全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

繋げ! 東北ライブハウス大作戦☆LIFE Vol.36

2011年3月11日。あの日からわずか3カ月後の2011年6月に産声をあげた「東北ライブハウス大作戦」。ライブハウスに生きづく人たちの、“真実と志”を伝えるために…。

チェーンコラム36人目 鈴野洋平(OVER ARM THROW)

PH_OVER ARM THROW 2015STOMPIN' BIRDのTOMさんからバトンを受け取りました、OVER ARM THROWベースの鈴野洋平です。

アツくフザケる事は横浜の先輩を見て学びました!

 

SPCを始め、東北ライブハウス大作戦に関わる全ての方々には感謝の気持ちでいっぱいです。東北ライブハウス大作戦で作られたライブハウスだけに限らず、この作戦は日本中のライブハウスが繋がる作戦であると思わされました。

ツアーバンドの自分達にとって、東北ライブハウス大作戦で出来たライブハウスのおかげでその土地に行きやすくなりました。話が出来る機会が増えました。知る事が出来ました。そして楽しい時間を増やす事が出来るようになりました。他の土地からもお客さんを連れてくる事が出来るようになりました。そしてまた行動に移す事が出来るようになりました。

では地元の人にと ってと考えた時に、自分は自分の地元について考えました。地元にライブハウスがあったから育つ事が出来た。地元に仲間がたくさん出来た。ツアーに出ても帰ってくる場所が必ずあった。バンドとは違う、ライブハウスって場所は、そこを動かず待っていてくれる場所です。東北ライブハウス大作戦のライブハウスで高校生のバンドとやらせていただいた時、キラキラと発している光が眩し過ぎて、そしてその光が強くて、涙無しでは見られませんでした。

それから俺は自分の地元、横浜をもっと意識するようになりました。

大震災という日本にとってとても大きな出来事が起きてしまいましたが、俺達が生きるこの日本には、震災含め数々の自然災害が起きましたし、これからも必ず起きます。個 人単位で考えても、自然災害に限らず身の回りに起こる出来事はそれぞれ個人にとって大きな出来事で、きっとその大きさは自分自身にしか計れないものだと思います。

大震災からさらに日本では数々の出来事がありましたが、皆さんの行動に移すスピードがすごく速くてビックリしました。東北ライブハウス大作戦のおかげだと思います。もう東北に限らず、日本中が繋がった感覚を持っています。何があっても絶対ライブハウスは味方でいてくれるって、みんな思っています。そう思わせてくれて本当にありがとうございました。だから俺達も力になりたいです。これからも宜しくお願いします。

次はShowcase Prints所属のカメラマン半田にバトンを渡します。半田は俺達が東北ライブハウス大作戦のライブハウスに行く度について来てくれて俺達がやってきたことを写真に収めてくれています。その他のバンドが行くときもついていっているので、バンドマンよりも行ってるんじゃないかと思います。

OVER ARM THROW
http://key-world.co.jp

 

banner05
banner_228 banner_top 浅井製作所 NCIS_banner4 new_umbro banner-umbloi•ÒW—pj