全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

PIGGY BANKSのブーフーウー【最終回】

yoko(Vo.)、keme(G.)、akko(Ba.)によるスペシャルガールズバンド。メンバー3人の“お気に入り”を紹介するスペシャル連載。

最終回:yoko&keme

ph_yoko_keme

 

今回はコラム最終回〜って事で、keme&yokoの大好きなお店を紹介します!

三軒茶屋の駅から少し歩くと見えてくる『このみせ』。
美人女将のKさんがいつも笑顔で迎えてくれます。

この日はPIGGY BANKSにいつも手を差し伸べてくれる、愛すべきお2人も登場! じゃじゃーん。坪倉唯子さんと 田浪真悟さん。

ph01

 

唯子さんはPIGGY BANKSのアルバム 『タイムスリラー』でもコーラスをして頂いたり、yokoでいったらボイトレを個人的にみていただいたり、焼肉を食べたり BBQをしたり、つまりピギバンが公私混合で仲良くさせてもらっている大好きな大先輩でございます!

真悟さんは真悟さんで昔から仲良しな最強ベーシスト! ピギバンがピンチ! な時は
可能なかぎりいつもかけつけてくれます。

さて、このみせは鉄板焼屋さん。まずはビールで乾杯。

ph02

 

秋だっていうのに外はむしむし暑いので、全員最初は生!
美人女将Kさんは、いつもつきだしでたまねぎの冷製スープをだしてくれるのですが、これが美味すぎ〜!

ph03

 

今回はお花もあってよりお洒落に。
そしていきなりホルモン、枝豆どーん。

ph04

 

注文セレクトが完全におっさんですな。でも美味しい。いい感じに枝豆もニンニクがきいています。

で、keme&yokoの一押しがこれ。

ph05

 

肉! ステーキ! 写真をよく見ていただけたら分かると思うのですが、このみせのステーキは下にパンがしかれているんです。
肉を最初はそのまま、2つ目は柚子胡椒のソースで。
肉を堪能した後、下のパンはいったん回収され、鉄板でじゅー! とぎゅー! と再焼き。
さっきまで乗っていた肉汁がたっぷりしみこんだ絶品パン(と言っていいのかしら)の出来上がり!
これは一度食べたらやみつきでリピーター率ほぼ100パーとの噂。

で、忘れてはいけないのがやはり、お好み焼きさん。

ph06

 

この頃になると、みんなお酒も10杯目近くなってるのでガツガツ! ってよりは、ゆっくり時間をかけて。yokoの場合は時間をかけすぎて最終的には冷めちゃいましたが、これはね、冷めても美味いんです! すごいんです!

19時からお店ラスト1時まで、おおいに食べ、しこたま飲みました(笑)。
(その後は下北の某中華屋でまだ飲む)

ここでようやく登場、美人女将Kさん!

ph07

夏には一緒に軽井沢旅行にいきました。
気になった方は是非、三軒茶屋に寄った際に!

 

■リリース情報

プリント

1st Album
『タイムスリラー』
GARURU RECORDS
GRRC-70001
¥2,500(+税)
NOW ON SALE
more info→ http://www.piggybanks.jp/

■プロフィール
PIGGY BANKS
yoko(Vo.)、keme(G.)、akko(Ba.)によるスペシャルガールズバンド。2014年に結成後、様々なライヴやイベントへ神出鬼没に出 演してきた。2015年から本格的にライヴ活動を開始し“FUJI ROCK FESTIVAL 2015”、“RISING SUN ROCK FESTIVAL 2015”、“中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2015”等のフェスにも出演。ライヴパフォーマンスに関して、先輩バンドや関係者からの評価も非常に高い。2016年4月には初の作品を発売。媚びない 女性ロックバンドとして、日本の音楽シーンに存在感を放っていく!!

■ライブ情報
“ROXYPARTY vol.5”
11/18(金) 渋谷CLUB QUATTRO

 

ph_pb_main

 

PIGGY BANKSのブーフーウー 第5回

yoko(Vo.)、keme(G.)、akko(Ba.)によるスペシャルガールズバンド。メンバー3人の“お気に入り”を紹介するスペシャル連載。

第5回:akko

ph_akko暑いっすね。
みなさま夏バテなどだいじょぶですか?
PIGGY BANKSベースのakkoです。
鹿児島も暑いけど、東京の暑さにはたまげます。
コンクリートジャングル、ヒートアイランド、熱帯夜…パッと見響きのいい言葉達ですけどね、そんなん一瞬で溶けてしまうくらいドロドロした暑さよねー。
ゲンナリ…。
なので! 今月は少しでも涼しい話題を!
とゆうわけで鹿児島のカキ氷を紹介したいと思いまーす!
前にも書きましたがあたくし鹿児島出身、現在鹿児島在住。
鹿児島から通いながらPIGGY BANKSの活動をしています。

 

 

 

 

ph01_shirokuma鹿児島のカキ氷と言えば!
やはり「しろくま」ですよね〜!
今や全国のコンビニやスーパーでも見かけるようになりましたが、元祖はここ、「むじゃき」のしろくま(らしいよ!)。
しろくまってとにかくめちゃくちゃでかい。
上にのってるフルーツが上から見るとしろくまの顔に見えたからしろくま、とかなんとか聞いたことがありますが、これとてもじゃないけど1人じゃ食べ切れません。
大人2人でちょうどいいくらい。
2人でも最後は寒くなる(笑)。
1人用でミニしろくまってのもあるんだけど、それだとやっぱ雰囲気出ないのよねー。
だから何人かで行って、でかいのを頼んじゃうんですよねー。
しろくまはミルク味ですが、ここの自家製の練乳がもうほんとに美味しくて!!!
ひとくち食べたら夏休みの記憶フラッシュバックしまくりです。
昔はお昼ご飯の代わりにしろくま食べに連れてってもらってたなぁ。
なつかしや。
最近はハンディーしろくまとか言って食べ歩き用のちょうどいいサイズができてて、サクッと食べるにはかなり最適!
でかいのを食べるにはそれなりの気合が必要ですからね!!
鹿児島中央駅の駅ビルにも入ってるんで鹿児島に来た際はぜひ本場の「しろくま」を体感していただきたいですねー。
コンビニのもいいけどやっぱ違うよね。
ちなみに、、、
コンビニのやつは鹿児島の「セイカ」って会社が製造元なら鹿児島的にはオフィシャルです(笑)。
カップしろくまは昔からセイカ!
鹿児島だとファミマのやつとかもセイカだったけど他の地域はどうなんだろー??
今度東京行った時にチェックしてみなければ。
さらにちなみに、、、
棒アイスバージョンのしろくまは個人的に邪道だと思っているので食べたことありません! のであしからず。
美味しいらしいけど。。

 

ph02_%e6%9f%b3%e5%b7%9d ph03_%e3%81%8b%e3%81%8d%e6%b0%b7

 

お次は柳川氷室のカキ氷。
とにかく氷がふわっふわですぐ溶けちゃうんだけどほんとに美味しいんですよねー。
ここは夏は1日中長蛇の列。
けどなんせ氷屋さんなんで売り切れてるのは見たことない。
すごいのは1日中ふわっふわの氷を削ってるお姉さん達。
並んでない時がないし売り切れないから作業はエンドレス。と思われる(1日中見てたことはないけど…)。
まさにカキ氷職人。
あー書いてたら食べたくなってきたーー。
けどこの暑い中並ぶのはやだなぁ。。。
と思いながら、エアコンの効いた部屋でセイカのしろくまを食べる2016夏、なのでした〜。

 

■リリース情報

プリント
1st Album
『タイムスリラー』
GARURU RECORDS
GRRC-70001
¥2,500(+税)
NOW ON SALE
more info→ http://www.piggybanks.jp/

■プロフィール
PIGGY BANKS
yoko(Vo.)、keme(G.)、akko(Ba.)によるスペシャルガールズバンド。2014年に結成後、様々なライヴやイベントへ神出鬼没に出演してきた。2015年から本格的にライヴ活動を開始し“FUJI ROCK FESTIVAL 2015”、“RISING SUN ROCK FESTIVAL 2015”、“中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2015”等のフェスにも出演。ライヴパフォーマンスに関して、先輩バンドや関係者からの評価も非常に高い。2016年4月には初の作品を発売。媚びない女性ロックバンドとして、日本の音楽シーンに存在感を放っていく!!

 

PIGGY BANKSのブーフーウー 第4回

yoko(Vo.)、keme(G.)、akko(Ba.)によるスペシャルガールズバンド。メンバー3人の“お気に入り”を紹介するスペシャル連載。

第4回:yoko

2016-07-26 13.18.22お久しぶりです、yokoです。
さて前回のコラムではバンド名の由来ともなった、わたしが愛してやまないブタの貯金箱について話しましたが、今回は、、、妖怪!!
と言っても『妖怪ウォッチ』は全く通ってなく、わたしが妖怪好きになったのはやはり『ゲゲゲの鬼太郎』、そして『ぬ〜べ〜』(※『地獄先生ぬ〜べ〜』)。
鬼太郎は兄弟で大好きで、5歳ぐらいの頃は母親にせがんで黄色と紺のちゃんちゃんこを作ってもらい、下駄をはきコスプレを楽しんでいました。
ぬ〜べ〜は小学生の時にジャンプで連載していて、アニメや映画からゲームまでどっぷり!
ぬ〜べ〜が鬼の手をだす時に唱える呪文を覚えて、学校で自慢げに披露したり(笑)。懐かしいな。

そんな私がすっかり大人になり、自分のパワースポットと勝手に感じている場所。
そう! 鳥取の境港にある水木しげるロードです。数年前に旅行で訪れて以来、毎年必ず行っています。
もうね、水木ファンでなくても、はまらずにはいられない街ぐるみのエンタメパワー(笑)。
ストリートに建つ無数の水木キャラ達、飲食店や土産屋からミニ鬼太郎神社、運がいいと遭遇できる動く妖怪にミュージアム。特に個人的なお勧めは、スタンプラリー。一度、大雨の中3時間かけてコンプリートしたのはいい思い出です。なんだか完全にしげるロード宣伝コラム化してしまってますが(笑)。
実は今も気づいたら羽田空港にいまして、これから米子に飛び、わずか3カ月ぶりに、しげるロードに行ってきます(笑)。前回はPIGGY BANKSツアーの時にメンバーで訪れました。米子駅から境港駅までの鬼太郎列車がまた最高です。今回はまだ出会えてない、猫娘に遭遇したいなー!

 

■Event Info.
8/20(土) 名古屋CLUB ROCK'N'ROLL
8/26(金) 山梨“SWEET LOVE SHOWER 2016”
9/01(木) 下北沢440

more info→
http://www.piggybanks.jp/

 

PIGGY BANKSのブーフーウー 第3回

yoko(Vo.)、keme(G.)、akko(Ba.)によるスペシャルガールズバンド。メンバー3人の“お気に入り”を紹介するスペシャル連載。

第3回:keme

PH_kemeはじめまして、PIGGYBANKSギター担当のkemeです。
何を書いたらいいのか迷った末、私が影響をうけたアーティストや曲についてを自分目線で語っていこうと思います。はい。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回選んだ曲はこちら。

PH01_Genkidesu

よしだたくろう「夏休み」(『元気です。』より)

私が一番影響をうけたアーティスト。
そして、そのきっかけがこの曲でした。
当時小学生だった私は、心地よい演奏と歌い出しの「む〜」で完全にやられてしまったのです。声のトーンや質感が曲と一体化してて、背中がゾワッとする感じ。それが堪らなくもう何百回聴いたかわかりません。

そして、ここからマニアックな路線に進みますので、興味のある方はついてきて!
えー、このアルバム『元気です。』は1972年にCBSソニーから発売され大ヒットしたわけですが、その1年ほど前の1971年にエレックレコードから『よしだたくろう オン・ステージ ともだち』という実況録音盤LPが発売されました。

 
PH02_Takuro_Onstage

 

その中の、第二部(B面)4曲目に「夏休み」が収録されています。
私が最初に聴いたのは『元気です。』バージョン。そして後に聴いた『よしだたくろう オン・ステージ ともだち』バージョン。
聴いた感想は、、、
ん?? 誰!? たくろう??
あまりに声が違いすぎて他の人が歌ってるのかと思ってしまった。とはいえ聴き込んでいけばあぁやはり拓郎さんだな〜と納得。
そして、ギターを担当している田辺かずひろ氏が若者とは思えないほど渋いプレイをしているので、自然とオヤジバンドが演奏してる絵が浮かびます。

その後も様々な「夏休み」が世に出ましたが、これ以上語るのは危険なので写真をご覧ください(投げやり)。

※悲しいことに LP『元気です。』がどこを探しても見つからなかったので、代わりに紙ジャケ復刻版で。

では、また。keme

様々な「夏休み」が収録されているLPとカセットテープ。

 

■リリース情報
1st Album
『タイムスリラー』
プリント
GARURU RECORDS
GRRC-70001
¥2,500(+税)
NOW ON SALE

■ライブ情報
7/17(日) 北海道“JOIN ALIVE 2016”
8/06(土) 滋賀“EAT THE ROCK 2016”
8/10(水) 下北沢CLUB Que
8/20(土) 名古屋CLUB ROCK'N'ROLL
9/01(木) 下北沢440

more info→ http://www.piggybanks.jp/

■プロフィール
PIGGY BANKS
yoko(Vo.)、keme(G.)、akko(Ba.)によるスペシャルガールズバンド。2014年に結成後、様々なライヴやイベントへ神出鬼没に出演してきた。2015年から本格的にライヴ活動を開始し“FUJI ROCK FESTIVAL 2015”、“RISING SUN ROCK FESTIVAL 2015”、“中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2015”等のフェスにも出演。ライヴパフォーマンスに関して、先輩バンドや関係者からの評価も非常に高い。2016年4月には初の作品を発売。媚びない女性ロックバンドとして、日本の音楽シーンに存在感を放っていく!!

 

PIGGY BANKSのブーフーウー 第2回

yoko(Vo.)、keme(G.)、akko(Ba.)によるスペシャルガールズバンド。メンバー3人の“お気に入り”を紹介するスペシャル連載。

第2回:akko

どーも! 今月の担当はPIGGY BANKSベースのakkoです。ハマってるもの、好きなものとゆうことで、やっぱり鹿児島のことを書きたいと思います。

 

あたくし鹿児島出身、そして鹿児島在住でして、鹿児島から通いながらバンド活動をしています。これ言ったらだいたいみんなに「えー!! 大変だねぇ」とか「できるんだ!?」とか言われるんですが、全然大変じゃないし、やろうと思えばできるんです!!
もちろん、メンバーやスタッフのみなさん、両親、そして何より夫と子供の多大な理解と協力があってこそ!! ですけど。
なので鹿児島でのんびり子育てしながらも東京に行って好きなことが思いっきりできる環境なんて幸せすぎてヤバイ!!!!! ってくらいありがたいことなのです。
話がそれましたが、そんなわけで今回はみなさんなかなか行かないであろう鹿児島の魅力について書いてみたいと思います!

 

PH01_Sakurajima

鹿児島と言えば! まずは桜島でしょう!
つい先日、桜島で鹿児島の野外フェス“WALK INN FES!2016”が開催されました。
「僕らの街は僕らで創る」とゆうコンセプトのもと、鹿児島のスタジオWALK INN STUDIOとライヴハウスCAPARVOの共同主催で行われているフェス。東京から毎年何組かゲストとしてバンドを呼びますが、出演者のほとんどが地元のバンド。
地方のイベントって、とりあえずスポンサー集めてお金払って有名な人呼んでその人達の力でお客さん呼んで…みたいなイベントがけっこうありがちなんだけど、このフェスは、自分達のフェスはまず自分達で盛り上げる! んで、ゲストバンドにはただひたすら鹿児島を楽しんでもらいましょう! とゆう全く逆の発想なんですね。
だから出演者、出店陣、ボランティア、参加してる人達がほんとに楽しんでる。自分達自身が盛り上がれば盛り上がるほどいいフェスになるからです。
今年は3回目にして念願の晴れ!! ステージの後ろに桜島とゆう圧巻のロケーションで、ついに見たかった、見せたかった光景が!!!
見てー!! このライヴしてる後ろでの噴火!!! 地元ピープルでもかっこよすぎて震えるわぁ(笑)。火山の麓で野外フェスなんて世界的に見てもなかなかないはず。

PH02_LIVE_Funka

 

ここんとこは地震もあったり、そもそも原発もあったり、大噴火がくるかも!? なんてウワサもあったりで火山とともに生きるのはもちろんリスクもありますが、やっぱ鹿児島人にはなくてはならない桜島。
そういや、ペルーがスペインに侵略された時にスペイン人がペルー人たちの心を支配するためにやったことの1つとして、太陽信仰の神殿の上に教会を次々と建てたって話をペルーに行った時聞いたのを今思い出したわ〜。
要は人々の祈りの場所を支配することで心のよりどころを奪って言うことを聞かせたってことなんだと思うんだけど、そんな感じで、別に祈ったりはしないけど、桜島がなくなったら鹿児島の人達は心のよりどころをなくしてしまうんだろうなぁとふと思いました。
生きてるうちにぜひ噴火を見に来て欲しいなぁ! で、ぜひ火山灰の洗礼を受けてもらいたいです(笑)。髪の毛バッサバサになるし、真っ黒い鼻くそ出ますよ(笑)。
あとは市内から桜島に行くのに15分フェリーに乗るんですが、フェリーの中で食べるうどんもオススメ。鹿児島人は無条件反射でフェリーに乗ったらうどんを食べます。お腹すいてなくても食べないと気が済まない(笑)。なんてことないうどんなんですけどね。これがおいしいんだなぁ〜。桜島に行く際はぜひお試しを!!

ちなみにこの噴火がとっても似合っているバンドは、「BACKSKiD」とゆう鹿児島のバンド。こちらも鹿児島在住にして4月にイレブンサーティエイトから1stミニアルバム『PAYBACK』を全国発売して只今全国ツアー中! ポップで熱くてゴキゲンなメロコアバンドです。要チェックプリーズです!!!
鹿児島在住バンドと言えば、「THE ACOUSTICS」とゆうボーカル古屋敷くんのとにかくさわやかでいい声がたまらんギターポップバンドも紹介したいなぁ。
NORTHERN BRIGHTなどの活動で知られている新井仁さんが立ち上げたレーベルLIFESTYLE MUSIC RECORDSから4月に7インチのシングルをリリース、6/8にはフルアルバム『STANDARDS』がリリースされるんだけど、彼らは鹿児島在住の社会人バンド。
地元に住み、仕事しながら合間に好きな音楽を楽しむ。その状況で音源が全国流通するなんて、今の時代にはかなり理想的な活動の仕方じゃないですか!?
リリースのサイトを見ていたら、レーベルを立ち上げた新井さんのコメントを発見。「自身の仕事を持ちながらマイペースに、少ない時間をフル活用しながら一生懸命に活動するアーティスト達。そんな素敵なアーティスト達を世に広める手助けになれば、と思ってレーベルを立ち上げました。」とのこと。
ナイスっす!! ナイスすぎます新井さん!!!!(面識はありませんが…笑)。
こんな風に活動していけるバンドが地方に増えたら、地方の音楽シーンはもっと盛り上がるし、シーンが盛り上がってればツアーバンドはもっと地方に行きやすくなると思うんです。
もはや発信地は東京じゃなくてもいい。それを体現してくれるバンドが鹿児島にいるなんて誇らしいぜー。ぜひ「THE ACOUSTICS」、チェックしてみてください。

 

PH03_ACOUSTICS

 

そんで最後にどうしても紹介したかったのは大好きなカレー屋さん「さくらじまJacob spice」。
ここのカレーは美味しくて、東京から友達のバンドが来るとだいたい連れて行きます。この時はサポートでベースを弾かせてもらった鹿児島出身のバンド、「テスラは泣かない」のピアノの飯野桃子ちゃんと一緒に行きました〜。帰り際にお店の大将も一緒にパチリ。

PH04_Jacob_spice

あたし的オススメは鶏のカレーかなぁ。とか言いながら載せてるのは野菜カレーの写真(笑)。最近は鶏のカレーばっかり食べてるんだけど、撮り忘れたから野菜カレーにハマってるときの写真引っ張りだしました〜。パソコンて便利♡

PH05_Yasai_Curry

野菜カレーもだいぶうまいですよ!! まぁ言ってみれば全部うまいんだけどね!!!
鹿児島と言えば、黒豚、さつまあげ、鳥刺し、白熊、魚もうまいし、焼酎…などなど、いわゆるガイドブックに載ってるスタンダードで美味しいものいっぱいあるんですが、この「さくらじまJacob spice」もぜひぜひ立ち寄っていただきたいお店です!!

てなわけで、脈絡のない文章にはなりましたがあたし的鹿児島の魅力でした〜。来月はギターのkemeが担当です。お楽しみに〜〜〜。

 

■リリース情報
1st Album
『タイムスリラー』
プリント
GARURU RECORDS
GRRC-70001
¥2,500(+税)
NOW ON SALE

■ライブ情報
“JOIN ALIVE 2016”
7/17(日) 北海道いわみざわ公園

more info→ http://www.piggybanks.jp/

■プロフィール
PIGGY BANKS
yoko(Vo.)、keme(G.)、akko(Ba.)によるスペシャルガールズバンド。2014年に結成後、様々なライヴやイベントへ神出鬼没に出演してきた。2015年から本格的にライヴ活動を開始し“FUJI ROCK FESTIVAL 2015”、“RISING SUN ROCK FESTIVAL 2015”、“中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2015”等のフェスにも出演。ライヴパフォーマンスに関して、先輩バンドや関係者からの評価も非常に高い。2016年4月には初の作品を発売。媚びない女性ロックバンドとして、日本の音楽シーンに存在感を放っていく!!

 

PIGGY BANKSのブーフーウー 第1回

yoko(Vo.)、keme(G.)、akko(Ba.)によるスペシャルガールズバンド。メンバー3人の“お気に入り”を紹介するスペシャル連載。

第1回:yoko

PH_PB_yoko「PIGGY BANKSのブーフーウー」始まりました!!
初回はわたしyokoから。
PIGGY BANKSの1stアルバムを4月にリリースして現在ツアー中の私たちですが、「そもそもバンド名の由来は?」と聞かれる事が最近多いです。
もう単純な話! 私がブタの貯金箱のコレクターだから(笑)!

きっかけは6年ほど前に友人が海外のお土産でくれたブタちゃん。
それまでブタの貯金箱は日本だけのものだと思っていたので衝撃でした。
もともと収集癖のある私は(鬼太郎グッズ、ぽこにゃんetc)、まぁ〜すぐにハマりまして。
それ以来、自分が訪れた土地では必ずブタを探す日々。
最近では、ヤフオクやメルカリなども利用して、現在約120匹ぐらい自宅に飼っています(笑)。
コレクション棚にずらーっと並んでるブタ景色は素晴らしい!

 

 
PH01_piggybankscase
何が素敵って国によって表情、形が全然違う。
アメリカだと州ごとに別れたものもいます。
あと値段が手頃なものが多いので集めやすい(笑)。
でも見ていると結構有名なブランドからもでていたりするんです。テ◯ファニーとか!
ガラス食器のメーカーとかもだしてました。むー。意外と奥が深いぞ、ブタ貯金箱。
未だに探し求めているブタは、日本の会社が昔売っていたチェンブーバンク。
当時は割と簡単に手に入っていたらしいのですが(ビレバンや雑貨店)、今はもうどこにもなくて…。
特徴的な目つきのブタで国旗シリーズ、バースデーシリーズ、バンドのKISS扮装シリーズなど本当に沢山あるんです。
オークションサイトで検索して、たまに出品していたらラッキーな感じ。
PH02_sekainopiggybanks
先日事務所にかけあって、バンドオリジナル・ブタ貯金箱を作って物販で売りたいとお願いしてみたのですが、ロット数が2万個から〜とかだったので、泣く泣く諦めました。でもいつかは作りたい!

そんなブタ好きによるブタバンド、PIGGY BANKS。
結成して2年、新人ガールズバンド(てへっ)でっす。

これはコインケースですが(写真)、バンドグッズでブタグッズが増えてきて、幸せだ〜!
PH03_coincase
PIGGY BANKS、今後も目一杯動きますのでよろしくお願いします!

 

■リリース情報
1st Album
『タイムスリラー』
プリント
GARURU RECORDS
GRRC-70001
¥2,500(+税)
NOW ON SALE

■ライブ情報
“時間泥棒ツアー”
5/14(土) 名古屋ell.SIZE
5/15(日) 京都磔磔
5/29(日) 札幌KLUB COUNTER ACTION
6/04(土) 渋谷Milkyway (TOUR FINAL)

more info→ http://www.piggybanks.jp/

■プロフィール
PIGGY BANKS
yoko(Vo.)、keme(G.)、akko(Ba.)によるスペシャルガールズバンド。2014年に結成後、様々なライヴやイベントへ神出鬼没に出演してきた。2015年から本格的にライヴ活動を開始し“FUJI ROCK FESTIVAL 2015”、“RISING SUN ROCK FESTIVAL 2015”、“中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2015”等のフェスにも出演。ライヴパフォーマンスに関して、先輩バンドや関係者からの評価も非常に高い。2016年4月には初の作品を発売。媚びない女性ロックバンドとして、日本の音楽シーンに存在感を放っていく!!