全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

BRADIO

聴けば身体が踊り出す必殺のグルーヴで新天地を切り拓く

BRADIOが、遂にメジャーデビューを果たす。サザンオールスターズや布袋寅泰など数々の有名アーティストを手がけた藤井丈司をプロデューサーに迎えて放つ1stシングル『LA PA PARADISE』は、彼らのルーツにあるソウルやファンクを下地にした最高のパーティーチューンだ。聴けば自然と身体が踊り出す必殺のグルーヴを武器に、4人は新たなフィールドへ飛び出していく。

 

●待望のメジャーデビューシングルですが、ソウルやファンクといったバンドのルーツにある音楽性を前面に押し出したものになりましたね。

聡一:メジャーだからといって、“(予想を)裏切りたい”という気持ちはなくて。本当に自分たちらしいものを出そうと思っていましたね。色んな曲を今までやってきたし、振れ幅もある中で今回はルーツにあるソウルやファンクを前面に出した“That's BRADIO”という曲を出したかったんです。

●どういう曲にしたいというイメージは見えていた?

聡一:ちょうど今作の制作タイミングで、Earth, Wind & Fireのライブをみんなで観に行ったんですよ。その会場の雰囲気が素晴らしかったので、「ああいう雰囲気を作れる曲を作りたいね」と話していて。

貴秋:生で観るのは初めてだったんですけど、場内のグルーヴに強く心を惹かれる瞬間があったんです。そういうところが今回のM-1「LA PA PARADISE」にも反映されていると思います。

●その場の空気感を自分たちの曲でも表現しようと考えたんですね。

亮輔:もちろん演奏も素晴らしかったんですけど、バンドの出すグルーヴにお客さんがノっている感じがすごくて。どういうふうにしたら自分たちもそういう空気を作れるのかを考えて、形にしたのが「LA PA PARADISE」ですね。

有希:ライブを観ていて、“良い音楽と良い演奏と良い歌があれば、人は勝手に踊り出すんだな”というのがわかったんです。自分たちもそういうものをやりたいなと思いました。

●今回のテーマは“愛と宇宙とセックス”だそうですが、これはどこから浮かんだんですか?

貴秋:今回は藤井丈司さんにプロデュースして頂いたんですけど、制作の中で歌詞に関しても助言を頂いて。今回はバンドのソウルフルな面が出ているので、ソウルミュージックの根底にある“愛と宇宙とセックス”をテーマにすれば良いんじゃないかと言って頂いたんです。それを軸に歌詞を書いたり、曲にも当時の音楽の色んなエッセンスを加えていった感じですね。

●何か新しい挑戦をしていたりもする?

貴秋:歌詞に関して今までは“僕と君”という表現だったんですけど、今回は藤井さんのアイデアで“俺とお前”に変えたんです。そこでもまた、自分の中で新しい扉が開けたと思います。

●“僕と君”から“俺とお前”に変わることは大きい?

貴秋:大きいですね。僕の性格的には、“お前”なんて絶対に言わないから。でもこの曲のストーリーにおいては“俺とお前”じゃなきゃダメなんだなということが、レコーディングの中でわかってきて。近しい人に対してじゃないと、“お前”とは言わないじゃないですか。だからこの曲をライブで歌うことで、お客さんとの距離感がグッと近づくんじゃないかと思っています。

聡一:最初に貴秋が“お前”と歌っていた時は、すごく違和感があったんですよ。でも実際に歌入れしてみると普通にハマっていて、今までと印象も変わるので良いなと思いました。

有希:同じ言葉でもそこに気持ちや愛が込められているだけで、全く違うように聴こえることもあるんだなと思って。愛がある“お前”だから、たとえ強い口調でも近くに感じられるというか。そういうところが表現できているので、良いなと思いますね。

●カップリングのM-2「Baddest」は、表題曲とのバランスも考えて選んだんでしょうか?

聡一:表題曲に合わせて選んだというよりは、どちらかと言うと“今一番出したい曲を入れた”という感覚ですね。たぶん今のバンドの方向性が“根源的なグルーヴで楽しめる音楽を作りたい”というモードだったので、自ずとそういう曲を選んだというか。自然に踊り出しちゃうような曲を作りたいという想いが強かったと思います。

●2曲とも“自然と身体が動き出す曲”というところは共通している。

聡一:そういうものがやりたかったんだと思います。もちろん力が入ったり熱くなったりするようなサウンドも好きなんですけど、今回は1曲目のテーマとして“愛と宇宙とセックス”という大きなものが根幹にあったから。サウンド的にも勝手に踊り出しちゃうようなビートやグルーヴを追い求めた結果、リラックスしていて気持ちの良い音というのがこの2曲に反映された気がしますね。

●バンドが今漂わせている空気感も自然と出ているのでは?

聡一:バンドとして、良い意味でリラックスしていますね。“BRADIOです!”というシングルにしたかったので、そういう意味で人間性も含めてパッケージできているのかなと思います。“さぁ行くぞ!”というよりは、“行こうか?”みたいなテンションの曲ができたなという感覚があって。どちらもすごく気に入っていますね。

●芯にあるものはメジャーに行っても変わらない。

亮輔:基本的にBRADIOはユルい感じで、それが良さでもあるから。今までやってきたものは、今回もそのままにやれたというか。新しい車に乗り替えたというよりは、エンジンはそのままで外装だけ豪華になったような感覚ですね。これからもっとロックなガツガツした曲もやりたいですし、もうちょっとユルい曲もやりたいなと思っていて。メジャー1枚目のシングルでも良いバランスが取れたし、そういう意味では良いスタートになったのかなと思っています。

Interview:IMAI
Assistant:室井健吾

 

 
 
 
 

BRADIOの作品をAmazonでチェック!!

 

banner05
banner_228 banner_top 浅井製作所 NCIS_banner4 new_umbro banner-umbloi•ÒW—pj