全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

S.H.E meets Movies and Music Vol.8


みなさんこんにちは!S.H.EギターSEIJIです!
春ですね!私は花粉症では無いので過ごしやすい季節だなぁと思って毎日ふにゃふにゃしております。
革ジャンが着やすい気温なのが一番ですよね~

そんな最近は今まで「これはこうだ!」と思っていた事や情報が勘違いだったことに気付き個人的にはかなりの衝撃を受けたってことがありました。(ちなみにそれは僥倖って言葉を真逆の意味で勘違いして覚えてた事とおにぎりとおむすびは違うと言うこと等(笑))

さて、今回はオーケストラ音楽を題材にみなさんが恐らく観る度に音楽に理解を深めていく映画
「アマデウス」
を紹介したいと思います。


アマデウス』(Amadeus)は、1984年に制作された映画。ブロードウェイの舞台『アマデウス』の映画化である。F・マーリー・エイブラハム演じるアントニオ・サリエリを中心として、トム・ハルス演じる
ウォルフガング・アマデウス・モーツァルトの物語を描く。

1823年11月のある夜、ウィーンの街で自殺をはかった老人・アントニオ・サリエリが、精神病院に運ばれた。彼は病床で「許してくれ、モーツァルト!君を殺したのは私だ」と言い続けていた。

後日、病状が安定したサリエリを神父フォーグラーが訪問し、話を聞こうとする。当初は神父を蔑み拒否していたサリエリだが次第に軟化する。そして、にわかには信じ難い驚愕すべき内容の告白を始める。

サリエリは、若い頃は音楽への愛と敬虔な信仰心に生きており、オーストリア皇帝ヨーゼフ2世に仕える作曲家として、人々から尊敬されていた。しかし彼の前に天才作曲家ウォルフガング・アマデウス・モーツァルトが現れたことが、サリエリの人生のすべてを変えてしまう。
サリエリだけは、「モーツァルトの才能が神の寵愛を受ける唯一最高のものであること」を理解してしまい、自分はモーツァルトの真価が分かる才能しかない凡庸な人間だと思い知らされる。
そしてモーツァルトへの激しい嫉妬に苛まされるサリエリの苦悩が、大きな悲劇を生んでいく。

概要はこんな感じです。

まずモーツァルトってフルネームだと

ウォルフガング・アマデウス・モーツァルトって名前だったの?ってなりますよね(笑)中々カッコ良い名前です。

 

 

 

 

 

オーケストラやクラシック音楽について「お堅い」イメージがあるのはみなさんも同じでしょうし

もちろん今のバンドシーンなどにある演奏中に手をあげることやモッシュなどは起こりません(笑)

ただ、当時の事を現代に擦り合わせるとクラシック音楽、例えばその当時にオペラなどを観に行くことは今で言う有名なアーティストを大きな会場まで観に行くのと同じ様な事だと思います。

作中でも出てくる「大衆音楽」ってものは恐らく逆にインディーズアーティストを観に行くのに近いものがあるのかなと思ったり。

王宮に捧げる音楽の場合、やはりそれなりの規律があるのは当たり前ですが音楽に携わる人達が全員が所謂「お堅い」かと言えばそうではなくて、寧ろあの有名なモーツァルトはかなりの破天荒で知られる人であるというのが私がこの映画を見たときに最初に衝撃を受けたことでもあります。

そしてモーツァルトの様々な逸話の中で有名な話は「天才」と呼ばれていたこと。

この映画も事実に基づいて作られていますがモーツァルトがどんな天才なのか、どんな生涯を送るのか、それを観てどんなメッセージを受けとるか。モーツァルトに元々持っていた印象と観終わった後の印象の違い等、盛り沢山な内容でかなり面白い作品です。

特に音楽に携わる人達は必見ですね。

 

作中の音楽は当時流行っていたであろうものと、その上でモーツァルトが演奏したりする事もあり

作曲する上での苦悩や迷いと一緒に音楽が流れてくるのを観ることが出来ます。

私は何度もこの映画を観てるのですが、自分の仕事や生活や思想に対してのポリシーみたいなものを見返させられるような部分があり、凄く感銘を受けました。

特に最近私が観たときはS.H.Eに入って1年くらい経って調度自分が曲を作ってる時だったりしまして、

モーツァルトがある人に注意を受けているシーンがあるんですが

我らS.H.Eも良く言われる事と同じ事で注意を受けていて色んな意味でシンパシーを感じました。

しかもその受けた注意に対しての言葉も答えも凄くカッコ良いんです。

昔観た時にはそのシーンに全然フォーカスを当てなかったんですが

自分の成長と共に作品がどんどん面白くなるってこの歳になっても感じれるんだなと感動しました。

 

少し昔の映画ですが元々100年以上前の出来事を描いてるので画質など全く気になりません。

是非是非観てください。

 

 

そういえばこのコラムやりだしてから割と感想を言っていただける方やわざわざ借りて観ていただいているんですが、そういう話だけでも是非教えてくださいね(´ω`)

とても嬉しいことなので!
ではまた来月~

■S.H.E member
・Vo&Gt.Yucci
好きなクラシックの曲:きらきら星変奏曲(モーツァルト)、別れの曲(ショパン)

・Gt.Ryosuke
好きなクラシックの曲:管弦楽組曲第3番(バッハ)

・Gt.Seiji
好きなクラシックの曲:パガニーニの主題による狂詩曲 第18変奏(ラフマニノフ), 英雄ポロネーズ(ショパン),愛の夢(リスト)

・Ba.Kazuumi
好きなクラシックの曲:四分三十三秒(ジョン・ケージ)

・Dr.Kazuki
好きなクラシックの曲:威風堂々(エドワード・エルガー)

■official website
https://www.she-web.net

■Twitter
@strugglehead

■音源情報
2016年8月3日全国発売
5th Album 【BUBBLES(バブルス)】
9曲収録 ¥2000(税別)

型番:THPM-002
製造元:TastingHeadzProduction/brittford
販売元:Ultra-Vybe, inc.

リードトラック「hiria(ヒリア)」MV公開中!

■LIVE INFO
2017.5.1 越谷EASYGOINGS★S.H.E企画★
2017.5.5 下北沢club251
2017.5.31 下北沢MOSAiC
2017.6.2 大塚Deepa
2017.6.23 下北沢MOSAiC

banner05