全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

DISC NOW Vol:255

音楽関係者が本気でお勧めする1枚!!

『Always with my dream』

Artist : Track’s

THE NINTH APOLLO所属の静岡メロディックパンクバンド、Track’s。昨年は3ヶ月連続自主企画や今年に入ってからはTHE OFFSPRINGと共演など経験を積み重ねライブバンドとして成長を遂げている。
前作『On my way home』から1年ぶりとなる今作は、なんと6曲入り¥1,000! メロディの疾走感の印象が強いが歌詞にも注目していただきたいです。
「この先どんなに時間が経っても僕らきっと、腐らずにいられるさ 」(「17 years」より)未来を感じさせる歌詞、『Always with my dream』のタイトルから、“いつも夢を持つこと”で心を掴まれます。平均年齢20歳。静岡UMBER Track’s今年も攻めます。

THE NINTH APOLLO
TNAD-115
¥1,000+税
2019/2/13 Release

レビュー執筆者:ジャパンミュージックシステム プロモーター

『Navy』

Artist : 39degrees

1曲目のイントロからワクワク止まらねー!! THE NINTH APOLLO所属、東京・町田、3ピースメロディックパンクバンド、39degrees(サーティーナインディグリース)前作から1年ぶりとなる4曲入りシングルを発売!
キャッチーなメロディーの中に哀愁あり、ツインボーカルで魅せる彼らの魅力が入った楽曲。ラストの曲まで最高の展開が待ってます。ライブ観なきゃ始まらない。拳1つでライブハウスに是非来てください。

 

THE NINTH APOLLO
TNAD-114
¥1,000+税
2019/2/13 Release

レビュー執筆者:ジャパンミュージックシステム プロモーター

『BODY』

Artist : AAAMYYY

2018年6月にTempalayに正式的にメンバー加入したAAAMYYYのソロアルバム『BODY』。
呂布のゲストボーカル、TENDREのサポートシンセ、DAOKOへの楽曲提供などを行ってきた彼女がソロアーティストとして切り開いた新境地。バンドの1人がただソロ作品をリリースした…と思ったらいけません!
モデル、CM歌唱提供も行い、ニューアイコンとして注目されるAAAMYYY。彼女の透き通った歌声や作り出す空気、収録曲のタイトル「β2615」や「被験者J」といった言葉遣いなど、バンドとはまた異なるAAAMYYY独自のものを感じさせます。
フィーチャリングにMATTON(PAELLAS)、CONY PLANKTON(TAWINGS)、Computer Magic、JILが参加。
MVが公開された「屍を越えてゆけ」の、歌声の繊細さとそれに相反した芯の強さを感じさせる言葉は、何かに挑戦する人、それを見届ける人にとってきっと特別な曲になると思います。

 

SPACE SHOWER MUSIC
PECF-3222
¥2,315+税
2019/2/6 Release

レビュー執筆者:SPACE SHOWER MUSIC 宣伝 宮治 先月こちらに掲げた2019年の抱負「締切厳守」に加え、「運動不足解消」も加えさせてください。この間、久しぶりに着たスーツに若干余裕を感じられてとても嬉しかったです…。