全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

バンドハラスメント

渋谷の夜に巻き起こった“バンハラ旋風”で心も身体も動き出す

“QoN×バンドハラスメント レコ発 東名 2MAN LIVE”
2017/5/13(土) @渋谷TSUTAYA O-nest
w/ QoN

名古屋発4人組ロックバンド・バンドハラスメントの1stミニアルバム『エンドロール』リリースツアーが、渋谷TSUTAYA O-nestにて初日を迎えた。Roy Orbisonの名曲「Oh, Pretty Woman」のSEとともにメンバーが現れると、観客をフロア前方へ呼び込む。「脇役」でエネルギッシュなパフォーマンスからライブをスタートすると、「現実ハラスメント」では全員で拳を突き上げて会場の温度を上げていく。

「まだまだ遊び足りないんじゃないですか?」と井深(Vo.)が煽り、始まったのは「GERA!!GERA!!」。その骨太なサウンドに合わせてフロアにはサークルモッシュが発生し、オーディエンスはもみくちゃになりながらも活き活きとした表情で駆けまわる。中盤はワタさん(G.)がアコースティックギターに持ち替えて井深と2人だけで、「君がいて」のアコースティックバージョンとスピッツの「空も飛べるはず」のカバーを披露。激しいサウンドの時とは違う優しい歌声が会場を包み込んだ。しっとりとした良い雰囲気の中、斉本佳朗(Dr.)とはっこー(Ba.)が再登場し、「サヨナラをした僕等は2度と逢えないから」が始まる。井深の情感溢れる歌声が切ない気持ちにさせつつも、その中に確かな希望の光を感じられるパフォーマンスだった。

ライブも佳境を迎えた頃、「プレゼントコーナーがあります」と斉本がアナウンスし、はっこーが洗剤セットを抱えて登場。その場でメンバーとのじゃんけん大会が始まり、勝ち残ったファン1人に贈呈された。ユニークな企画でファンとの距離をグッと縮め、その和やかな空気感の中で始まったのは「アリバイパリナイ」。グルーヴィなベースが光る飛びっきりのパーティチューンでこの日一番の盛り上がりを見せると、メンバーの巧みな煽りを受けて、気がつけば観客全員がパリピに。最高潮にまでオーディエンスのテンションを高めると、ラストの「君と野獣」では一変して気迫に満ちた演奏で表現力の高さを見せつけ、大盛況のままライブは幕を降ろす。

“楽しい”、“切ない”、“面白い”など、観る者の様々な感情を引き出した90分。ファンを楽しませるために、色々なことを率先して取り入れる彼らの心意気に、ライブに対する“本気さ”を感じた。これからも心と身体を動かすステージでファンを魅了し、“バンハラ旋風”を各地で巻き起こしてほしい。

TEXT:室井健吾

 

 

 
 
 
 

バンドハラスメントの近作をAmazonでチェック!!

 
 

banner05
banner_228 banner_top 浅井製作所 NCIS_banner4 new_umbro banner-umbloi•ÒW—pj