全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

ラックライフ

夢を実現させたのは、ライブハウスにいる人たちに向けた歌。 メジャーデビュー記念・全メンバー個別インタビュー

LuckLife_name_MAINラックライフが待望のメジャーデビューを果たす。高校の同級生だった4人が2005年に出会ってから、前身バンド時代も含めると若くして10年超のキャリアを持つ彼ら。地元の大阪・北摂を足場に徹底的な現場主義を貫き、全国各地でライブ活動を展開する中で確かな支持を獲得してきた。2010年に立ち上げた自主企画イベント“GOOD LUCK”が2014年以降、毎年なんばHatchで開催されるまでに規模を拡大していることはその象徴と言えるだろう。2015年にはTVアニメ『純情ロマンチカ3』エンディング主題歌となった3rdシングル『変わらない空』をリリースし、これまで以上に支持層を広げている。全国津々浦々で熱い血が通ったポップミュージックをかき鳴らし、オーディエンスのみならずバンドマンをも魅了する、ザ・ライブバンド。それが、ラックライフなのだ。2016年5月11日、TVアニメ『文豪ストレイドッグス』エンディング主題歌となるシングル『名前を呼ぶよ』にて、遂にメジャーデビューする4人にJUNGLE☆LIFEでは全メンバー個別インタビューを敢行。メジャーデビューに至る経緯とその想いから今作の制作エピソードはもちろんのこと、高校時代から共にバンドをやってきた4人の出会いと当時の秘話に至るまで全10ページ大特集で迫る。

 

#1:Vo./G.PON ソロインタビュー

「自信を持って”この曲でメジャーデビューします!”と言ってお披露目できたのもすごく嬉しかったんです。そこで全部繋がったというか。ラックライフはラックライフのままで、PONはPONのままでイケちゃったなと思って、爆泣きしたんですよね」

#2:Dr.LOVE大石 ソロインタビュー

「バンドが年を重ねるごとに調子がよくなって当然というか。一歩ずつ前に進んでいく姿を後輩に見せたいというのもあるし、お客さんの期待も裏切らないのがバンドやと思っているから、絶対によくなっていないとダメだと思っているんです」

 

#3:Ba.たく ソロインタビュー

「ライブって、お客さんが見えるじゃないですか。MCで笑っていたところからキュッと変わる瞬間のみんなの顔も好きやし、曲を聴いているときにむっちゃいい顔をしてくれている人がいると”やっていてよかったな”って思います」

 

#4:G./Cho.イコマ ソロインタビュー

「一時期ずっとライブばっかりしていた20代前半があったので、最近はライブも少なくなってきたことでメンバー全員がうずうずしているんですよ。だからライブのときの開放感たるや、”やっと来たか!”みたいな感じはありますね」

 

 

ラックライフの近作をAmazonでチェック!!

banner05
banner_228 banner_top 浅井製作所 NCIS_banner4 new_umbro banner-umbloi•ÒW—pj