全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

イトヲカシ

中央突破していくイトヲカシの音楽が君の背中をそっと押す

2017/7/16@Zepp Tokyo
“second one-man tour 「中央突破」”

2017年7月16日、Zepp Tokyoはイトヲカシの全国ツアーファイナル公演の幕開けを待つ大勢の人で賑わっていた。場内が暗転してSEが流れ出すとすぐさま手拍子が始まって、メンバーの登場と同時に大きな歓声が上がる。そして新作『中央突破』でも1曲目を飾る「スタートライン」で、ライブの始まりを告げた。続く「東方見聞ROCK」では軽快なサウンドに合わせて、オーディエンスはノリノリのかけ声で応えていく。レフティが「行こうぜ!」と煽った「カナデアイ」では、叩いていた手を今度は力強く振り上げる観客たち。音源以上に迫力あるバンドアンサンブルを生で体験し、その圧倒的なサウンドスケールに驚かされた。

「ファイナルへようこそ!」と歌詞太郎が来場者にまず感謝の気持ちを述べてから、テレビ東京 木ドラ25『さぼリーマン甘太朗』エンディングテーマの新曲「アイスクリーム」を初披露。タイトルからも連想できる夏にぴったりの爽やかなサウンドが、会場中に響き渡った。アコギの弾き語りから始まった「ヒトリノセカイ」では、歌詞太郎の息遣いが直に伝わってくるようだ。その優しくも熱い歌声から放たれる言葉と、メロディラインの美しさに酔いしれた。ツアーの思い出を語ったMCを挟んで、歌詞太郎が「全員に対する応援歌として歌います」と言って披露したのは「さいごまで」。“君は一人じゃない”というストレートなメッセージが、イトヲカシのサウンドと彼の声に乗って放たれると、より深く胸に染みていくから不思議だ。

じっくりと聴かせる楽曲が続いた後は、「声を聞かせてくれないか?」と呼びかけてオーディエンスにマイクを向けた「トワイライト」から、タイトルに合わせてメンバー自らの“ドンマイトーク”を曲間に披露した「ドンマイ!!」と、アップテンポなチューンで会場の温度を上げていく。そして、歌詞太郎が「楽しみ方を強要するアーティストが一番ダサいから、何を振り回しても良い!」と叫び、「SUMMER LOVER」へ。タオル、ペンライト、拳と思い思いのものを振り回す観客たちと共に、凄まじい一体感を生み出す。その勢いのまま「スターダスト」、「Thank you so much!!」と全力で駆け抜け、最後は全員で一斉にジャンプして本編の幕を下ろした。

すぐさまアンコールを求める大きな声が広がっていく中、再登場したメンバーは映画『氷菓』の主題歌に決定した新曲「アイオライト」を初披露。歌詞太郎が「10歳の子が70歳になっても“良い”と思える全年齢対象の曲」と言っていたとおり、老若男女に愛されるに違いない疾走感あふれる楽曲で、大きな盛り上がりを呼んだ。ラストはキーボードを弾くレフティと、歌詞太郎の2人きりで「パズル」を披露。改めて歌唱力の高さを実感するとともに、2人による想いの込もったパフォーマンスに心が震えた。

熱い言葉と普遍性を持ったサウンドで、Zepp Tokyoに集まった2,000人以上の観客を心ゆくまで楽しませた120分。2人が届けた言葉と音楽は、たくさんの悩める人の背中を押したに違いない。そしてもっと大きな場所に向けて加速していく彼らの“中央突破”は、まだまだ止まらないだろう。

TEXT:室井健吾

 

 

 
 
 
 

イトヲカシの作品をAmazonでチェック!!

 

banner05
banner_228 banner_top 浅井製作所 NCIS_banner4 new_umbro banner-umbloi•ÒW—pj