全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

HOWL BE QUIET

たくさんの表情で魅せるHOWL BE QUIETに誰もが恋をした

2017/8/16@赤坂BLITZ
“Mr. HOLIC〜僕が虫で、君が男でも恋したいのです〜TOUR”

2017年8月16日、HOWL BE QUIETのメジャー1stアルバム発売を記念したツアー“Mr. HOLIC〜僕が虫で、君が男でも恋したいのです〜TOUR”のファイナルが、赤坂BLITZで開催された。会場が暗転して演奏が始まったのは、『Mr. HOLIC』でも1曲目を飾る「ラブフェチ」。Vo./G./Pf.竹縄航太がキーボードの弾き語りで冒頭部分を優しい声で歌い上げてから、「今日はよろしく!」と高らかに宣言する。

続く「ギブアンドテイク」ではオーディエンスと共に、“Hurray Hurray”の掛け合いで大きな盛り上がりを見せた。この日最初のMCタイムでは彼ららしい肩の力が抜けたMCに、会場からたくさんの拍手が飛び交う。そんな和やかな雰囲気に乗って、多幸感に満ちたサウンドを響かせたのは「Daily Darling」。軽快な演奏の中にも垣間見える、竹縄の卓越したキーボードスキルに目と耳を奪われた。

「矛盾のおれ様」では竹縄がアコースティックギターの弾き語りで、音源とは一味違ったアレンジで歌い始め、場内を圧倒する。そこにG.黒木健志、Ba.橋本佳紀、Dr.岩野亨の音が加わると、赤裸々な歌詞がよりくっきりと浮かび上がってくるのだ。真っ赤な照明もあいまって、メンバー全員の感情が溢れ出しているかのようなステージを、オーディエンスは固唾を呑んで見つめていた。

その後は「GOOD BYE」や「サネカズラ」、「208」と、歌心とメンバーの想いが込もった演奏を存分に味わえるバラードを奏で、聴いている者の涙腺を容赦なく刺激する。だが、場内がセンチメンタルな空気に包まれたのも束の間、竹縄が「準備は良いですか!?」と煽り、「にたものどうし」の明るく温かみのあるバンドサウンドで徐々にフロアの温度を上げていく。

終盤の「ライブオアライブ」では「一緒に歌おうか、赤坂!」と全員で熱唱し、「MONSTER WORLD」でフロアのテンションは最高潮へと達する。立ち上がって鍵盤を弾く竹縄と、終始満面の笑みを浮かべて音を鳴らす橋本の姿がとくに印象的だった。そして最後は歌詞がツアータイトルにもなっていて、『Mr. HOLIC』を象徴する曲でもあろう、「ファーストレディー」で締め括った。

アンコールでは竹縄が「ドカンと大きい花火を打ち上げて終わろう!」と、「レジスタンス」と「Dousite」の2曲を披露。少し前まで彼らのバラードに涙していた観客の表情は明るく晴れ渡り、前向きでハッピーな空気に包まれたままツアーファイナルは幕を下ろした。

ステージ上の4人が鳴らす変化に富んだ多彩な楽曲に共鳴するように、観客1人1人の中に眠る様々な感情が引き出されたワンマンライブ。たくさんの表情で魅せるHOWL BE QUIETに、誰もが恋をした違いない。恋の楽しさも苦しさも嘘偽りなく伝える彼らの音楽は、これからも多くの人の心を揺さぶり続けていくだろう。

TEXT:室井健吾

 

 

banner05
banner_228 banner_top 浅井製作所 NCIS_banner4 new_umbro banner-umbloi•ÒW—pj