全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

松原の出張 MUSIC ZOO!! JUNGLE園 Vol.41

ただいま4月23日にこのコラムを執筆しておりますがまもなく開催されるCOMIN'KOBE13(以下CK)の準備に忙殺されている最中。48時間軸で一日を過ごしているのですが今回のCKでは新たな企画を立ち上げました。2011年に盛岡市内に大型スクリーンを設置してCKの生中継をCOMIN'MORIOKAというタイトルで行った縁の深い盛岡。それから物産展を行ったりと毎年いろいろな取り組みを行っております。そんな今年はもっと人と人の繋がりを大切にしたいという気持ちが溢れ、こんな企画が実現!「ツナグ!ヒサイチ!!&ヒサイチ!!東北発→神戸行!!COMIN'RUNNER」

【ミッション】岩手県盛岡市〜カミング神戸会場へ総移動距離1000kmを自転車のみ使い移動して土地土地の人とふれあい、汗と涙を流しながら曲を作り、CK当日に間に合うように帰ってくる(間に合わなければ出演はなし)

【期間】■始発式 4月15日 盛岡CLUBCHANGE WAVE→(約1000km)14日→■GOAL LIVE 4月29日CK13

という企画に挑戦したのはCKに遊びに来て感動し、泣きながらその足で楽器屋に行きギターを買って仕事をやめて音楽活動を始めた神戸在住のシンガーソングライター寺山リウジ。彼にこの企画を提案し、CKの今年の目玉企画なんだと伝えると簡単に瞳の中で興奮という衣装を着た踊り子がくるくると回っていた。そんな出発日に太陽と虎の延長こと風次が盛岡の出発を見送ると言い盛岡まで旅立った。このCKのクソ忙しい時に2日間も出張するなんてと細胞の隅々から怒りを絞り出したが渋々了承し盛岡に向かわせる。その夜、深夜3時という一般教養を受けた人間であれば試みない時間に松原の形態が震える。出てみると盛岡にいる風次。もうすでにベロベロ状態で電話からもアルコールの匂いが溢れてくる。しかし酔ってるというより歯に何か詰まったような口調でモゴモゴしている。すぐに電話の向こう側にこの電波に乗っていきたいぐらいイライラして何の用事かを聞き出すと「実は盛岡から帰る新幹線代で自転車を買ってしまった。もう帰れないから寺山リウジと一緒に自転車で神戸に帰る。すまん。俺のことは忘れてくれ」とのこと。衝撃のあまり生まれてから学んだ全ての言語が空いた口からすべてこぼれ落ちてしまった。やっと言葉をかき集めて叫ぶ。「お、おまえ!太陽と虎はどうするねん!」COMIN'KOBEに専念するために4月の末はほぼ風次が主催のイベントばっかり!「バンドマンに手紙を書くから謝ってて…」

そして、松原と風次の過酷な2週間が始まる。さぁ彼は無事CKに到着するのか?

banner05
banner_228 banner_top 浅井製作所 NCIS_banner4 new_umbro banner-umbloi•ÒW—pj