全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

松原の出張 MUSIC ZOO!! JUNGLE園 Vol.40

こないだ小4の息子君のランドセルから連絡長を録ろうとしたら表紙に書いてある自由帳って文字を黒く塗りつぶして手書きで「デスノート」ってかいてある自由帳を見つけちゃったよ。恐る恐る開いたら、息子君がよく遊んでいて最近家に来なくなった同級生の男の子の名前がページにびっしり書かれていたよ。は〜い。こんにちわ。神戸が生んだ逸材・松原の大人気コラムが始まりました!(情緒不安定のため、過信失礼致します。)息子君には友達を大切にしてもらいたいものです。

そんな松原は小学校2年生からの幼馴染である「道田(仮名)」という家も徒歩1分の同級生がおります。彼は本当に不幸な身の上で、お父さんは物心ついてから無職で母親は失踪。祖母と祖父の年金で食いつないでいる昼ドラ級の逸材。そんな彼が20歳の時に結婚したのですが、その嫁が詐欺で捕まってしまい、マンションを買ったばかりの彼は多額の借金を背負う事になった…。首が回らなくなった彼を見るに見かねて松原はその時に貯金していた100万円近くのお金を貸してあげる事になる。彼が助かるなら安いものである!しかしそれでも出所して来た嫁は彼のクレジットカードを使い浪費を繰り返し、遂に離婚する事になる。マンションのローンも払えず残された彼は夜逃げという選択肢しか無くなってしまう…。松原は当然その夜逃げを手伝うべく家財道具を一式車に詰め込み人生初の夜逃げ屋本舗を行った。そして普通の所では働けなくなった彼に太陽と虎の照明スタッフになってもらい一緒に働き、真面目に人生を歩む事になる。

しかしやはりマンションのローンが気になり、2012年の年末自己破産をする事を決意。松原も雇用主として様々な書類にサインをして彼の身が綺麗になる事に力を注いだ。もう20年以上連れ添った親友の新たな門出を手放しに喜び、感慨深く手続きを見守った。彼も感謝の気持ちを述べてくれて照れくささの中に感じる幼馴染でしか解らない友情を見つめ合う目の間に浮かべた。すると手続きが終わった別れ際に彼は気になる一言を残した。「これで自己破産か…。ようやくすっきりした。ありがとう。…でもこの自己破産って弁護士が言っててんけど友達に借りてたお金もチャラになるねんてね。」松原は彼の冗談を笑い、手を振って見送った。それから数日後松原の元に裁判所から「債権者様」と書かれた一通の封書が届く。急いで封を切った。その封書の内容を要約すると「貴方の貸したお金はもう返ってきませんよ。」その日、松原は家に帰りペンを片手に子供のデスノートを急いで開いた。

banner05
banner_228 banner_top 浅井製作所 NCIS_banner4 new_umbro banner-umbloi•ÒW—pj