全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

ASH DA HERO

第2章の開幕を高らかに宣言するような名演を見せつけたO-EASTワンマン

ASH DA HERO ONE MAN SHOW 2017
“BRAND NEW WORLD”
2017/7/28@渋谷TSUTAYA O-EAST

5月に2ndフルアルバム『A』を発売したASH DA HERO(以下ASH)が、そのリリースを記念して渋谷TSUTAYA O-EASTにてONE MAN SHOW 2017 “BRAND NEW WORLD”を行った。アルバム発売から2ヶ月を経て開催された待望のワンマンライブには、この日を心待ちにしていた数多くのオーディエンスが集結。開演時間になると自然とコールが沸き起こり、期待値の高さを伺わせた。

場内が暗転し、大歓声とSEが響き渡る中で登場したバンドメンバーとASHがオープニングナンバーにセレクトしたのは、『A』でも1曲目を飾る「WE'RE GONNA MAKE IT」だ。そこから「ANSWER」「BRAND NEW WORLD」と、アルバムと全く同じ順番でフロアに叩き付ける。冒頭から最大出力の演奏と歌声が放たれ、ステージの熱量もオーディエンスのボルテージも同時に急上昇していく。曲の合間には金平糖を客席に投げ入れたり、コミカルなMCを挟みつつも、演奏が始まると重厚なリズムと変幻自在の音色に乗せて時にシャウトし、時に語りかけるように歌い上げるASH。

5月のアルバムリリースから2か月ほどライブがなかったということもあり、そこで溜まった鬱憤を全て晴らすかのように会場にいる全ての人間が己のテンションをトップスピードで押し上げていく。その姿はまるで、高い熱量に満ちた音楽の奔流に自ら身を投じているかのようだ。ASH自身もライブがなかった期間の心境をユーモアも交えつつ吐露していたが、その言葉以上に行動でライブへの飢餓感とこの日の高揚感を示そうとしているかのごとく、ほぼインターバルを置かずに次々と楽曲を披露していった。

中盤では「すべての音楽を愛するひとに聴いてほしい」とコメントを添えて、新曲「YELLOW FEVER DANCE」を初披露する。ダンサブルかつファンキーなトラックに、ロックテイストな風刺のきいた歌詞が乗った楽曲だ。普遍性を志向しながらも、このような楽曲を作ってしまうところがASHのASHたる所以だろう。初めて耳にする曲にもかかわらず、オーディエンスも本日一番と言って良いほどの盛り上がりを見せていた。

ほぼ全ての『A』収録曲を含め20曲にも及ぶ本編が終了した後、観客からの大きな歓声に応えて再び登場したASH。「この曲を歌うことが辛いときもあった。だけど、尊敬する先輩に一生歌い続けていくべき曲だと言われて、またこの曲に向き合うことができた」と前置きしてから歌い始めたのは、「Everything」だ。途中でマイクを外し、感情のままに生の歌声を会場に響かせた彼の姿は多くの人の心に焼きついたことだろう。

この日を締め括る本当のラストに、「prologue」=「序章」という意味のタイトルを持つ楽曲を配置したASH。2ndフルアルバム『A』でも示したとおり、ASH DA HEROの第2章の開幕を高らかに宣言するようなライブを見せつけた。ライブ中には出身地の愛知を皮切りに各地を巡るASH DA HERO LIVE TOUR 2017 “ALIVE”の開催も発表され、今後の動きにも期待が高まらずにはいられない。1つの大きなステップを越えて、その駆け上がるスピードはこれからも加速度的に増していく。

TEXT:古川うなぎ
PHOTO:前田俊太郎・進藤景太・緒車寿一

 

 

 

banner05
banner_228 banner_top 浅井製作所 NCIS_banner4 new_umbro banner-umbloi•ÒW—pj