全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

吉田健児(元行政書士)の歌うたいのプチ法律講座? 番外編 第7.5プチ 【後編】

プロデューサー浅田信一さんと吉田健児のレコーディングの合間にスタッフMが突撃。尺を無視し思いのほか長くなったので、今回は先月に引き続き[後編]です。

 

−リハーサル(プリプロ)での様子

 

浅田:こないだリハの時にさ、永高くんが俺をシカトしてたじゃん?ずっと(笑)

永高:あの時自分に言ってるって思わなくてほんとに(笑)

吉田:あーあれね、マジでコイツ終わってんなもうダメだなって思ってましたよ(笑)

永高:いやいや(笑)

浅田:俺あの時に、あーこうゆう子なんだなって思って、それならそれでこのギタリストの力をどうやって引き出せばいいかなって考えてたよね(笑)

永高:それも反省して、こうやってメガネをかけてきました。自分に向いてるってことすら見えてなかったから(笑)

浅田:そうだよね(笑)それ後で“そうゆうことだったんだ”ってわかったんだけど、あの時プレイに対して、こうしたらどうかな?とか色々提案してる時ずっと無視だったからなんかアレー?みたいな(笑)

永高:ほんとすいません。。

吉田:また無視しますよこいつきっと。

永高:、、、、。

 

STAFF:なんか健児君が浅田さんとこうやって長い時間かけて一緒に楽曲を作って刺激を受けたこととかありますか?

吉田:自分でギター1本でメロディー、歌詞、アレンジとかをゼロから生み出してきたわけで、そこには自分なりのポリシーや価値観というか感性というか、そうゆうものだけを拠り所にして作り上げるわけじゃないですか。それってやっぱりどうしても自分のフィールドから抜け出せない感はあったんですよね。オルタナ感が全開になっちゃうし。

浅田:俺は自分でも曲を書くし、プロデュースもされてきた経験もあるし、だから吉田くんの感性とかに口を出したらフザケンナみたいに思うのはわかるわけよ。だから出来ればそうゆうことはしたくない。だけど、俺もそれをされてきた事もあるし、それを拒否してきたこともあるし、そのアーティスト自身のポリシーってゆうのは本人にとっては大事だけど、聴く人にとってはそうじゃないんだなっていうのが長年やってきてわかるわけよね。じゃあ曲を頭から最後まで聴いてもらうためにはどうしたらいいかってっていうことを提案してあげるのが俺の役割だと思うよね。ただ絶対こうしたいっていうのがあれば、それは否定しない方がいいと思うけど。

吉田:ほんとに僕のみの感性でいくとロックというかオルタナなんですよね。シンガーソングライターのくせに。だから凄く勉強というか、これ以上ない経験をさせてもらってます。

浅田:やっぱりいいアーティストだし、もっと色んな人に伝わってほしいし、もっと脚光を浴びて欲しいしね。

吉田:僕は良く声質がいいとか言われたりするけど、そんなの腐る程いると思うしあんまり興味無くて。そんな中で安易に抜け出そうと思ったら奇抜な方向に行きがちだけれど、こんな時代でも奇をてらわずに進みたいなって思ってて。

浅田:やっぱり要するにさ、最終的に何が大事かって言うと、声質とか音色とかフレーズとかそうゆうことじゃなくて、最終的に”心を打つかどうか”ってことでしか無くてさ、例えば音程がめちゃめちゃ悪かろうが、声がめちゃめちゃ悪かろうが、心に響いたやつが一番なわけじゃない?吉田君の声は凄くいいと思うし歌唱力もある、でもそれはもう置いといてさ、そんなことよりも心に響くものがあると思うんだよね。

吉田:例えばBob DylanやNeil Youngとか、もしかしたら過去を見て僕が美化してるだけの可能性もあるんですけど、、、彼らは歌唱力だとかどうでもよくて、心に響くんですよね。Bruce Springsteenも大好きで、あの人に関しては歌唱力自体もの凄いと思ってるんですけど、それでも歌唱力なんてどうでも良くて、響くんですよね。“Atlantic City”とか“Dancing in the Dark”とか何回聴いたことか。親の世代の音楽だと思うけど色褪せない。だから僕は”歌唱力なんてものは隠してナンボ”って姿勢でこれからもいたいなって。

浅田:よくさ、テレビでなんかあるじゃない?カラオケのなんか素人の歌めちゃめちゃ上手いみたいな。まあ、始まると消しちゃうけどさ。

吉田:(笑)

浅田:でもさ、たまにチラッと見たりとかするとさ、心には全然響かないわけじゃない?だからもちろんテクニックがあっても心に響かない例ってのはあるよね。

 

STAFF:分量的にもう前半後半に分けないとまとめようがない感じなんですが(笑)最後に、浅田さんが法律の専門家の健児くんに聞きたいこととかってありますか?

吉田:“元”ね。今やってないし。

浅田:そういや相談したことなかったね(笑)

永高:ずっと側にいるけど俺も相談したことないですね(笑)

吉田:僕みたいな奴が身近にいたら、友達とかにとったら便利だと思うんですけどねー。あんまやる気無いですけど(笑)

浅田:うん便利だよね絶対。

 

STAFF:国家試験にトップレベルで一発合格でしょ?

吉田:1年間時間ありゃ誰でもイケるよ。

浅田:やっぱりそうゆう相談って自分の恥ずかしい事を打ち明けなきゃいけないから相談しにくいんじゃない?

吉田:なんか僕に貸しを作りたく無いみたいな心理が働いてるんですかね。まあちょこちょこは協力しましたけど。守秘義務あるので言えないけど。

浅田:本当に困ってワラにもすがりたいってなったらそりゃ知らない先生に頼むよりはいいと思うけどなあ。

吉田:まあワラ扱いされるとは思ってなかったですけど。

浅田:(笑)

永高:あと数年したら相談あるかもしんない。

吉田:なに??

永高:わかんないけど大人になったら何か起こるかも。

吉田:もう十分いい大人やろ。

浅田:俺も今んところ別にトラブル的なのないなあ。

吉田:なんか法律知ってるやつってウザイでしょ?敵に回したらメンドくさい的な。だから僕はそんな知識出す気無いんですよね日頃。法律なんかより人との関係性の方が大事。コミュ障なんで大事にする知り合いいないんですけど。

浅田:でもこの連載では法律語ってるんでしょ?(笑)

吉田:いや適当になんか僕の変な特徴として法律を知ってるってのがあるので、音楽情報誌で法律のことをチラチラ触れると面白いかなって感じなだけで、あんまりガッツリ法律講座みたいにはしてないですね。

浅田:うんそれホントに面白いよね。

永高:他の音楽雑誌じゃあり得ないよね(笑)

浅田:あ、そうだ!ウチの隣にワンちゃんがいてさ、飼い主が出掛けるとワンちゃんが吠え出すの。それが、朝8時くらいで吠えちゃって寝れないから、元々凄く仲良かったんだけど、数年前苦情っていうか『なんか対策とか考えて貰えるとありがたいんですけど、でもワンちゃんの事だからそんなにキツイ事も言えないし、何か考えてもらえたらありがたいですー』ってやんわりだよ?やんわり伝えたらしばらくはペット業者みたいなとこがワンちゃん迎えに来るようになって、悪いなあって思ってたんだけど、それもしばらくしたら無くなってまた吠え出したわけね。もうそれが5年くらい続いてて、だからそれでもう諦めたんだけど、そのお隣さんが凄く冷たくなって目も合わせてくれないのね。そんな感じなんだけど、どうしたらいいですか?」
吉田:「うんどうしようもないですね」

浅田:「ハハハ(笑)」

 

■プロフィール

吉田 健児
ロックを基調にシンプルかつ印象的なメロディーを紡ぐシンガーソングライター。ふてぶてしくも古き良きロック魂を漂わせる佇まいがライブハウスシーンやレーベル等業界の重鎮達からも注目を集める中で西原誠(ex.GRAPEVINE)に見初められ、2016年7月にGt.西川弘剛(GRAPEVINE)参加曲含む、初の公式音源となる1st album『forthemorningafter』をリリース。
http://kenjiyoshidamusic.com/

 

浅田 信一
ミュージシャン。1969年、静岡県浜松市生まれ。乙女座、O型。1995年、SMILE(バンド)のボーカル&ギターとしてメジャーデビュー。2004年、SMILEを解散。2015年、デビュー20周年を迎える。
2016年、アルバム「Blue Moon Blue」発表。
ソロアーティストとしての活動の他に、詞曲提供、プロデュースワーク等幅広く展開中。
http://www.asashin.net/

 

吉田健児の作品をAmazonでチェック!!

 

banner05
banner_228 banner_top 浅井製作所 NCIS_banner4 new_umbro banner-umbloi•ÒW—pj