全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

S.H.E meets Movies and Music Vol.11

どうもみなさま!!今回は私ギターのseijiがお送りします。

この夏、暑さにやられてる方が多いのでしょうか。
「夏だからこそ」っていう行事がいっぱいある中、
今私がふつふつとハマってるのが世界陸上です。
本当に有名な選手ぐらいしか知らないのですが見てると胸が熱くなります。
そして見ながらふと思うことがありまして。。
大きい大会がだいたい1年に1回とか、4年に1回しかなくてその中で早くて10秒で終わってしまう競技にかけるトレーニングやその日に向かうためのプロセスはどんなものになっているのだろうと。
選手一人一人にドラマがあるはずで、そのバックボーン等のことがどんどん気になってきています(笑)

今回はあるスポーツのそんなプロセスや選手のドラマを
実話を元に描いた映画を紹介させていただきます。

 

 

「タイタンズを忘れない」

物語は、人種差別が強く根付く1971年に、ヴァージニア州アレクサン ドリアの州立T.C.ウィリアムズ高校フットボール部に黒人ハーマン・ブーン(デンゼル・ワシントン)がのアシスタント・ヘッドコーチとして雇われ迎え入 れられ、白人と黒人の混合チームが生まれる所から始まる。
当初ブーンは白人ヘッドコーチのビル・ヨースト(ウィル・パットン)のアシスタントとして雇われたが、「全人種が平等に扱われなければならない」と言うア ファーマティブ・アクション法の施行と世論の動きに後押しされた教育委員会はヨーストを降格させ、ブーンをヘッドコーチに就任させる事を決定した。

最 初はお互いの未知から来る恐怖に支配されて、白人黒人共に歩み寄ろうともせずいがみ合ってばかりいた。あるとき街を離れ、ゲティスバーグで合宿を行った。 ブーンは白人黒人お互いに全員と話をすることを強制させ、さもないと1日の練習を4倍にすると言い出した。渋々従う選手達、そして、ブーンの声が届き始 め、選手達は徐々にお互いに心を開き始める。

というディズニー映画ではあるんですが文化的で内容に緊張感もあり、そしてメッセージも強いですね。
感動も出来るしスポーツが題材なので何度も胸が熱くなるシーンがあります。
あるシーンで冗談の言い合いがあるんですが、冗談のセンスの違いみたいなのも人種間で違うというようなシーンがありまして、でもきっかけさえあれば全然理 解が出来るんだなということも思いました。私自身も笑いや冗談の趣味はありますがアメリカというか他国の冗談のセオリーが全然違うという話はよく聞くので 文化的な勉強になりました。
一番すごいのはこのシーンを翻訳した人っていう話にもなりますが(笑)

音楽は
ロック・ギタリストのトレヴァー・ラビンによって様々なアーティストの音楽が編曲されています。
以下抜粋です。

ヨハネスブルグで、シンフォニー第一バイオリン奏者の父親、ピアノ教師の母親の間のユダヤ系の家庭に生まれる。両親が音楽家という環境の中で、自然に音楽に親しみ、5歳でピアノを習い始め、12歳でギターを始めた。
当初は母国でアイドル性の強いラビット(Rabbitt)というハードロック・バンドに在籍して活動を始めた。2枚のアルバムを発表した後に解散。ラビンはアメリカに渡り、ソロ活動で認知度を広めていく。
ジミー・ペイジとのXYZ の構想が実現に至らなかったクリス・スクワイアから、新しいバンドシネマ(Cinema)の結成を打診され参加。このシネマが作り始めたデビュー・アルバ ムに、ジョン・アンダーソンがボーカルとして加わり、1983年再結成イエスの『ロンリー・ハート』として発表される。しかしその後、イエスの中で紆余曲 折があり、結果として1994年の『トーク』を最後に脱退。ハンス・ジマー率いるメディアベンチャーズに参加し、映画音楽の道に転身、『アルマゲドン』や 『ディープ・ブルー』、『タイタンズを忘れない』、『ナショナル・トレジャー』、『スネーク・フライト』、『リベンジ・マッチ』、『ロック・スター』な ど、数々の作品を手がけている。

未だバンドでも活動を続けているらしいのですが、アルマゲドンもロック・スターもやってるのか!!って最初驚きました。
どちらも好きな映画だしカッコイイ音楽ばかりですよ!!

作られたものの凄さよりも昂ぶる感情を後押しするという意味で勉強になります。
辛い気持ちの歌詞の時にただ辛そうに弾くだけではダメだよという(もちろん必要ですが)最近ありがちなミステイクに重なりますね。 うーーーーわーーーーって弾いて、出てる音がカスッカスだったら納得いきませんもん。

こ れ以上言うと他の映画の話になっていきそうですが我慢して言うと感情の高ぶりが脚本の時点で見えたら最高の作品で、もしかして見た映画が思ったほど心に グッと来なかったって事象がある場合、実は作曲家側が全然乗れなくて頑張っても乗れないまま終わらせちゃった場合もあるのかもしれませんね。

 

 

■S.H.E member
Vo&Gt.Yucci
Gt.Ryosuke
Gt.Seiji
Ba.Kazuumi
Dr.Kazuki

■official website
https://www.she-web.net

■Twitter
@strugglehead

■音源情報
2016年8月3日全国発売
5th Album 【BUBBLES(バブルス)】
9曲収録 ¥2000(税別)

型番:THPM-002
製造元:TastingHeadzProduction/brittford
販売元:Ultra-Vybe, inc.

 

リードトラック「hiria(ヒリア)」MV公開中!

 

 

4th album[ScHrödingEr](シュレディンガー)より「daub」MV公開!

 

■LIVE INFO
2017.9.1 越谷EASYGOINGS
2017.9.8 新宿Live Freak
2017.9.29 立川BABEL

 

banner05