全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

吉田健児(元行政書士)の歌うたいのプチ法律講座? 第5プチ〜夫婦のアレ〜


 
昨今、夫婦間の法律問題について話題だったりしたのでそこらへんをプチッと。
友達にも「これいいのか!?」とか聞かれたりもした(笑)まぁ個別事案に関してどうこう書いても仕方ないので「一般論として」ちょっと書こうか。
 
あ、最近ばーちゃんにスマホを持たせたのね。iPhone。ばーちゃんとLINEするってなかなか新鮮で面白い。チッ、もっと早くから持たせるべきやった。まあそれは後半に書くとして、、、(笑)
 
刑法の犯罪の中には,被害者と加害者の間に親族などの関係があると特別扱いされるものがある。
さて、なぜこのような特別扱いがされているのか?
理由は『法は家庭に入らず』という考えが根本にあるから。法律を家庭にまで持ち込むのはちょっと、、、って考えね。
 
いきなり脱線するけど、そういえば昔って『○○家家訓』みたいなんがあったんでしょ?(今もある家庭もあるんやろうね)
我が吉田家にはそんなもん一切なかったなあ。何かしらあったら面白かったかもなんて思いつつ、基本的に言うこと聞かないからどっちにしても守らんかったやろうけど、もともと特になんにもなかった気がする。
基本的に甘やかされ過ぎた感があって、あんま覚えてないんやけど「好き嫌いを無くす!」みたいなスローガンなんて皆無だったようで、俺の好き嫌いが大量発生してしまっている。致命的なんよね嫌いなもの達が。
例えば“トマト”。トマト嫌いなだけでイタ飯ほぼ全滅。
例えば“大根”。「なんで大根おろしをわざわざ乗せるねん!」って場面が多いこと多いこと。和食半壊滅。あと、おでんも全滅。大根が溶け出してるから。
例えば“チーズ”。イタ飯全滅に拍車をかける。
洒落た料理は食べれないのでシンプルなお店にしか行きません。
。。。。俺の好き嫌いなんてどうでもいいや。
 
なんか独特な風習とかが家族ごとにあったりするらしいやん?
仲良い友達の実家では柔軟剤一切使ってないらしい。タオルとかガッシガシやって。(笑) 実家帰ってガッシガシのタオルを手にとって「ああ、、帰ってきたなあ」と感じるらしいよ。おばちゃんのコダワリなんかもね。(笑) おっちゃんは何も文句言わず数十年間ガッシガシのタオルで体を拭いてるんやって。そうゆうちょっとした独特さって面白いよね。あえて柔軟剤使わない理由が知りたいけどね。俺は「おばちゃん柔軟剤の存在知らんのちゃう?教えたれよ」って言ってるんやけど。そう言えば歯磨き粉も家に無いとかも言ってたな。なんなんやあいつんち。
 
って感じでそんなもん家訓でもなんでも無いんやろうけど、とりあえず、家庭ごとに“ある程度”自由でいいじゃないですか、いちいち法律持ち込むなんて野暮なことやめましょー。ってノリと捉えてくれればいい。
 
話を元に戻すと、親族間だといくつかの刑が免除される場合があるのね。親族って言っても結構広いので、刑が免除される場合でもそれは関係が特に濃い間柄に限定される。ま、例えば夫婦とかは関係が濃いよね。
 
いくつか免除される犯罪があるけど、例えば『窃盗罪』。
夫婦間だと窃盗罪による刑罰が免除される。
ちょっと詳しく書くと、犯罪としては成立するけれども刑罰を科さないというニュアンス。あんま深く書くとややこしい面が出てくるんやけれども、これは刑事上の話。いくら刑罰が免除されるからと言って違法行為であることに変わりはなく、民事上は不法行為が成立してるのね。なので、何かしら盗られたなら民事で損害賠償を請求できたり、それが離婚原因として判断されうることになる。
 
刑事上とは何か? 民事上とは何か?
刑事上〜ってのは警察が絡んでくる。逮捕されたり。
民事上〜ってのは警察が絡んでこない。損害賠償請求したり。こんなイメージ
で十分。
 
よく「刑事、民事の両面で訴える!」とか言うのはそれぞれ役割が違うからなのね。争う相手自体が実質違う。まあそこらへんはまた機会あれば。
 
さて、窃盗罪による刑罰が夫婦間では免除されるということは上記の通り。
話は変わり、例えば長期別居中の妻が、勝手に夫の自宅に入る行為はどうだろうか??これは、住居侵入罪(刑法130条)という犯罪がバシッと成立する。免除されていない。
 
では、名誉毀損罪(刑法230条)はどうだろう?? これも免除されていない。
不特定または多数人に対し相手の社会的評価を低下させるような発言などがあれば名誉毀損の可能性がある。そして名誉毀損罪について重要なことが、『たとえ、その発言内容が事実であったとしても名誉毀損になる』ってところかな。ここを結構誤解されがち。
 
って感じで、夫婦だからと言ってなんでも許されるわけでは無いのね。
さて、これくらいでいいだろう(笑)これ以上突っ込むと思いっきり特定の案件について書いてる感じになりそうやし。
 
はい。ばーちゃんとのLINE。
本当に面白い。教えたらほんまにちゃんとメッセージ送ってきおるんよね(笑)
前々から持たしたろうと思ってたんやけどさ、ばあちゃんは大阪(ちなみに俺の実家から徒歩3分)にいるわけで操作教えたり出来ないな〜って思ってたんやけど、電話越しに教える感じで余裕やった。
今は格安simってのがあって月々500円とかで運用出来るからね。
最初は片言で、意味不明な改行したりしてたけど、2,3日で漢字変換も出来るようになってるし。感心感心。成長が速い。
 
その模様の写真も載せておこう。(笑)
ほれ。
 

 
名前が「としる」なのは、本当は「としゑ」なんやけど「る」にしか見えねーよって事で俺だけ「としる」って呼んでるから。いいあだ名でしょう。
すぐ電話もかけれるようになってるしね。写メを自由自在に送ってくる日は近い。すでにスタンプは送れるようになってるしね。
 
最初のメッセージは「ああ」やったなあ。まるで産声をあげるように「ああ」ってメッセージが来た。いやあ、感慨深い。
 
 
■プロフィール
吉田健児

ロックを基調にシンプルかつ印象的なメロディーを紡ぐシンガーソングライター。ふてぶてしくも古き良きロック魂を漂わせる佇まいがライブハウスシーンやレーベル等業界の重鎮達からも注目を集める中で西原誠(ex.GRAPEVINE)に見初められ、2016年7月にG.西川弘剛(GRAPEVINE)参加曲含む、初の公式音源となる1st Album『forthemorningafter』をリリース。
 
 
■WEB
Official Site
 
 
 
 

吉田健児の作品をAmazonでチェック!!

 

banner05