全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

S.H.E meets Movies and Music Vol.3

SHE2016

どうもみなさん!
S.H.E(シー)です!!
コラム第三回目ですよ!!
 
 
我々S.H.E、ツアーファイナルワンマンを成功に納めて次の一歩二歩どんどん爆進し始めています。
 
 
第一回と第二回はYUCCIが書いていましたが今回は私SEIJI(Gt.)がオススメを紹介したく筆を取らせていただきました。
 
 
前回掲載のハングオーバーの話、縦に震えた方が早いほど頷きながら読みました。
あるよね~記憶ないのに家で目が覚めること。どうやって家帰ったの?ってなります。
 
 
逆に、人生で一回だけ歩いている時に意識が覚醒した時もあります。
その時は東京の隣の県の県道を歩いてました。
長いこと歩いて辿り着いたコンビニに最寄り駅を聞いたら「駅ですか!?えーっと、歩いたら一時間くらいですね。」って言われて絶望しました(笑)
 
 
 
 
どうして人は記憶をなくすのでしょうね?
その内、技術が発達して記憶の回路が発見されたりすれば酔っ払って記憶がない場合、自分の記憶回路をファイル形式にして開いてそれをダウンロードしたら失った記憶が見れるようになったりとか…するんですかね?(笑)
 
 
そんな思考になったりするこの頃…
 
 
そういった「記憶」や「不思議」を近未来的な主観で創られた映画を紹介したいと思います。
 
 
 
 
こちら
 
 
[ SOLARIS ]
%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91

 
 
 
 
ソラリスという映画。
 
 
この映画の概要を引用すると


惑星ソラリスを探査中の宇宙ステーション・プロメテウスが、ある日突然連絡を絶ってしまう。心理学者のクリス・ケルヴィンの元に届いた映像は、乗組員で友人のジバリアンからの救助要請メッセージだった。プロメテウスに赴いたケルヴィンは次から次へと不可解な現象を体験することになる。

引用終了(笑)
 
 
とても簡素なんです。この概要は序盤も序盤の所で説明が終わってるんですが、確かにこれ以上言うのもマナー違反にもなるかなと葛藤しております(笑)
 
 
ただ、もし「ありえない」と思っていた事柄が未来は起き得るとして。
昔、電話もなかった時代から見れば現代は「ありえない」ことであったと思うんです。
この地球という星以外ではその「ありえない」と思っていることが未来でなくともすぐに起き得るのかもしれない。
「魔法」なんて言葉だって想像されてるわけです。
それに対して常識的で道徳的な対応をするのが正解?そもそも正解とは?となってくる映画です。
 
 
元々、僕が世界が一つとも思わない方なので色々な「もしも」が詰まった映画でオススメです。
正直、観た方とは色んな角度から議論もしたいくらいです(笑)
 
 
 
 
観てない方へオススメポイントとしては、やはり音楽。
クリフ・マルティネスさんが作ってます。映画音楽家としても世界に名を馳せてますがドラマーとしてもすごいです。
 
 
なんと一時期レッド・ホット・チリ・ペッパーズでドラム叩いてました(笑)他にも色んなバンドでドラムをやってましたが、やはりスケールが違います。
 
 
%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%92

 
 
 
 
そしてこの映画で奏でられる音楽もまたすごい。
「宇宙ステーション」での話なのでやはりほぼ宇宙を感じさせる音楽なんですね。
 
 
まず「宇宙的な音」って一言では難しいですよね。例えば子供のおもちゃであってもギターのエフェクターでも「space(宇宙)」のボタンやスイッチが稀にありまして、それも一緒なんですが一般的に今でも尚、宇宙を感じさせる音楽は少し機械的で電話のボタンを押したら鳴る様な電子音が多用されがちなんですよね。
 
 
今考えればそれこそアナログじゃねぇかってなるんですけど(笑)
恐らく一世代二世代前の近未来の映画やテレビなどの印象のままなんですよね。
 
 
今でもそういう印象は健在で、やはりシーンによりそういう電子音が少しと、絶妙な音階とリヴァーブでもって創り出されています。ただその残響感や壮大さで擬似的に「宇宙にいるとはこういう感じか!?」と思わされる音楽がこの映画にはありました。
 
 
シガーロス等の残響感や壮大な音を求める人には、映画なのに目を瞑ってるだけでも高揚感に見舞われると思います。
 
 
そして個人的な驚愕ポイントとしてこの映画2002年に公開されてるものなんです。こんなに昔にこんなすごい映画、こんなすごい音楽でやってたの!?となりました。
 
 
まだiPhoneもスマートフォンも出てませんよ?こんな「もしも」なかなか思い付きません。
 
 
世界観の作り方も少し独特でした。ディラン・トマスの詩がキーワードとして出てくるのですがその詩もまたこの映画の違う方向のメッセージとしても捉えられて一旦思考が「幸福論」にまで及びました。
 
 
言葉も音も一緒に使ってる1アーティストとしては特に見習う部分、考えさせられる部分が多いです。
 
 
一つの物語にしかもそこまで長くない作品でメッセージがかなり強いこの映画[ SOLARIS ]オススメです。
 
 
観た方とは是非お話したいです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
SHE2016

■S.H.E member
・Vo&Gt.Yucci
もしも宇宙人と戦わなければならないとしたら使う武器:チェーンソー

・Gt.Ryosuke
もしも宇宙人と戦わなければならないとしたら使う武器:テレパシー

・Gt.Seiji
もしも宇宙人と戦わなければならないとしたら使う武器:酒

Ba.Kazuumi
もしも宇宙人と戦わなければならないとしたら使う武器:文明を問わないならライトセーバー、文明を問うなら健康な体

Dr.Kazuki
もしも宇宙人と戦わなければならないとしたら使う武器:戦艦
 
 
 
 
■official website
https://www.she-web.net
 
 
■Twitter
@strugglehead
 
 
 
 
■Relase情報
2016年8月3日全国発売
5th Album 【BUBBLES(バブルス)】
9曲収録 ¥2000(税別)
型番:THPM-002
製造元:TastingHeadzProduction/brittford
販売元:Ultra-Vybe, inc.
 
 
リードトラック「hiria(ヒリア)」MV公開中!


 
 
LIVE INFO
2016.12.9 渋谷乙(東京)
2016.12.13 越谷EASYGOINGS(埼玉)
2016.12.22 越谷EASYGOINGS(埼玉)
2016.12.23 新宿Live Freak(東京)
2017.1.21 吉祥寺SHUFFLE
 
 

banner05