全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

SPECIAL LIVE REPORT:a flood of circle

鬼すら殺してしまうような熱狂渦巻くライブに酔いしれた

2017/1/09@東京キネマ倶楽部 “鬼殺しナイト”

a flood of circleが1/9、東京キネマ倶楽部で“鬼殺しナイト”なるイベントを開催した。物々しいイベントタイトルだが、このネーミングはVo./G.佐々木亮介が普段から愛飲している日本酒「鬼ころし」から取ったそうだ。
企画の趣旨は「ノンストップでワンマンライブを一気飲み」とのことで、普段のライブのように曲間のちゃんとしたMCが存在せず、またセットリストもライブで盛り上がる曲ばかりが並ぶという、まさに「鬼すら殺してしまうような」熱狂渦巻くライブとなった。
SEが鳴り、メンバーが現れる。Ba.HISAYOとサポートギターのアオキテツは鬼のツノが光るカチューシャをつけての登場。1曲目からイベントタイトルと同名の曲「鬼殺し」がプレイされる。
立て続けに「泥水のメロディー」「The Beautiful Monkeys」というアッパーな曲が続き、既にフロアでは楽しそうに飛びまくるダイバーが多数出現。曲間に佐々木はフロアを煽るような言葉を投げかけ、それにオーディエンスも熱狂で応える。
演奏面でも昨年9月からサポートギターとしてバンドに参加しているアオキテツとのグルーヴ感も増し、ステージ上のバンド4人がまるで1体の生き物のよう。まさに鬼神のごとき表情を垣間見せる瞬間もあった。
ライブ中盤では「酒と泪と男と女」という、このイベントにふさわしいカバーも披露。その曲が終わると「バカヤロー!」の掛け声と共に本日2度目の「鬼殺し」がプレイされるという、通常のライブではありえない展開となる。
その後も通常のライブでは披露されないようなレア曲を交えながら、会場は熱気を増してゆく。ライブ中ひっきりなしにダイブが巻き起こるようなイベントになったが、本編ラストナンバーも酒にまつわる「Beer! Beer! Beer!」から、何と本日3度目の「鬼殺し」がプレイされた。
まだ飲み足りないというオーディエンスの手拍子に呼び戻されるように、メンバーが登場し「もうアンコールだから」とこの日初めてのMC。今年もガンガンいくという宣言と共に、メンバー一同での鏡割りも行われた。
アンコールでは1/18に発売されたニューアルバムからリードトラック「New Tribe」を初披露。「生まれ変わるのさ 今日ここで変わるのさ」と高らかに歌われるとおり、バンドが10年を経て新たな場所を目指していくその力強い様が刻まれたような名曲だ。この曲に合わせて放たれた特効の銀テープが、a flood of circleというバンドの未来を祝福しているように輝いていた。
最後は4度目のおかわり「鬼殺し」がプレイされて、終演。きっとメンバーにとってもオーディンスにとっても、a flood of circleというバンドにとことん酔いしれた一夜だったと言えるだろう。

TEXT:栗橋康成
PHOTO:丹澤由棋

 

banner05
banner_228 banner_top 浅井製作所 NCIS_banner4 new_umbro Baycamp_kuro s_mip16_b s_rb16_b s_otodma16_b s_yamabito16_b banner-umbloi•ÒW—pj