全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

繋げ! 東北ライブハウス大作戦☆LIFE Vol.30

2011年3月11日。あの日からわずか3カ月後の6月に産声をあげた「大作戦」。ライブハウスに生きづく人たちの、“真実と志”を伝えるために…。

 チェーンコラム30人目   Keisaku "Sit" Matsuura

PHOTO_COUNTRY YARD COUNTRY YARDというバンドで歌とベースを担当しています、Keisaku "Sit" Matsuuraです。Crystal LakeのRyo君より繋いでもらいました。

東北ライブハウス大作戦との出会いはSPCでPAをやっているマーボーさんから伝えてもらった一言が始まりでした。被災地にライブハウスを作る、その言葉や眼の本気さに「自分達も何か出来ることはないか」という所からスタートしました。

もしも下を向いてる人がいたら、その人に少しでも笑顔になってもらいたい。軸になってる事は普段の生活の中にある当たり前に思う事だったんです。その当たり前を少しでもライブという時間で取り戻せたらと、東北へ行きました。

だけど実際に自分達がライブハウスに足を運んだ時に元気や力を貰ったのは自分達の方でした。地元のキッズ達を始め、小さい子供を連れたお父さんお母さん達など地元の人達が3.11に起きた事、またその跡に出来たライブハウスで今始まってる事を刻み繋いでいるのが伝わってきて、また気持ちが熱くなりました。

自分達が所属するレーベルSTEP UP RECORDSのアコースティックオムニバス『hope』では弾き語りのツアーにも参加させてもらい大作戦のライブハウスと浄土ヶ浜のマリンハウスで歌い ました。そこにはおじいちゃんおばあちゃん達も足を運んでくれていて、ライブハウスで始まった事がたくさんの道に繋がり始めてる事を目で見て感じて、単純 に嬉しかったんです。

東北ライブハウス大作戦だけでなく、それは綺麗事ではなく、普段の生活から手と手を取り合う事は大切な事だと思ってます。震災が起きてから学んだ事、知れた事を一人の人間として大事にして生きていきます。

東北の皆にライブハウスで温かくなってもらいたいです。ゴールではなく繋いで行きます。

http://step-up-records.com/countryyard/

banner05
banner_228 banner_top 浅井製作所 NCIS_banner4 new_umbro banner-umbloi•ÒW—pj