全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

キノコホテル

太く固く成長した胞子たちを昇天させた創業10周年の祝砲

キノコホテル創業10周年記念大実演会
“サロン・ド・キノコ〜飼い馴らされない女たち”
2017/6/24@赤坂BLITZ

2017年6月24日、キノコホテル創業10周年の記念日を祝うべく赤坂BLITZには大勢の観客が詰めかけていた。開演時間を迎えて会場が暗転すると同時に流れ出したスパイ映画風のSEに乗って、イザベル=ケメ鴨川(電気ギター)、ファビエンヌ猪苗代(ドラムス)、ジュリエッタ霧島(電気ベース)の3人がピストルを構えて煽りながら登場。そして最後に客席後方から巨大なトロッコに乗って、マリアンヌ東雲(歌と電気オルガン)が妖しく動きながらステージにたどり着く。

「おねだりストレンジ・ラヴ」でいきなり一体感を生み出すと、「球体関節」では不穏なキーボードの音色で注目を引きつけ、その残響が途切れたと同時にケメが荒々しいギターをかき鳴らし、「あたしのスナイパー」へ。ダンサーチーム・紫ベビードールが曲の世界観に合わせて踊るステージは、まさしくスパイ映画のワンシーンのよう。

すっかり会場が温まってきた頃、「踊っていただけるわよね?」とマリアンヌが誘惑する。キノコホテルの実演会ではおなじみの儀式だが、「太く! 固く!」の掛け声に合わせて約1,000人の胞子たちが嬉々として両手を右上、左上に突き上げる様は壮観だった。「荒野へ」では、おおくぼけい(アーバンギャルド)がピアノで参加。ジュリエッタもアップライトベースに持ち替え、ジャジーでモダンな音空間を創り出す。10分以上にも及ぶ「風景」では支配人のヴァイオリンに波のBGMもあいまって、異国へトリップしていたのは私だけではないはずだ。

衣装チェンジをしたマリアンヌに先導されて、勢い良く「愛人共犯世界」から後半に突入。性急なビートでまくし立てるように歌う「愛と教育」から「セクサロイドM」「キノコノトリコ」とアッパーチューンの連続に、甘美な毒に侵されたい胞子たちは大興奮。「#84」で“キノコホテル10周年”と書かれた丸い看板がピカピカ光りながら降りてくる中、ポンポンを持った紫ベビードールが集結して踊る光景はまるで往年の『ザ・ベストテン』を観ているかのごとし。ラストの「キノコホテル唱歌」のイントロが鳴った瞬間から場内は沸き立ち、大盛況のうちに本編は幕を下ろした。

アンコールでは「ゴーゴー・キノコホテル」と「恋はモヤモヤ」を披露し、圧倒的な熱量のパフォーマンスで魅了。ダブルアンコールで赤のミリタリールックに着替えて再登場すると「ついてこれるの? むしろここからよ!」とSっ気たっぷりに叫び、インストの新曲と「真っ赤なゼリー」をプレイしてみせる。“この心・この身体 さし出すつもりよ”という歌詞がひときわ胸に沁みたのは、そこに彼女たちの決意が滲み出ていたからだろう。

サウンドだけでなく豪華絢爛な衣装や舞台演出でも魅せ、数多の胞子たちをイかせっぱなしだった2時間半。MCで「まだ倒産せずに済みそう」とマリアンヌはつぶやいていたが、それどころか創業10周年を越えてますます活気づいていくのは間違いない。8月は3年ぶりとなる女性限定公演、9月は熱海で宿泊付き実演会を開催予定とお盛んなキノコホテルは、これからもさらに新たな胞子を虜にしていくことだろう。

TEXT:室井健吾 / PHTO:大参久人

 

 

 

 
 
 
 

キノコホテルの作品をAmazonでチェック!!

 

banner05
banner_228 banner_top 浅井製作所 NCIS_banner4 new_umbro Baycamp_kuro s_mip16_b s_rb16_b s_otodma16_b s_yamabito16_b banner-umbloi•ÒW—pj