全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

繋げ! 東北ライブハウス大作戦☆LIFE Vol.24

2011年3月11日。あの日からわずか3カ月後の6月に産声をあげた「大作戦」。ライブハウスに生きづく人たちの、“真実と志”を伝えるために…。

チェーンコラム24人目 佐々木亮介 / a flood of circle

PHOTO_sasakia flood of circle
2006年結成。ブルース、ロックンロールをベースにしたサウンドとメロディ、そして佐々木亮介の強烈な個性を持った声が話題となりメンバーの失踪や脱退を経験するが、バンドは逗まることなく転がり続けていった。
2012年にはレーベルを移籍し、ミニアルバム『FUCK FOREVER』をリリース、さらにアルバム『I’M FREE』を発表後、47全都道府県を廻るツアーを敢行し、ファイナルは日比谷野外音楽堂で迎えた。
その後、再び起こったメンバーの加入・脱退という不測の事態を乗り越え、『ベストライド』をリリース。新たな体制のもと、ロックンロールバンドは、これからも転がり続けていく。

 

DOESと3カ所を巡ったWhat’s Upツアーが、最初に大作戦に参加した時だった。渋谷クアトロでのドキュメント映画の上映会では彼らと「今を生きる」をセッションした。幡ヶ谷ラコス・バーでのユーストリーム放送に誘われて西片さんと初めて話した時のこともよく覚えてる。ライジング・サンの大作戦ステージでイマイアキノブ&佐々木亮介&サトウミノルとして演奏した時は、「Summertime Blues II」を叫んだ。Summer Sonicでの大作戦ステージには当日15分前に出演発表して演奏したっけ。LIVE福島とのイベントとしてBRAHMAN、THE BACK HORNとのタイバンでトリを務めるという鬼のイジメ…もとい光栄な夜もあった(猪苗代野外音楽堂完成おめでとう! ライブしてえな)。打ち上げで話した細美さんの誠実な言葉と態度を思い出す。Keishi Tanaka兄さんと石巻でタイバンした時は、「感光」に思いの丈を乗せた。アラバキの大作戦ステージでイマイさんと演奏した時は、大作戦ハッピ着て演奏した。イマイさんの歌は本当に遠くまで響いてた。普段は振り返らないけど、大作戦のキーワード「繋ぐ」の意味を、俺なりに思う。それは綺麗なだけの言葉じゃなく、センパイのでけえ背中が作ってくれた道を進むこと。そして「その先」を俺達が選んで作っていかなきゃならないということ。俺達は転がり続けることにしてる。東北ライブハウス大作戦で会いましょう! 各地、すごく面白い人がいて、すごく旨い酒があるよ。

次回は、偉大なるドラマーであり、「緊急ナイト」という大作戦とも繋がるイベントの主催でもあるクハラカズユキさん(即答OKくれました)。よろしくどうぞ。

 

banner05
banner_228 banner_top 浅井製作所 NCIS_banner4 new_umbro banner-umbloi•ÒW—pj