全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

リーガルリリー

リーガルリリーという音楽がどう在るのか、今後も見守っていきたい

2017/3/31@下北沢SHELTER
“ムスタングvol.1”

“ばかばっかの戦場に”。リーガルリリーを観に来たオーディエンスでぎっちり埋め尽くされた超満員のフロアから無数の視線と期待を一点に浴びるステージは、たかはしほのか(Vo./G.)の歌とギターで口火を切った。冒頭の言葉は、初の全国流通盤『the Post』の1曲目「ジョニー」の歌い出しだ。無垢な歌声で真っ直ぐに観客を見据えて歌い上げられた言葉はイベントの一発目に、とんでもなく鮮烈なインパクトを残した。

涼しげなポップネスとザラついたサウンド、静と動の美しいコントラスト。空想的な表現の中で不意に顔を出すリアリティある歌詞が、それらの音を超えて鋭く観客に突き刺さる。前半から「ぶらんこ」「スターノイズ」「魔女」と珠玉の楽曲群を畳み掛けるように浴びせかけ、会場全体をリーガルリリーの熱で染め上げていく。逆光の照明に浮かぶ3人が音を掻き鳴らしながら身体を揺らす姿は無邪気さや無防備な少女性を感じさせるが、随所に円熟したギラつきを秘めていて、ふとした瞬間に垣間見える神秘性にドキッとさせられる。大迫力のサウンドの中を鮮明に貫く、ほのかの澄んだ歌声には幾度となく痺れるような感動を覚えた。

後半戦では立て続けに新曲をお披露目し、いよいよワンマンもクライマックスのムードが漂う中で打ち鳴らされたドラムのビートに乗せて「リッケンバッカー」のタイトルコールが響き渡る。ラストへ向けて性急になっていくビートに乗せ、“おんがくよ、人を生かせ 生かせ 生かせ”とほのかは絞りだすように荒々しく歌い上げる。音楽に純然と、愚直に向き合う彼女たちそのものをさらけだすような演奏だ。終幕に向けて膨れ上がっていくヒリついたサウンドに、全身を持っていかれるような感覚になった。

「バンドってホントに楽しいので、みなさんもやってみてはいかがでしょうか?」と笑顔で話すほのかは、バンドを始めてから“生きること”について考えるようになったと言う。「あと20年くらい歌えたら良いと思います!」と宣言した3人は、これからも自らの音楽とまっすぐ向き合っていくことだろう。3月をもって白石はるか(Ba.)が高校を卒業し、バンドから高校生がいなくなるという節目の公演だったこの日。彼女たちが生きていく先で、リーガルリリーという音楽がどう在るのかを今後も見守っていきたいと心から感じる、素晴らしいステージだった。

TEXT:伊藤あきよ
PHOTO:知衿

banner05
banner_228 banner_top 浅井製作所 NCIS_banner4 new_umbro banner-umbloi•ÒW—pj