全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

松原の出張 MUSIC ZOO!! JUNGLE園 Vol.36

先日Facebookに知らない女性から友達申請のメールが届く。「松原くん久しぶり!高校の同級生の奈々子です!最近、性が変わりました(笑)」

はい。痛快変換ギャグで始まりました隔月連載コラムだよ。今回のお話しは最近行った中国出張のお話し。3泊4日滞在でキャリーケースに沢山の必需品とドキドキを詰め込んで向かう中国。衝撃の連続で物価も1/4の広州へ。そこでは5km飛ぶトランシーバーが1500円で売ってたり、ライブハウスの必需品マイクSHURE58が1800円!(日本で買うと安くて1万円!)これは最高!って事で大量に色々な機材を買ってウハウハ気分。本当の目的だった仕事も良い収穫で長かった出張を終え帰国。沢山の思い出が詰まったキャリーケースを転がして空港へ。フライトの時間まで1時間ほど余裕があり喫茶店で時間を潰して搭乗口へ。すると全然ゲートが開かない。そして完全に聞き取れない中国語で何かアナウンスが流れる。周囲の中国人は残念そうな表情を浮かべているが松原には何が起きているか全く分からない。もう帰れると思い、うっかり緩めてしまった心の蛇口からは不安が大量に溢れ出す。「え?どーなってんの?飛行機は?」搭乗口付近の待合椅子に不安と一緒に腰かけて待つこと1時間。ようやく機内に案内される。この1時間なんやってん!沸々を怒りがこみ上げ、不安はいっきに蒸発していく。そして何故か4時間もかかって予定帰国時間を大半場に超えて23時すぎ。神戸まで帰るバスは完全に無くなっている。空港に降り立ちブチ切れる松原。「どーなんとんねん!どーやって帰ったらいいねん!」絶望感と肩を組んでキャリーケースが運ばれてくるベルトコンベアに到着。すると「松原 裕」の名前が書いたプレートが流れてくるでは無いか!ちょwそんなシステムあるん?なにこれ?するとスタッフが駆け寄ってきて「松原さんのお荷物なんですが実はまだ中国にあるんです。」あ、そーなん。ほな、はよ持って来てや。…ってえええええ!ち、中国?!まじで!?な、なんで?「どうやらお客様の荷物に怪しい物が入ってたようで検査に時間がかかってるようです。」ちょっと待って!怪しいものって何やねん!超失礼!周囲のお客さんも松原を怪しい奴扱いで凝視してくる。っていうかキャリーケースには財布とか色々入ってるねんって!勘弁してよ!といくら訴えても荷物は中国にある事は覆せない。「中国の空港でお呼び出しさせて頂いたのですがお越し頂けなかったもので…」

って!あの待ち時間って松原待ちやったん?知らんやん、そんなん。日本語で呼んでよ。しぶしぶサインをしてもう神戸に帰れない事を訴えると“こう帰りなさい的な電車乗換表”をプリントしてくれて秘密の通路を通してくれて電車代もくれて駅まで送ってくれる空港職員。ここまでしてくれるとちょっとVIP気分になって最終の電車で神戸に到着。帰宅後キャリーケースが無い事実が重く圧し掛かる。自転車の鍵も無ければ携帯の充電器も無い。苛立つ気持ちのまま待つこと数週間。ようやく中国から郵送されてきたキャリーケース。中を空けて荷物をチェックするけど一体何が怪しかったのか不明なまま、購入したマイクをスタッフに自慢げに渡す。すると数時間後音響スタッフがやってきて「これパチもんでした。外見は本物っぽいんですが中身は完全に違うマイクでした」say。なんでやねん!そんな訳ないやろ!!イチャモンをつけられてる気分になり激しく音響スタッフにキレると「ほら、これもみてください。」見せられたSHUREマイクケースの横面の説明文はこう記載されていた。「高性能のマイクロホソ」

不明だった怪しい物とは「ン」と「ソ」の違いも分からんこのマイクだったに違いない。ボクは今、完全に中国にバカにされている。

banner05
banner_228 banner_top 浅井製作所 NCIS_banner4 new_umbro banner-umbloi•ÒW—pj