全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

ザ・スロットル

6人で放つ“ホラーショウ”が忘れられぬ一夜を創り出す

THE THROTTLE presents “Horror”
2017/10/26@渋谷WWW

 

 

2017年10月26日。この日はTHE THROTTLE presents “Horror”の開催日であると同時に、向後寛隆(G.)の脱退前ラストステージの日でもある。会場には6人で奏でる最後のステージを一目観ようと、大勢の観客が集まっていた。

 

 

開演を知らせるブザーが場内に鳴り響き、何やら不気味なBGMが流れ始める。幕がゆっくりと開くと、ステージ衣装でビシっとキマったメンバーが登場。菊池藍(Ba.)の弾くベースとともに高岩遼(Vo.)が歌い出したのは、公演名と同じ曲名の「Horror」だ。そこに向後、熊田州吾(G.)、飯笹博貴 (Machine)、成田アリサ (Dr.)の音が重なって6人のバンドアンサンブルを体感した時、今夜はすごいことが起きそうな予感がした。

 

 

高岩のボイスパーカッションから始まった「Jesse」では、彼は時に飛び跳ね、時にキレッキレに動きながら観客を誘惑していく。堂々たるステージパフォーマンスは、“男は金より見た目”という歌詞の説得力を増幅させているかのよう。向後の鳴らすギターの音色にもうっとりとしたのは、私だけではないはずだ。その後は「Cinderella」、「Rock This Town」、「Get Ready」と未発表曲を次々に披露。力強いビートと迫力のあるサウンドスケールで、フロアをどんどん魅了していく。一聴しただけでも、彼らの鳴らすロックンロールは進化し、深化しているのを感じた。

 

 

この日特に印象深かったのは、椅子に座りながら弾く向後のギターから始まった「It's Alrgiht」。高岩と向後は、時おり見つめ合いながら、1秒1秒を噛みしめるように演奏する。脱退について多くは語らなかったが、披露後に交わされた2人の固い握手が、全てを物語っているような気がした。

 

 

「恐怖のエンターテイメントはここからだぜ!」と、しっとりとした雰囲気からは一転して今度はアップテンポなナンバーを次々に披露。高岩はシャツを脱ぎ捨て、ステージ上を縦横無尽の駆けまわる。メンバーも思い思いの音をかき鳴らし続け、オーディエンスを興奮の渦へと巻き込んだ。そして本編最後は、「Jailhouse Rock」を全員で力強く歌い上げて幕を降ろした。

 

 

メンバーが勢い良く再登場したアンコールでは、12/6に2ndアルバム『A』をリリースすることをアナウンス。大きな歓声でドッと沸くオーディエンスに、高岩が「皆さんをどんどん裏切る作品を作って、必ずてっぺんを取りにいくのでよろしく!」と宣言すると、たくさんの拍手に包まれた。ラストは「超良い思い出を作って帰ろう!」と、新作から「You Can Make It!」をパフォーマンス。身体を動かさずにはいられないロックンロール節が炸裂した曲で、オーディエンスは最後の最後まで大盛り上がりだ。フルパワーでの演奏を終えると、場内にとてつもない熱気を残し、メンバーは充実の表情でステージを後にした。

 

 

普段とはひと味違うショウ形式のライブで、観客を虜にしたTHE THROTTLE presents “Horror”。披露された新曲からは、彼らがまた新たなステージへと駆け上がっていくことを実感した。数々の出会いと別れを経て、これからも前進していくザ・スロットルが創り出した“ホラーショウ”は、誰にとっても忘れられない一夜になったに違いない。

TEXT:室井健吾

 

 
 
 
 

ザ・スロットルの作品をAmazonでチェック!!

 

banner05
banner_228 banner_top 浅井製作所 NCIS_banner4 new_umbro banner-umbloi•ÒW—pj