全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

twitter instagram

今月のリリース Vol:268

今月のおすすめリリース

『Voice』

Artist : 赤いくらげ

にゅ〜うぇ〜ぶサイケデリックPOPパンクロックバンド、赤いくらげ。
全世界の弱者の味方である彼らが2枚目となるフルアルバムをリリース。
 
ハウスサポートK-in
Kin-1001
¥2,273+税
2020/4/8 Rlease
 
https://www.akaikurage.com/
 
 

 
 

レビュー執筆者:

JUNGLE LIFE編集部

『hope』

Artist : マカロニえんぴつ

約2年半ぶりとなる待望のフルアルバムが完成。
数々のタイアップソングに加え、新曲を含む全14曲。
 
M-3「ボーイズ・ミーツ・ワールド」
語りかけるようなはっとり(Vo./G.)の歌声から始まる。
特にサビのメロディーが歌詞をしっかり引き立たせている。
 
M-12「恋人ごっこ」
軽やかなテンポの中に、奥深い歌詞がある。
曲の後半は雰囲気がガラリと変わり、聴き手を飽きさせない。
 
 
TALTO/murffin discs
初回限定盤
TLTO-22
¥3,454+税
通常盤
TLTO-23
¥2,727+税
2020/4/01 Release
 
http://macaroniempitsu.com/
 
「ボーイズ・ミーツ・ワールド」

 
「恋人ごっこ」

 
 


 
 

レビュー執筆者:

JUNGLE LIFE編集部

『海はビア』

Artist : 西片梨帆

彼女の強みである言葉の強さと語り要素が、トラックによって更なる表現力を生み出している。
話題曲「忘れる」を含む1st EPが完成。
 
1998
LNDN-1998
¥1,636+税
2020/4/8 Release
 
http://nishikatariho.com/

レビュー執筆者:

JUNGLE LIFE編集部

『True or False』

Artist : ES-TRUS

名古屋紅一点発情的ロックバンド、ES-TRUS。
楽曲によって様々な表情を見せるES-TRUSの初となる全国流通盤のミニアルバムが完成。
 
HATENA RECORDS
ESRS-0006
¥1,800+税
2020/4/8 Release
 
https://es-trus.wixsite.com/es-trus-official
 

 

 

 

 
 

 
 

レビュー執筆者:

JUNGLE LIFE編集部

『エピソード』

Artist : BAN'S ENCOUNTER

長崎県長崎市発、スリーピースロックバンド。
こころ揺さぶる3rdアルバムが遂にリリース。
 
M-3「ピース」
田原(Dr.)が叩く軽快なドラムリズムに松尾(Vo./G.)の伸びやかな歌声が重なって聴き心地がいい。
島津(Ba.)の爽やかなベースサウンドで曲を締めている。
 
M-8「episode」
イントロから響く鍵盤の音とギターのメロディーのハーモニーがとても綺麗。
繊細な歌詞と切ないサウンドが聴き手の心を揺らすだろう。
 
TNAD-0
¥1,800+税
2020/4/8 Release
 
http://bansencounter.com/
 
「知らない」

 
 

 
 

レビュー執筆者:

『れあもの』

Artist : PARIS on the City!

シンプル且つ大胆な歌詞と曲で表現し続ける4人組ロックバンド。
配信限定シングルにてリリースされた「めぐるちゃん」を含む7曲入りの3rd EP。
 
WaikikiRecord
WAKRD-076
¥1,800+税
2020/4/8 Release
 
https://parisonthecity.aremond.net/
 

 
 

 
 

レビュー執筆者:

JUNGLE LIFE編集部

『Cinderella Liberty』

Artist : コールスロー

山梨県甲府市日本のロック4人組バンド、コールスロー。
捨て曲無しの果てしなくつき刺さる1枚が完成。
 
雨宮製作委員会
AMSI-1002
¥1,800+税
2020/4/1 Release
 
https://callthrowjp.wixsite.com/callthrow-official
 

 
 

 
 

レビュー執筆者:

JUNGLE LIFE編集部

『光の街に見えずとも』

Artist : the satellites

長崎で結成され、現在は東京府中で活動中のthe satellites。
幾度のメンバーチェンジを重ねてきた彼らの2ndミニアルバムが完成。
 
M-2「明けていく街」
疾走感溢れるサウンドと、誰もが共感できる歌詞がテンポよく歌われる。
夢を追う人はきっと背中を押されるだろう。
 
M-3「東京」
語るように、時には叫ぶように歌われる彼らならではの歌詞に胸を打たれる。
彼らの気持ちが垣間見えるような1曲。
 
NE-1004
¥1,500+税
2020/4/8 Release
 
http://www.thesatellites-official.com/
 

 
 

 
 

レビュー執筆者:

JUNGLE LIFE編集部

『SYNCHRONIZE』

Artist : LEODRAT

ひたすらライブを突き詰めてきたLEODRATが約2年半ぶりにミニアルバムをリリース。
彼らの持ち味であるシンガロング必至の歌は更に勢いを増す。
 
Ailet Records
ALT-0017
¥1,600+税
2020/4/8 Release
 
http://leodrat.com/
 

 
 

 
 

レビュー執筆者:

JUNGLE LIFE編集部

『Negative Campaign Ⅲ』

Artist : Negative Campaign

尋常ではないタイム感、クオリティで続々と新曲を生み出している彼ら。
3枚目のフルアルバムを持って更なる新境地へ向かう。
 
Paddy field
PADF-013
¥2,000+税
2020/4/1 Release
 
https://negativecampaign.tumblr.com/
 
 

 
 

レビュー執筆者:

JUNGLE LIFE編集部

『CHEAP COVERS』

Artist : V.A.

全国のライブハウスを騒がせている若手が海外バンドをカバー。
この内容で¥1,000は衝撃。
 
NO CIGAR RECORDS
NCRD-0003
¥1,000+税
2020/4/1 Release
 
NO CIGAR RECORDS Twitter https://twitter.com/nocigarrecords
 
 

 
 

レビュー執筆者:

JUNGLE LIFE編集部

『失踪 / 記憶』

Artist : harue

結成1年半にしてバンドとしての初の両A面シングルを発売。
過去作とは一味違う、未来を見据える渾身の2曲。
 
harue
HRUE-00001
¥500+税
2020/4/1 Release
 
https://artist.aremond.net/harue/

レビュー執筆者:

JUNGLE LIFE編集部

『未来マテリアル』

Artist : Self-Portrait

結成16年目を越えた彼らが奏でるアンサンブルは、渾然一体となって押し寄せる。
喜怒哀楽を詰め込んだ渾身のミニアルバムがリリース。
 
TAIL RECORDS
TAIL-2001
¥1,800+税
2020/4/8 Release
 
https://self-portrait.info/
 
 

 
 

 
 

レビュー執筆者:

JUNGLE LIFE編集部

『未来パイロット』

Artist : aoiro

aoiro史上初の全国流通フルアルバムが完成。
POPSナンバーから、3声を生かしたバラードナンバーと聴き応え充分な作品になっている。
 
ビクターミュージックアーツ
VMAN-020
¥2,727+税
2020/4/8 Release
 
https://aoiro.localinfo.jp/
 
 

 
 

レビュー執筆者:

JUNGLE LIFE編集部

『Irie平和条約』

Artist : SHABA

昨年に新メンバーを迎え、新体制となったSHABA。
勢いの止まらない彼らのニューシングルがTOWER RECORDSで限定リリース。
 
M-1「世界を救う詩」
序盤から疾走感に溢れ、そのまま一緒に歌いたくなる1曲。
しっかり歌を聴かせ、ギターの音色によって曲に厚みが出ている。
 
M-4「奏でる愛を」
1回聴けば耳から離れなくなるようなキャッチーなメロディー。
途中のギターソロはとてもポップに仕上がっている。
 
 
DAYRIGHT RECORDS
DYRT-16
¥1,200+税
2020/4/1 Release
 
https://akaiharu.jimdofree.com/

レビュー執筆者:

JUNGLE LIFE編集部

『Alter Ego』

Artist : SKA FREAKS

PUNKなバンドサウンドにサックスとトロンボーンが絶妙かつ軽快に旋律を織りなす。
ライブバンドが磨き上げた渾身の11曲を収録。
 
M-1「Disgusting Garbage」
かき鳴らすようなギターと細かいドラムのリズムによって生まれる爆発的なイントロ。
このアルバムの始まりに相応しい1曲。
 
M-4「Give It Away」
爽快なテンポとホーンの音色に身体を動かさずにはいられない。
バンドサウンドに軽やかなリズムで歌が乗っている。
 
PINE'S APOLLO
PACD-005
¥2,000+税
2020/4/8 Release
 
http://skafreaks.jp/
 
 

 
 

レビュー執筆者:

JUNGLE LIFE編集部

『swim on the moon』

Artist : Sleeping Girls

青臭く、どこか切ないロックンロールを叫ぶSleeping Girls。
骨太バンドを多く輩出しているBEDROOM REDORDSよりニューカマー。
 
M-1「Naked」
イントロでギターをかき鳴らし、サビでは圧倒的な爆発力を見せている。
伸びやかな歌声も叫び声もバンドサウンドとマッチしてる。
 
M-3「morning haze」
しっかりと心に響いてくる歌声が歌詞を引き立たせる。
はっきりと情景をイメージさせるような1曲。
 
BEDROOM REDORDS
BRCD-2047
¥1,800+税
2020/4/8 Release
 
https://sleepinggirlsjapan.jimdofree.com/
 
 

 
 

レビュー執筆者:

JUNGLE LIFE編集部

『爛漫 / 星占いと朝』

Artist : カネコアヤノ

昨年に出したアルバムでは第12回CDショップ大賞2020入賞作品にも選出されたカネコアヤノ。
勢いの止まらない彼女が早くも両A面シングルをリリース。
 
1994
NNFC-05
¥2,000+税
2020/4/1 Release
 
https://kanekoayano.net/
 
 

 
 

レビュー執筆者:

JUNGLE LIFE編集部

『時計じかけのオレたち』

Artist : 河内REDS

グッドメロディーと秀逸な歌詞が織りなす曲が満載の河内REDS。
時空を越えたアレンジの荒波をサーフするバンドの令和のロックが完成。
 
 
M-1「時計じかけのオレたち」
良い意味で流行りに乗っていないサウンドと歌詞。
幅広い世代に問いかけるような一曲。
 
M-4「あぁ御堂筋」
高い歌唱力と演奏力に加え、ブラスアレンジで曲の世界観を増大させている。
大阪発の彼らならではの歌詞にも注目だ。
 
 
UNIVERSAL SIGMA
UMCK-1653
¥2,700+税
2020/3/25 Release
 
https://kawachireds.com/

レビュー執筆者:

JUNGLE LIFE編集部

『噛む』

Artist : MOSHIMO

可愛くもパワフルな歌声、ポップながら骨太なロックサウンドで若者の心を掴んでいるMOSHIMO。
KOGA RECORDS内に設立したプライベートレーベルから待望のニューアルバムがリリース。
 
 
M-1「もっと」
爆発的なイントロと力強い歌声はとてもインパクトがある。
強靭なサウンドがこのミニアルバムの壮大さを予感させる。
 
M-6「誓いのキス、タバコの匂い」
歌で始まるこの曲はより歌詞を聴き手に届けさせる。
MOSHIMOの楽曲の幅の広さがわかる一曲。
 

 
Noisy/KOCA RECORDS
KONS-001
¥2,000+税
2020/3/18 Release
 
http://band-moshimo.net/

レビュー執筆者:

『うなぎのぼり』

Artist : ヤバイTシャツ屋さん

まさにうなぎのぼりでシーンに名曲を残しているヤバイTシャツ屋さん。
9thシングルも中毒性が高く、若者の心を掴んで離さないだろう。
 
 
M-1「泡 Our Music」
サウンドは少しヘビーで、サビはヤバイTシャツ屋さんらしいキャッチーさがある。
思わず口ずさみたくなるフレーズが散りばめられている。
 
M-3「はたちのうた」
関西のローカル番組「ちちんぷいぷい」のテーマ曲に抜擢されている曲。
20歳を超えている人もそうじゃない人もきっと共感できる歌詞。
 
 
UNIVERSAL SIGMA / BADASS
 
初回限定盤(CD+DVD) 
UMCK-7047
¥1,700+税
通常盤(CD)
UMCK-5687
¥1,300+税
 
2020/3/18 Release
 
http://yabaitshirtsyasan.com

レビュー執筆者:

JUNGLE LIFE編集部

『聖少女症候群』

Artist : †Fanatic

ゲーム「マーダグラム」が大好評を得ているクリエーター、黒野京を中心に結成された†Fanatic。
水槽、タラチオをボーカルに迎え、待望の1stアルバムをリリース。
 
 

 
 
Toynote
FNTC-0001
¥1,500+税
2020/3/11 Release
 
https://twitter.com/Fanatic___RIP

レビュー執筆者:

JUNGLE LIFE編集部

『one』

Artist : ARKS

大阪・堺出身のギターロックバンド。
変わらず突き進みたいという決意が現れた2ndミニアルバムが完成。
 
 
M-1「SAYONARA」
曲の入りはハモリで力強さを倍増している。
サビもとてもキャッチーで、一度聴いたら忘れないだろう。
 
M-2「リボルバー」
恋する女性の戦いを描いている楽曲。
“これは戦い 負ける訳にはいかない”というARKSの決意も込められている。
 
 
ARKS
ARKS-1004
¥1,500+税
2020/4/1 Release
 
http://www.arksmusic.jp/

レビュー執筆者:

JUNGLE LIFE編集部

『ファルコンパンチ』

Artist : THE THROTTLE

前作よりもよりハードなロックサウンドを確立したTHE THROTTLE。
“ロックで踊る”ということを様々な手法で具現化した一枚。
 
 
M-1「SPECIAL DRIVER」
曲の展開の多さで思わず踊りたくなる一曲。
根底にあるしっかりしたロックサウンドが気持ちを昂らせる。
 
M-2「Outer sardine」
軽快に突っ走るビートとそれに乗っかる華やかなメロディーが聴き心地が良い。
ギターの音色も爽快感で溢れている。
 
 
CHIKARA LABEL
CKRL-002
¥1,200+税
2020/3/18 Release
 
https://twitter.com/69thethrottle

レビュー執筆者:

JUNGLE LIFE編集部

『Reverse Youth』

Artist : フィルフリーク

男女5人が織りなす日常を歌詞にしたピアノロックバンド。
様々なドラマに感情を揺さぶられるミニアルバムがリリース。
 
 
M-1「強くなれる」
サビでのツインボーカルの絡み合いが魅力的な曲。
短い曲の中に爽やかなメロディーと爽快なリズムが詰まっている。
 
M-3「ホワイトストロベリー」
間奏のキーボードの音色が曲の壮大さを増幅させている。
感情が垣間見れる歌詞にも注目したい。
 

 
WAVE MASTER/KickAss Japanese
KAJP-006
¥1,800+税
2020/3/11 Release
 
https://www.phillfreak-music.com/

レビュー執筆者:

JUNGLE LIFE編集部

『killswitch Young Lad』

Artist : Broken By The Scream

国内外で話題沸騰中のメタル系スクリーミングアイドル、Broken By The Scream。
ゾンビバンドを率いて2019/10/26に行われたワンマンライブ“killswitch Young Lad”を全編収録。
 
 
DAWN DEAD/株式会社グラウンド・ベース
DADE-00014
¥4,545+税
2020/3/11 Release
 
https://www.brokenbythescream.jp/

レビュー執筆者:

JUNGLE LIFE編集部

『ホワイトブルーとハル』

Artist : アルクリコール

“北海道の音とは何か?”を徹底的に追求した、革新的な一枚が完成。
耐え忍ぶ冬の季節を超えた先に待つ“春”をリスナーと共に目指した1stフルアルバム。
 
 
M-2「春霞」
高音で透き通る歌声に耳が離れなくなる。
キャッチーなメロディーがより一層感傷的な気持ちにさせる。
 
M-3「Freezen」
美しいメロディーラインと大胆なコーラスワークが特徴的な曲。
春の雪解けを感じさせるようなサウンドが耳に残る。
 
 
Yumechika Records/sambafree.inc
HTBY-1902
¥2,500+税
2020/3/18 Release
 
http://alkrecall.com/

レビュー執筆者:

JUNGLE LIFE編集部

『Gate of Ochunism』

Artist : Ochunism

全員20歳という若さだがそれを感じさせないハイクオリティなライブ演奏と圧倒的な歌唱力。
そして楽曲の幅広さにも定評のある彼らが遂に1stフルアルバムを完成させた。
 
 
M-5「glass」
おしゃれなメロディーとしっかり耳に入ってくる歌声がマッチしている。
楽曲とコーラスのハーモニーが歌詞をより引き立たせている。
 
M-9「freefall」
サイケデリックなイントロと演奏力を見せつけるようなサウンドに圧巻される。
曲の展開には驚かざるを得ないほど良い意味で裏切られるだろう。
 

 
Ochunism
OCHU-0225
¥1.818+税
2020/3/25 Release
 
https://twitter.com/ochunisband

レビュー執筆者:

JUNGLE LIFE編集部

『Pristine』

Artist : The Foobars

勢いのあるパンクロックサウンドをベースに洋オルタナ/エモ勢に強い影響を受けている楽曲の数々。
ロックバンドのあるべき姿を常に追い求めながら活動中。
 
 
M-1「Golden Slumbers」
どこか暖かみのあるメロディーが懐かしさを感じさせる。
掛け声がさらにエモーショナルな気持ちにしてくれる。
 
M-2「Pristine」
曲調の抑揚が聴いていてとても心地が良い。
まさにタイトル通り無垢な気持ちになれる一曲。
 
 
LMR007
¥1,100(税込)
2020/3/25 Release
 
http://www.thefoobarsjpn.com/

レビュー執筆者:

JUNGLE LIFE編集部

『第七作品集『無題』』

Artist : downy

2018年に他界したギタリスト青木裕が死の直前まで向き合っていたギターの音が収録されている。
これまでのdownyらしさを残しつつも、バンドとして大きな変化を遂げている作品。
 
 
rhenium records
RHEN-0001
¥2,800+税
2020/3/18 Release
 
https://1fct.net/artists/downy

レビュー執筆者:

JUNGLE LIFE編集部

『vermilion』

Artist : elephant

90年代のUS/UKカルチャー、サウンドを軸にエモからポストロックまで飲み込んで独自の解釈で吐き出すオルタナバンド。
今回のアルバムはVo.森岡の唯一無二の世界観を存分に味わえる一枚となっている。
 
 
M-1「banquet」
アルバムの一曲目を飾るこの曲は、この作品の奥深さを予感させる。
ダークなサウンドに重なる透き通った歌声がとても合っている。
 
M-8「forget me not」
独特なリズムや曲調の展開が聴いていて飽きない。
英詞が流れるように耳に入ってくる。
 

 
diverjent record
DVGR-0001
¥2,273+税
2020/3/25 Release
 
https://twitter.com/elephant_ymg

レビュー執筆者:

JUNGLE LIFE編集部

『犀礼 / Dose Again』

Artist : Arise in Stability

9年ぶりとなる2ndフルアルバムは、更に進化しつつも濃密な情報量と聴きやすさを両立させている。
“虚構”テーマに描かれた60分の壮大な彼らの作品に耳を委ねて欲しい。
 
 
M-1「帰来/Noise Heard in the Moon」
迫力のあるデスボイスと変拍子がこのアルバムの1曲目に相応しいといえる。
かと思えば途中のメロウなギターにより心を掴まれるだろう。
 
M-4「輪廻解脱/Madness Gives Rise to Enlightenment」
痛快なドラムリズムの中にある日本語詞と爽快な楽器隊のアンサンブルが曲の世界観を拡げている。
予想のつかない展開は中毒性の高い仕上がりになっている。
 

 
lastfort records
LFR-0018
¥2,000+税
2020/3/25 Release
 
https://twitter.com/AIS_official

レビュー執筆者:

『なみだ e.p』

Artist : Mr.Nuts

多くの若い世代からの共感を得ているMr.Nuts。
各地のライブハウスで磨いてきたバンドの力を結集させ、過去最高に心に響く楽曲が完成。
 
 
PATATA RECORDS
PATT-010
¥1,000+税
2020/3/11 Release
 
https://mr-nuts.themedia.jp/

レビュー執筆者:

JUNGLE LIFE編集部

『sasayaki』

Artist : なきごと

水上の透き通りつつも力強い歌声と、岡田の女性らしからぬギターテクニックが特徴の2人組。
迫力のあるライブパフォーマンスで観客を魅了している姿からは、“ロックバンド”という2人の頑固たる意志が感じられる。
 
 
M-1「セラミックナイト」
ダンスビートにポップな音色のギターから始まるイントロは思わず身体が弾む。
独特な歌詞にも注目したい。
 
M-3「癖」
日常的なモノを彼女らしい歌詞にしている。
コーラスが入ることによって、聴き手はこの曲により感情が入り込むだろう。
 
 
[NOiD]/murffin discs
NOID-0034
¥1,000+税
2020/3/25 Release
 
https://nakigoto.com/

レビュー執筆者:

JUNGLE LIFE編集部

『土壇場』

Artist : ヱヰ十

ジャンルはおろか、音楽の壁すら気にせず活動している彼ら。
そのライブパフォーマンスは1つの喜劇として確立されている。
 
 
M-3「不変」
思わず身体が動くようなヘビーなサウンドが心臓に響く。
きっと一緒に叫びたくなるだろう。
 
M-5「誤認」
まさにハードコア要素がぎっしり詰まっている曲。
特にギターサウンドは爽快な気分にさせてくれるはず。
 
 
板垣連合
EITO-8881
¥1,888+税
2020/3/25 Release
 
https://twitter.com/x8xHxCx

レビュー執筆者:

JUNGLE LIFE編集部

『People』

Artist : BANGLANG

THE NINTH APOLLO所属、北海道苫小牧の20歳スリーピースロックバンド。
彼らの音の進化に、リスナーは衝撃を受けるだろう。
 
 
M-1「1999」
音色やリズム、どこをとっても特徴的な曲。
でもどこか爽快で、重低音とは裏腹に、気持ちを軽くしてくれる気がする。
 
M-3「破歌」
強烈なサウンドの中にあるボーカルの感情的な声がストレートに心に入ってくる。
部分によっては語りかけるような歌声なので聴きやすさもある。
 
 
THE NINTH APOLLO
TNAD-125
¥1,800+税
2020/4/8 Release
 
https://banglang-banglang.jimdofree.com/

レビュー執筆者:

JUNGLE LIFE編集部

new_umbro banner-umbloi•ÒW—pj