」。Vo.KØUの“目覚めようか!”という叫びとともに、徐々に高まっていく目覚めを共有するようなオープニングはとても感慨深い。
 メンバーの声も重なってバンド感を帯びた「Worry?」「ANTITHESE」、力強くも壮大な「バタフライ・エフェクト」と立て続けに攻めていき、“本能のままに暴れて行けよ!”と突入した「ケミカルZOO」では、一層派手に踊るような形で躍動感を増していく。
 

 
 そして、本編中盤に据えたセクションこそ今のCLØWDの真骨頂を表していた。静寂に包まれる暗転をKØUの歌で口火を切った「紅い意図」。
 バンドの音楽的な変革を意識した上で生まれた楽曲だけに、エモーショナルさとバンドサウンドの厚さがダイレクトに響き、他の楽曲と一線を画していたのは言うまでもない。
 さらに、この日から会場限定販売という形でリリースされた「21g」を披露。緻密な楽曲の作りとは裏腹、メンバーの感情的なプレイによって伝わる“会えて良かった”という最大のメッセージが、ヘヴィな雰囲気の中で際立つようにして心に沁みる。
 こうして再び「狼煙」で奮起させる、とてもドラマチックな一幕だった。
 

 
 “今日、僕らを選んでくれてありがとう。“REVENGE”というタイトルでこのライヴを打ったんですけど、そんなのもう関係なしに今日はさ、いいんだよ。とことん一緒に楽しもうよ、いいか!? 好きに楽しんで今日は帰ってください――なんてね、そんな甘っちょろいことはいわねぇぞテメぇら! とことん攻めるぞ! やれんのか!?”(Vo.KØU)
 

 
 ここからノンストップにアッパーチューンが並んだラストスパート。
 “言葉の重み”をテーマにつくられた「Phantom pain」のスタンダード・ロックなアプローチを魅せ、「Tomorrowland」では5人の足並み揃えながら会場との一体感をも感じさせる。
 ひた走り、あっという間に迎えたラストを飾ったのはすっかりライヴのキラーチューンと化した「我武者羅」だ。
 KØUは客席の柵に体を乗り出し、メンバーも笑顔を浮かべながら高速ナンバーの演奏に打ち込むスパークぶりで潔く本編を締めくくった。
 

 
 アンコールではGroovy Boyz(Dr.樹&Ba.猟平)のリズムセッションからスタートし、全3曲を披露。
 「傷声」の前のMC中、「2018年もとことん楽しいことを一緒に」という言葉を添えながらたくさんの嬉しいニュースが届けられた。
 夏に2年振りとなるフルアルバムのリリースと、それに伴うツアー。この日の模様を収めた初のLIVE DVDのリリース。
 FCサイトの設立と、今年も止まらない姿勢を宣言するかのよう。
 さらに、晴れやかな幕締めを飾ることとなった「キミトボクラ」の前には、8月25日に渋谷CLUB QUATTROでのワンマンライヴを行うことも発表!
 バンドの進化があるからこそ、絶え間なく次を見据えて勝負し続けることができる。間違いなく攻めの年になる、そんな期待を抱くライヴであった。
 
TEXT:平井綾子(Cure編集部)
PHOTO:西槇太一 / Seka
 
 
■SET LIST
CLØWD 3rd ANNIVERSARY LIVE「REVENGE」
2018/1/8(月祝) 渋谷TSUTAYA O-WEST
01. WAKE UP
02. Worry?
03. ANTITHESE
04. バタフライ・エフェクト
05. レッドホット・ディスコ
06. ケミカルZOO
07. 紅い意図
08. 21g
09. 狼煙
10. Phantom pain
11. Tomorrowland
12. NEVER ENDING STORY
13. Marburg
14. RUDENESS RESORT
15. 我武者羅
.
EN01. Groovy Boyz(Dr.&Ba.セッション)
EN02. Eeny, Meeny, Honey, More
EN03. 傷声
EN04. キミトボクラ
 
 
■ライヴ情報
DANGER CRUE Presents CLØWD TOUR「百戦錬磨」

3/30(金) 池袋BlackHole [ONEMAN]
4/08(日) 浦和ナルシス [SECRET]
4/21(土) 池袋EDGE [w/ WING WORKS]
4/28(土) 川崎セルビアンナイト [ONEMAN]
5/05(土) 池袋BlackHole [SECRET]
5/20(日) 西川口Hearts [w/ ユナイト]
5/27(日) 浦和ナルシス [ONEMAN]
6/08(金) 横浜BAYSIS [w/ アクメ]
6/17(日) 池袋EDGE [w/ ベル]
6/30(土) 柏ThumbUp [ONEMAN]
7/07(土) 池袋EDGE [w/ GRIMOIRE、POIDOL]
7/20(金) 浦和ナルシス [SECRET]
7/27(金) 池袋EDGE [ONEMAN]
 
CLØWD ONEMAN SHOW「誘惑」
8/25(土) 渋谷CLUB QUATTRO
 
  
■WEB
オフィシャルファンクラブサイト「ガチじゃん」
 
CLØWDオフィシャルサイト

banner05
banner_228 banner_top 浅井製作所 NCIS_banner4 new_umbro banner-umbloi•ÒW—pj