全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

twitter instagram

鹿子ちゃこのゆるゆるららららいふびゅあー#10

らららら〜〜〜〜ん!

2月ももう終わり、早3月になりますね。

この間年明けたのに早〜って毎年言ってるけど、やっぱり今年も早い。

さて、年が明けてから私が何をしているかというと、ひたすら新曲作りに追われています。作っては壊して、また作っては壊しての繰り返しで、この作業は少々病む。
そういった作業をずっとしていると、私は毎度もうこれ以上文章を書く事ができないって思ってしまうんですが、何故か毎度書いている。書いてしまう。思う事があるから。

でも、なかなか思い通りにはいかなくて
悲しくなることも多い。

けど

私負けない。頑張る、

鹿子ちゃこのゆるゆるららららいふびゅあー#9

あけましておめでとうございます!

2020年、あけましたね。
大分遅くなりましたが
本年もよろしくお願い致します。

ということで早速…といきたいところなのですが2020年より、心機一転、去年よりコチラJUNGLE☆LIFEで連載させていただいていた「鹿子ちゃこのゆるゆるららららいびゅあー」より改め「鹿子ちゃこのゆるゆるららららいふびゅあー」へと進化した事をここにお知らせ致します!!

内容としては、ライブからライフ、分野がワイドになりましたよん♪って感じで大体変わらずゆる〜く私の文章を垂れ流すって感じだよ。読んでくれたら嬉しいなぁ。是非、眠れない夜、暇な時にでも読んで!!バナーも新しくなったし?(←関係ない)よろしくお願いします。

さて、年が明けて早ライブを5本やりました。今年初ライブは1月6日から始まってるから、まぁまぁ年始からぶっ込んでる。

そーいえば、年が明ける前に今年(去年?)も年越しはメンバーと過ごしました。京都の一軒家を借りてガキ使を見て、0時には早く早く〜と手を繋いで全員でジャンプするやつをして今年も年越し地球にいなかった奴等になった。

私が高校生の時、彼氏が「俺、年越しの瞬間地球に居なかったんやで〜」と言ってきた事があって「は?なに言っとんやコイツ」って思ったけど、そこで初めてカウントダウンでジャンプするやつを教えてもらって、かなり衝撃を受けたのを覚えている。それから、年越しする度に、私も地球に居ない奴になりたいと思いだすようになった。それにほぼ毎年付き合ってくれているメンバーは本当に偉大だ。私が将来結婚する人の条件としても、一緒にジャンプしてくれるっていうのは必ず含まれる。メンバーは合格済。優しさとか表面的なやつじゃなくて、人生をどう生きていくかみたいな部分ってこういうところに人間出る気がするんだよなーー。

だからみんな、結婚するなら一緒にジャンプしてくれる人を選べば良いと思う。な。

あーー!!年越しで思い出したけど
今年年越し蕎麦食べてない。

そうよそれがそれどころじゃなかったからね。キャスでもライブでもめっちゃ話してるから、知ってる人もきっといるけど、年明けラップ音がやばくてね、夜中初詣に行って朝方その一軒家に帰って、ちょっと寝ようかーってしてたら、バンッ!バンッ!ていろんな方向から音が鳴り出して、で、もうパニックですよ。みんな叩き起こして塩被って速攻帰った。すんごい年明け。

いや。もう、逆にさ今年こそ売れるんじゃ?って思ったよねー。座敷童的な。これ以上悪くなんかなり様ないからね、、いくら霊であっても無理だよ〜。辛い時こそ笑う〜

あ、そういえば、口角をあげれば、脳が錯覚して幸せになるらしいよ。理に適ってるね。

頑張って生きていこ

個性を殺さなきゃ生きていけない糞残念な世界なんで、わからん奴にはわからんで来たけど、まじムカつくからやるしかないです。
逆襲の年。

2020年やるぞ。よろしくお願いします。

■密会と耳鳴り
https://mikkaitomiminari.wixsite.com/mikkaitomiminari

鹿子ちゃこのゆるゆるららららいびゅあー♡#8

 
 
 
ぼよょーん!!みんな~鹿子ちゃこだよ!
 
 
さて、今回も特別編です!!!
 
 
先週、3つ目の記事を上げさせていただきました、“京都大作戦2019~倍返しです!喰らいな祭~”の、“ららららいびゅあー♡”4週目!なんと特別編は、今回で最終回になりま~す!!!(パチパチパチパチ~)
 
 
最終回とか、、長いようで短かかったなぁああああああああ。。とにかく4日とも、ちゃんと開催できて本当に良かったし、私も4日とも起きられて本当に良かった。良かった良かった。
 
 
という事で早速特別編最終回の“ゆるびゅあ”へいっちゃいたいと思いま~す!!!!
 
 
レッツゴーーーー!!!
 
 
 
 
 
 
 
 
7月7日 天気:曇り
 
 
本日も過ごしやすい天候~!!いぇーい!
 
 
そんな中、私が最初に“ゆるびゅあ”するのは、 04 Limited Sazabys!!
 
 
「いくぞ~!大作戦~!」とGENさんが煽ると、一曲目「Squall」からライブはスタート!キレキレの演奏と高音ボイスに早速テンションが上がる。
 
 
続いてドラムのビートから「Kitchen」「swim」へと流れる。会場は手拍子、サークル、ダイブで大変な盛り上がり。皆めちゃくちゃ笑顔で最っ高に楽しそうでした。
 
 
そしてMCでは、「七夕楽しみにして来ました!3年ぶりの源氏ノ舞台、大変光栄です。雨って聞いてたから、今日は「Squall」始まりやと思ったら晴れとるやないかー!熱意と思いが詰まっていると奇跡は起きるもんだと思っています。4日目最終日、ピークはこれからだと思うんで、一緒に超えていきましょう。エネルギー有り余ってるから持って帰って~」とGENさんが言い、そのまま「message」へ。青空が似合いすぎるこの曲。海行きたくなってくる。←行く友達おらんけど。(だいたいどうやって作るんだよ友達)
 
 
そして、続けて「fiction」「Alien」を披露。本当、04 Limited Sazabysの曲は、キャッチーで歌いたくなる曲が多い。だからなのか、皆めちゃくちゃ歌ってた。そんで、その気持ちがすごく良くわかる。なんならギターソロすら歌いたいもんね。キャッチーとは正義。
 
 
そして再びMCでは「3年ぶりの大作戦。ここに帰ってきたら忘れてた物を取り戻せる気がするし、バンドってやっぱり最高だなって思います。昔から歌ってる大切な曲やってもいいですか?」と、そのまま「Buster call」「monolith」を披露。動き、サウンドがバチバチにハマっていて、観ていて本当に楽しい。高く飛んで空中で足上げるみたいなジャンプ私もやりたい。あれどうやるんやろ。かっこいいなぁ。。
 
 
そこから、皆が忘れないようにとラストに「Remember」を披露。途中「ちゃんと持って帰った?心配だなぁ」と言うと、ラストでもう一度「Remember」を演っていた。2回も!!テンションアガッタナァ!!そのまますごい盛り上がりは最後まで続き、ライブはフィニッシュ!きっと皆、絶対に忘れられないライブになっただろうなぁ。。最高に楽しかったです~~(わーい)
 
 
 
 

 
 
 
そして続いて、私が“らいびゅあ”したのは、My Hair is Bad です!!
 
 
日差しが丁度いい感じに差し込む中、一斉に楽器を鳴らすと「京都大作戦~!4日目~!最終日~!」と椎木さんが叫ぶ。そしてそのまま一曲目「アフターアワー」へと流れ込みライブはスタート。
 
 
エモーショナルな演奏に心の叫びのような歌が絡み合い、会場は一気にマイヘアワールドに包まれる。そして続けて「熱狂を終え」を披露。私が海老だったら茹で上がるのではないか?と思うくらいの熱いライブ。
 
 
「My Hair is Badです。よろしくお願いします。自分らしくやれるように、100パーセント出して帰ります」と言うと続けて「ドラマみたいだ」を披露した。
 
 
そして曲が終わると「この時間を僕たちにくれて、ありがとうございます。この大切な貴重な時間を思い切りやります。2年ぶりに夢の舞台に立たせてもらって、興奮しています。暑いので気をつけてください」と伝え、ライブでは初披露という「君が海」を披露。会場は拳を突き上げ、全員が演奏に歌詞に歌に耳を傾けていた。
 
 
そして、そのまま「クリサンセマム」「元彼氏として」を立て続けに披露。曲が終わると、激情なMCで会場に居る人々の心を揺さぶる。今日ここでしか感じられない、台本なしの本当の“生”のライブ。そして、流れ込むように「フロムナウオン」へと繋がる。
 
 
ラストには「10-FEETに愛を込めて!京都大作戦に愛を込めて!皆に愛を込めて!」と心からの気持ちを叫び「告白」を披露した。「告白」では思わず、 TAKUMAさんがステージへ飛び出してくるシーンもあった。やはり、“生”のライブは、人の心を動かす。今日は今日で、ここでしかない、本当にそんなライブでした。かっこよかったです。
 
 
 
 

 
 
 
そして、次で“京都大作戦2019”最後、、特別編最後の“らいびゅあ”は、もちろん大トリ 10-FEET です!!!
 
 
この光景を観るのも今日で最後なのかぁ。。と思うと少し寂しくなる。。もし、行けたとしても(出演できたとしても←)来年までは絶対に観れないのです。このタオルで埋め尽くされた太陽が丘を目に焼き付ける。あぁ~4日間のクライマックスがもうすぐそこまで来ている。
 
 
壮大なSEが流れ出し、最初に登場したのはKOUICHIさん。KOUICHIさんはHEY-SMITHのタオルを掲げていた。そして、NAOKIさんTAKUMAさんの順番で登場。
 
 
無言のまま、ギターリフが鳴り響く。始まったのは「RIVER」だ。全員が待っていたこの瞬間。一曲目というのに、これがピークじゃない?と思うほどの盛り上がり。 TAKUMAさんは、歌詞を1番では“流れゆく宇治川♪”、2番では“流れゆく天の川♪”と変えて歌っていた。もちろん、その度に会場のボルテージはグングン上がっていく。
 
 
TAKUMAさんは3日間(私が観れたのが3日)で一番穏やかな表情をしていたように見えた。
 
 
そして、「ありがとう!」と一言伝えると、「goes on」「ハローフィクサー」「STONE COLD BREAK」を立て続けに披露。
 
 
「見せてもらうよ!一瞬で火をつけろ!」と「STONE COLD BREAK」に入るものの一瞬でストップがかかる。「全然違う。全然足りない。それじゃあ、始まらないよ、今より凄いのいける?俺はミラクルを起こしに来たー!」とTAKUMAさんが煽る。
 
 
再び曲が始まると、これはミラクルが起きているのではないか!?と思うくらいの凄まじい盛り上がりを見せる。これが“京都大作戦”。人の波が凄まじい。
 
 
そして、MCでは「優しさ、想像力、相手の気持ち、どんな気持ちかな?ってその人の気持ちを想像する、相手の気持ちになりきって考える。あなたのスタイルで寄り添ってあげろ」とTAKUMAさんが言う。そのまま流れ込むように「アンテナラスト」へ。このMCの後に、この曲なんて、、、沁みすぎて、おでんの大根になっちゃう。
 
 
「乗り越えていこう!乗り越えていこう!乗り越えていこう!男前になること、女前になること、あきらめんなよ!お前の人生はお前のワンアクションで変わっていくぞ。ここぞというときはビシッと歯を食いしばって、役者になれよ!」と会場への真っ直ぐなメッセージを伝えると、そのまま「その向こうへ」を披露。続けて「1sec.」へ。
 
 
そして、ラストはこの曲、「ヒトリセカイ」を披露し「お別れや!ありがとう!いい感じに変えていこうな!」と伝え、ライブ本編はピークのまま終了した。
 
 
愛の放射線みたいなライブ。その瞬間瞬間のTAKUMAさんの言葉が沁みすぎて私は、ライブ後、もはや、大根になっていた。(ついでに足も)
 
 
 
 
PS.
この後、10-FEET はアンコールを3曲披露し、最後の曲は「CHERRY BLOSSOM」で、最終日、“京都大作戦2019”は幕を閉じました。(イェーイ!!)(パチパチパチパチ)
 
 
 
 

 
 
 
本当に楽しかった4日間。毎回ストーリーがあって、違う表情で、本当にかっこ良かった 10-FEET 。4日間もあんなに大きなフェスを開催するなんて、わたしには想像できないくらい大変な事なんだろうなと改めて思った。
ただ、お客さんの表情が本当にキラキラしていて、私にも少しだけ、毎年開催する理由がわかったような気がしました。
 
 
今回こんなに素敵なフェスの“ゆるびゅあ”ができて本当に良かったです。
 
 
ただ、観るのももちろん楽しいけど、やっぱり私も出たいというのが本音。力尽きないように頑張らなきゃ。とにかく今は曲をいっぱい作る。そして備えます。(えいえいおー)
 
 
という事で、ここまで読んでくれて本当にありがとうございました!そして、お疲れ様でした!!!私は少し疲れたので寝ます!!!
 
 
 
 
では、また会いましょう!!!
 
 
密会と耳鳴り 鹿子ちゃこでした☆
 
 
ばーいびーー!!
 
 
 
 
 
 

 
 
 
1日目の“ららららいびゅあー♡”はこちら
2日目の“ららららいびゅあー♡”はこちら
3日目の“ららららいびゅあー♡”はこちら
 
 
 
 

鹿子ちゃこのゆるゆるららららいびゅあー♡#7

 
 
 
ほよょよょ~!みんな~鹿子ちゃこだよ!
 
 
さて、今回も特別編!!
 
 
先週、2つ目の記事を上げさせていただきました、“京都大作戦2019~倍返しです!喰らいな祭~”の、“ららららいびゅあー♡”3週目で~~す!!!(パチパチパチパチ~)
 
 
“大作戦2019”3日目の、この日は、私も夕方から大阪でライブが決まっていたので、朝のみの“らいびゅあ”でした。それもあり、ちょっとボリュームは少ないかもやねんけど、かなりタイトに頑張ってきたので是非読んでほしいです!(よろ)
 
 
ちなみに、毎回書いてますが、特別編は、週に一度、4週に渡って、記事をUPしていってるからね、まだ知らんかったよって人は是非チェックしてほしいです。よろしくお願いします。
 
 
では、早速“ゆるびゅあ”!!
いっちゃいま~~~す!
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
7月6日 天気:曇り
 
 
本日最初の“ゆるびゅあ”は キュウソネコカミ です!
 
 
キュウソネコカミは、もういつの事やら、CDをタワレコで試聴して、即買いし(試聴で即買いしたのはキュウソが初めてやったかも)初めて2012/12/31の年越しライブで観て、そこからずっと大好きなバンドで、だから“京都大作戦”で観られるのをめちゃくちゃ楽しみにしていました。
 
 
セイヤさんの「3年ぶり、見せてやろう!キュウソネコカミじゃぁ~」という言葉で1曲目「MEGA SHAKE IT!」がスタート!!
いきなり、モッシュが起きていたり、ヨコタさんのコーラスと共に手をあげたり朝一なのに皆元気すぎる。すごい。皆今日をキュウソネコカミを超楽しみにしてたんだな~。曲中の“家 家 家 家 HOUSE MUSIC♪”の所も「準備体操いくぞー!」とセイヤさんが煽り、みんなでダンス。そして、その勢いのまま「朝っぱらからメンヘラとの付き合い方を歌います」と「メンヘラちゃん」へ。
こんな奴おる!おる!と激しく共感する。依存する事が愛ではないよね。でも、依存されると離れられなくなるんだよね。なんでだよ!←
 
 
そして「ギリ昭和」「KENKO不KENKO」を続けて披露。「ギリ昭和」ではヨコタさんのショルダーキーボードが炸裂していました。
 
 
MCでは、「3年ぶりに“京都大作戦”に来ました。3年前に牛若のステージに出させてもらったけど、2年間呼ばれへんかったから、もう呼ばれへんのかと思ってたけど呼ばれて良かったです。今年は4日間あって良かったです。だけど4日間あったからじゃなく、この先も、俺たちは大作戦に出たい!」「今日は一発目、もっとイケるやろ~!!」とセイヤさんが煽り、その勢いのまま「ビビった」へ!!
 
 
「ビビった」の歌詞、ほんと好き。
所属レコード会社の“Victor”と“ビビった”を掛けてるっていう部分にもセイヤさんの遊び心を感じるし、歌詞はもう抜き取ってピックアップする事ができないくらいに全てに共感。天才。後、MVも超おもしろくて、ほんと天才。
 
 
続けて、同じアルバムに収録されている「KMDT25」を披露。曲中、盆踊りをみんなでしたり、会場は最高潮!そのまま「The band」「TOSHI-LOWさん」と続き「TOSHI-LOWさん」では、セイヤさんが客席に降りて、お客さんと「勝負するかー!」とハイタッチ勝負。凄まじい勢いでセイヤさんの方へ流れていく人々。
 
 
そして、ラストは「大作戦でメチャクチャやりたいから他のバンドがやらなそうな事やって帰ります~」とまさかの新曲を披露し、ライブはフィニッシュ!!
 
 
相変わらずめちゃくちゃ熱いライブ。
生命力を感じたなぁ~いや~かっこよかった。
 
 
 
 

 
 
 
そして続いて、2バンド目ですが、本日最後の“らいびゅあ”!!GLIM SPANKYです。
 
 
幻想的なSEで登場の後、一曲目「愚か者たち」からライブはスタート。ドラム、ベース、キーボードと、亀本さんのTHEギタリストなギターの音とレミさんのハスキーボイスが絡みあって、世界観が眩しい。
会場は一気に GLIM SPANKY ワールドに飲み込まれる。
 
 
一曲目が終わると立て続けに「TV Show」「怒りをくれよ」を披露。
めちゃくちゃ難しそうなメロディを余裕で歌い上げるレミさん。綺麗なミルクティー色のロングヘアが風になびいて、めちゃくちゃ綺麗。
 
 
そして「改めましてこんにちは、GLIM SPANKYです。10-FEETのみなさん呼んでくれてありがとうございます、とても楽しみにしてきました。今日はGLIM SPANKYなりのロックンロールをやって帰ります。よろしくお願いします」と挨拶をし、すぐ次の曲「ハートが冷める前に」に突入。リズムがかっこいい~!!ダウナーな歌い方にうっとり。会場も皆うっとりしていました。そして「The Flowers」へ。アラビアな雰囲気の不思議な音で曲に入り、ラクダと旅をしている情景が思い浮かんだ。まるでアラジンよ。
どんどん、絵本の中を旅しているようなそんな感覚になっていく。
 
 
そして、曲が終わると「久しぶりの野外、ここからスタートできるのを嬉しく思います。次は大学の時に作った曲。バンドを辞めろとか言われて就職しようかな。と考えてたけど、いつになっても瞳がキラキラしている人になりたいと思って、そんな時に作った曲をやります」と「大人になったら」を弾き語りで歌い始める。優しい声とギターだけが、響き渡り、会場を包み込む。心地の良い空間。“この世の全ては/大人になったら解るのかい?”
 
 
そして、最後は「アイスタンドアローン」を披露してライブはフィニッシュ。
 
 
絵本をみているような、そんな物語が情景が見える曲たちばかりで、かっこよかったです。GLIM SPANKY 。
 
 
 
 

 
 
 
という事で、GLIM SPANKY が終わり、私は急いで大阪へ移動。
 
 
少ししか居れなかったけど、3日目も楽しかったなぁ~。雨も降らず曇り空で過ごしやすかったし。(太陽は苦手なので)
 
 
という事で、“京都大作戦2019”3日目の“ゆるびゅあ”はここまでで終了です!!
 
 
お次は最終日!!!
 
 
また来週更新するので
是非、皆ミテクダサイNaaaa!!!!
 
 
では、3日目おつかれ様でした!
 
 
ばーいばーいきーん
 
 
 
 

 
 
 
1日目の“ららららいびゅあー♡”はこちら
2日目の“ららららいびゅあー♡”はこちら
 
 
 
 

鹿子ちゃこのゆるゆるららららいびゅあー♡#6

 
 
 
へぇえい!!!みんな~鹿子ちゃこだよ!
 
 
さて、今回も特別編!
 
 
前回、1つ目の記事を上げさせていただきました、“京都大作戦2019~倍返しです!喰らいな祭~”の、“ららららいびゅあー♡”2週目で~~す!!!(パチパチパチパチ~)
 
 
特別編という事で、週に一度、4週に渡って、記事をUPしていってます。まだ知らんかったよって人は是非チェックしてほしいなぁ。。よろしくお願いします。
 
 
という事で早速“ゆるびゅあ”!!
いっちゃいま~~~す!
 
 
 
 
6月30日 天気:雨のち晴れ
 
 
この日は朝からあいにくの雨。。しかも、結構激しく降っているではないか~~。。(ガーン)
 
 
 
 

 
 
 
こんな事もあろうかと、買っておいたレインコートが大活躍しました。可愛いお花柄。
 
 
そういえば皆さん、様々な柄のレインコートを着ていて「あれ可愛い。。これ可愛い!」と見るのが楽しかったなぁ(←雨の日のフェスならではの楽しみ方だね~?)
 
 
 
 
さて、この日最初の“らいびゅあ”は クリープハイプ です。
 
 
「ちょうど良い感じに雨で濡れていると思うので、セックスの歌からはじめたいと思います」という尾崎さんの言葉からライブはスタート!一曲目は私がクリープハイプを知るきっかけにもなった曲。「HE IS MINE」。
 
 
ちょうど、この曲を聴きまくっていたタイミングで、年上のイケてるメンズと良い感じになっていたという思い出があり、この曲を聴くと、今でもその時の事を淡~く思い出してしまう。逃した魚は〇◯〇。私の場合、今度会っても何もなく終了してしまったのですが、さすが“京都大作戦”。“今度会ったら”からの“セックスしよう”が突き抜けて空まで響いていました。すごい。
 
 
その盛り上がりのまま、続いてこれまた私が大好きな曲「鬼」。イントロからのなんとも言えないコード感からのズシズシと迫りくるリズムにキャッチーなギターリフ。このイントロが始まった時点で、もう完全にクリープハイプワールドに持っていかれちゃうんですよね~。(会場もワールドに持っていかれてた)そして立て続けに「おばけでいいからはやくきて」を披露。
 
 
 
 

 
 
 
MCでは「TAKUMAさんから直接電話がかかってきて、なんか怒られる事したかな?と思って出たら京都大作戦のオファーで、今日出る事ができました」って話を尾崎さんがしていた。こんなにも大きなフェスで、TAKUMAさんが直接電話をかけてオファーをしているって、やっぱり“京都大作戦”というフェスには愛があるなぁと感じた。
 
 
そして、お次は「ラブホテル」。
曲中、尾崎さんが「夏のせいにしたい事ばかりです。さっきトイレに行って、ドアを開けたらギターの小川君がいて、ドアを開けておじさんがいたから、気持ち悪くて、早くその光景を、この素晴らしい景色で書き消したいです」と言っていた(笑)。で、その話で思い出したのやけど、昔ライブハウスのトイレで、ものすごい大物が出たから、メンバー2人に見せたらめちゃくちゃ引かれたっていう出来事があって、もしかしたら、あの2人も私が見せたあの光景を、ライブハウスで見た素晴らしい景色で掻き消してたんかな?とか想像してちょっと笑ってしまった。(なんの話)そして、「ラブホテル」が終わると「手と手」「イト」を立て続けに披露。ラストは「綺麗に咲くのは先輩に任せて、綺麗に散る桜を歌います」と「栞」を披露。ピンクの照明が桜を表現していて、すごく綺麗でした。雨はすごく降っていたけど、クリープハイプワールドがシャボン玉のドームを作っていて、その中でライブを観ているような、そんな心地よさがあるライブでした。かっこ良かった。
 
 
 
 

 
 
 
そして続いて、私が“らいびゅあ”したのは、WANIMA です!!
 
 
なんと、あれだけ降りまくっていた雨が止んでいる…?!びっくり。
 
 
「開催しまーす!」というお馴染みの掛け声でライブはスタート!!一曲目は「いいから」。あがる!!歌詞めっちゃチャラい(笑)のにこんなにかっこいいとか、ズルイ。こんなん好きになっちゃう。。会場は一曲目とは思えん程の盛り上がりを見せていました。そして「俺たちが10-FEETに作った曲!!」と冗談(笑)を言った後に、10-FEETの「VIBES BY VIBES」を披露!これまた、ものすごい盛り上がり。バンドがバンドの曲をカバーするって、リスペクトを感じるし、この日しか聴けないレア感があってめっちゃ嬉しいよね~。これだけで、もう今日来て良かったなーって思えるし。きっと皆そう思ってたと思います。 ちなみに途中、TAKUMAさんNAOKIさんKOUICHIさんも乱入して、一緒に歌ったりとかもしてました。最高。
 
 
曲が終わるとKENTAさんが「「VIBES BY VIBES」は、10-FEETにあげたいと思います」と言っていた。(笑)←これめっちゃウケてた。(私も誰かの曲を演奏した後に、このセリフ使いたい)そしてそこから「アゲイン」「渚の泡沫」「BIG UP」と立て続けに披露。
 
 
曲途中では、FUJIさんがドラムを叩きながらサングラスを掛けて、長渕剛さんのモノマネで「大作戦に幸あれ~」と乾杯を歌っていた(笑)。これもめちゃくちゃ良かった。本当ライブがバラエティに富んでいる。
 
 
そしてお次は「ともに」「シグナル」とキラーチューンを披露。「シグナル」途中では、「TAKUMA!KOUICHI!NAOKI!」のコールアンドレスポンスで大盛り上がり。曲最後には「アンコール!」と煽り、会場は最高潮に達していた。会場に居る人みーんな声出してたな。
 
 
そして、ラストは「Hey Lady」でライブはフィニッシュ。
 
 
WANIMAは本当に太陽みたいなバンドで(途中あれだけ降ってた雨も止み、太陽まで出ちゃってたし。まじで太陽の妖精とかなんじゃないかな?と思う)会場みんな最高の笑顔やったのが、めちゃくちゃ印象的でした。みんなを笑顔にできるバンドって本当すごいよなぁ。かっこ良かったです。
 
 
 
 

 
 
 
そして、この日最後の“らいびゅあ”は、もちろん大トリ 10-FEET !
 
 
天気もなんとか持ちこたえ、今日もタオルで会場が埋まる。はぁ今日も綺麗だ。そして壮大なSEで登場ののち、TAKUMAさんの「行こかー!!」という言葉でライブは始まる。一曲目は「VIBES BY VIBES」。今日のお昼にも一度聴いていたので本日二度目の「VIBES BY VIBES」。何回聴いても楽しい。TAKUMAさんの「飛べー!」の煽りには、ほぼ全員がジャンプし、空に伸びた手がめっちゃ綺麗。まるで、ひまわり畑でした。その盛り上がりのまま二曲目「Fin」へ。サビのメロディと、ちょうど暗くなってきている空の色とがマッチし、自然と音楽の今日ここでしか感じられない瞬間を感じてめっちゃエモい。
 
 
そして、続けて大阪籠球会(バスケットボール/フリースタイルバスケットボールチーム)も加わり「goes on」へ。バスケもかっこいいし曲もかっこいい。相乗効果。映え。最後にボールを上にポーンと投げて、落ちてきた所で演奏で締めていたのがすごい印象的な場面だった。会場は、大きなサークルができてたり、すごい盛り上がりで、皆がどれほど、この日を心待ちにしていたかがわかる。
 
 
曲が終わるとTAKUMAさんは「ありがとうしかない、ほんまに」と一言。この一言に、たくさんの思いがこもっているのが伝わってくる。そして、「風」。歌から始まりTAKUMAさんの声が会場に響き渡る。
 
 
続けて「太陽4号」「ハローフィクサー」。「太陽4号」の“雨が上がりました”の部分はまさに今の状況にピッタリで、TAKUMAさんは語りかけるようにして歌っていた。ほんと雨はすっかり上がっていた。良かった。
 
 
そして、MC。
TAKUMAさんは心の叫びをさらけ出していた。
 
 
「もっとムキになりたいし、まだ足りひんねん。ずっとバンドやって20年以上、“京都大作戦”も10年以上やって、いろんな感動があったけど今日を一番にしたい!心がドキドキして、手が震えるぐらい、声が震えるぐらい、いつもそうなりたいのに」
 
 
「皆も一番良い時の自分を、出せる時、出せへん時、今はお前にとってピークか?」
 
 
「そんなもん降って湧いてこうへん。そこへ向かい続けるしかない。今までで一番のライブになるか分からんけど、ボロボロかもしらんけど行ってみよう」
 
 
と言い「ヒトリセカイ」へ。もう、この場面めちゃくちゃかっこ良かった。全人類見ろ。
 
 
そして、ラストは「RIVER」。
「友達呼んで良い?」とTAKUMAさんが言うと、Dragon AshのKjさんが、まさかの客席から登場。ジーマ奢ってもらってたらしい(笑)。そして、SiMのMAHさんも登場し、何故か、KOUICHIさんとMAHさんが客席のサークルの中へ行くことに。(Kjさんがドラムを担当)このサプライズに、会場はめちゃくちゃ盛り上がってた。それで携帯のライトをみーんながつけて、照らすやつをやって。それがもうありえへんくらいめちゃくちゃ綺麗で、一面が光で、ここは、なばなの里かな?って思った。
 
 
そして、曲は展開していき終盤「KOUICHI、MAHさようなら」とTAKUMAさんが言うと、どこかに流されていき、そのままライブはフィニッシュ(笑)。
 
 
ほんと笑いあり涙ありのライブでめちゃくちゃ楽しかった。そして、かっこ良かった。。
 
 
このあと、アンコールを2曲披露し、2日目の京都大作戦は幕を閉じた。
 
 
 
 

 
 
 
はぁ~2日目も本当超~楽しかったなぁ~!雨は少し降っちゃったけど、全然どうって事なかった。何より開催出来て本当に良かったですね。
 
 
という事で、“京都大作戦2019”2日目の“ゆるびゅあ”はここまでで終了です!!
 
 
引き続き6日、7日分を更新するので、
是非、またミテクダサイNE!!!
 
 
では、2日目おつかれ様でした!
 
 
ばーいばーいきーん
 
 
 
 
1日目の“ららららいびゅあー♡”はこちら
 
 
 
 

鹿子ちゃこのゆるゆるららららいびゅあー♡#5

 
 
 
はぁぁい!!!みんな〜鹿子ちゃこだよ!
 
 
今回はなんと、特別編!という事で
4週に渡って、記事をUPしてゆきます!
 
 
というのも、6月29日、30日、7月6日、7日に開催された“京都大作戦2019~倍返しです!喰らいな祭~”を、4日間“ららららいびゅあー♡”してきたから!!(パチパチパチパチ)やばいよね“京都大作戦”の“ゆるびゅあ”とか!めちゃくちゃ嬉しい。。
 
 
去年の“京都大作戦”は、残念ながら台風で中止になってしまったので、今年は倍返し!!最初の2日は2018年の分。後の2日が2019年の分といった感じで4日間の開催なんですよね。すごい!すごいなぁ。。
 
 
という事で、これから4週に渡って“らいびゅあ”公開していこうと思ってますので、みんな是非、毎週チェックしてね。喜びます。
 
 
じゃあ、早速!いっちゃいまーす!
 
 
 
 
6月29日 天気:曇りのち晴れ時々雨
 
 
週間天気予報では雨だった天気が前日に曇りになり、朝には、なんと太陽まで出ている!嬉しい!私は、普段こんなキッカケがないと日中に外に出る事がないので、今年初めて夏を感じたのだ。ジリジリ太陽。
 
 
そして、そんな夏感満載の中、私が最初に“らいびゅあ”したのは ORANGE RANGE。
 
 
 
 
夏が似合いすぎている。
 
 
実は、私の青春はORANGE RANGEで出来ている。CDもDVDも全部集めて、部屋中はORANGE RANGEのポスターまみれだった学生時代。特にHIROKIさんとは、いつか結婚すると思っていた。←ヤバい。
そのくらい大好きなORANGE RANGEなのですが、実は、ライブには一度も行った事がなかったの。今、そんなバンドが私の目の前にいる。
 
 
 
 

 
 
 
 
THE沖縄!なSEで登場ののち、一曲目は「上海ハニー」!!会場は、言うまでもなく爆上がり。夏がキターーって感じ。私も思わずシーサー!!って叫びたくなったもん。←(ん??)曲途中、RYOさんが「カチャーシー」っていう沖縄のイーヤーサーサーの踊りのやつを皆にレクチャーする部分があったのやけど、あれめちゃくちゃ良かったな。会場が一つになり、あれ?ここ沖縄かな?と思った。ワープしたの。沖縄に。ORANGE RANGEが沖縄に連れて行ってくれた。曲の中で、旅行に行けちゃう曲なんて、本当すごいよなぁ。かっこいい。
 
 
そして、そこからの「Ryukyu Wind」。この曲を始める前にHIROKIさんがライブでの注意事項として、「上海ハニーみたいな曲では盛り上がるけど、新しめの曲ではスーンってなるから、それは今日はやめてね」って言ってたけど、スーンどころか、ジャンプしたり、手拍ししたりで、すんごい盛り上りをみせていた!!からの「以心電信」では“僕らはいつも以心伝心♪”のコールアンドレスポンス!「楽園Paradise」では「踊る時間ですよー!」と、みんなでジャンプ!楽しさ最高潮の中、続けて「SUSHI食べたい feat.ソイソース」を披露。私この曲めっちゃ好きなんだよな。まず寿司食べたいに激しく共感するし。ラップに寿司ネタがハマりすぎていて、めちゃくちゃ歌いたくなる。特に“関サバ アジ ホタテ”のとこ。てか、寿司ってなんであんなに急に食べたくなるんだろな。と言っても私、ほぼえびしか食べられないんやけど。美味しいよね寿司。NO寿司NO LIFEは正に!!そして曲の変態感も好き。←褒めてます。テトリスって感じ!!←わかる人いますか?(笑)とにかく好きなの。
 
 
ライブ中私だったら、この世の終わりの日に何食べるだろなって考えさせられたんやけど、めちゃくちゃ悩んだ結果、ラーメンが選ばれました。(←もう、すんごーく美味しくて、大好きなラーメン屋さんがあって。そのラーメン限定なのやけど。直接だったらお店教えてあげるよ。←要らん)あー、、、食べたくなってきた。そんな事を考えながら、聴いていたら、最後、HIROKIさんの「水飲みたい」で曲は終了。めっちゃわかる。めっちゃ水飲みたい。ちょうど今水飲みたい。
 
 
からの「イケナイ太陽」そしてラストの曲「キリキリマイ」!!キリキリマイの始まりは、みんなドラムに集まって、後ろを向きながら演奏。←これ、めちゃくちゃかっこよかった。そうだ!これがORANGE RANGEだ!と言わんばかりに、キレキレの演奏に、会場が一つとなり、ライブはフィニッシュ。ライブ終わりは、10-FEETのTAKUMAさんが出てきてHIROKIさんにお誕生日ケーキを渡していた。おめでとうございます!!
 
 
 
 

 
 
 
 
そして、続いて私が“らいびゅあ”したのは、マキシマム ザ ホルモン。
 
 
鬼のようなキラーチューン「恋のメガラバ」でライブは幕開け!!は〜!待ってましたー!と叫びたくなる。会場の皆もそうだっただろな。いや、既に皆は叫んでたな。
 
 
そういや、私この曲をカラオケで、完コピしたくて真似して歌って喉いわした事ある。(←これ結構やった事ある人多いと思うけど(笑)めっちゃ危険だよね。)本当ホルモンは偉大。
 
 
 
 

 
 
 
 
夏の暑さと、ライブのかっこよさで私は終始変なテンションになりそうだった。飛び出して行きたかったもんね。抑えてたけど。(偉い)そして、「恋のメガラバ」が終わり、「ずっと言いたかった言葉、言っていいですか!京都大作戦へようこそー!」と、ナヲさん。会場からは、大歓声。そして、“三度の飯より”、“飯が好き~”で一つとなり、続いて「maximum the hormone Ⅱ」。曲中、ナヲさんが前に出てきて、めちゃくちゃ踊ってた(笑)ダイスケはんさんも(笑)大体、涼しげな顔で色々な事やったはるんやけど、体力どうなってるんやろ。息切れするよな普通。しかも表情が豊かすぎるんだ、、かっこ良すぎる。「神様私もあんな風になれる表情筋と体力がほしいです。よろしくお願いします。」と本気で祈っていた。
 
 
続いて「「F」」。演奏もパフォーマンスも何もかもが凄まじいこの曲。堪りません。ライブ中、ステージ上で起きている全ての事を見たくて、目が2つじゃ足りなかったよ。←最低8個は居る。戦闘力53万になりたい。
からの「G'old〜en〜Guy」「包丁・ハサミ・カッター・ナイフ・ドス・キリ」を立て続けに披露。そして、「来年の京都大作戦の大成功を祈願して、恋のおまじないやりせんか〜?」とナヲさんが言うと、会場全体が綺麗にポージングし「メンカターコッテリー!やったー!」とめっちゃ綺麗に揃ってました。セキュリティーの方々も全員参加していて、すごい光景だったな。そして、最後の曲「恋のスペルマ」を披露して鬼のようなライブはフィニッシュ!まじ痺れました。
 
 
 
 
そして、この日最後の“らいびゅあ”は、もちろん大トリ10-FEET。
 
 
丁度空も暗くなってきた頃、会場には壮大なSEが鳴り響き、その場にいたほとんどの人がタオルを掲げ10-FEETの登場を待っていた。(それがもう本当に本当に綺麗で見惚れてしまった)そしてTAKUMAさんの「ありがとう」「行こう!行こう!行こう!「蜃気楼」!」という言葉でライブは幕開け。一曲目「蜃気楼」。メロディと言葉(歌詞)と10-FEETを待ち望んでいた人々の感情が、ぐしゃっと混ざり合い、まだ一曲目、始まったばかりなのに私は既に泣きそうだった。続いては、グッとあがれる「VIBES BY VIBES」。はぁ、好き!!この歌詞は、私に言ってくれてるような気持ちになる。肯定されているような、包み込んでくれてるような、大丈夫や!ってTAKUMAさんに背中を押されたような、、めっちゃ泣いたらいいやん!ってその通り。めっちゃ泣きたい!最近全然泣いてない。
 
 
 
 

 
 
 
 
そして、死ぬのが怖いというTAKUMAさんのMCの後「LITTLE MORE THAN BEFORE」が始まる。赤色とオレンジ色の照明がめちゃくちゃ綺麗で、曲の切なさ(メロディの切なさ)を加速させている。こんなにオレンジ色と赤色が似合う曲他にありますか?(いいえ。ありません)素敵だ。素敵すぎる。
 
 
 
 
からの、「時間がないときのRIVER」!!。私もあんなんやりたい。おもしろい。そして「ゲストを呼びます!」とTAKUMAさんが言うと、東京スカパラダイスオーケストラの方々が登場!!そのまま「hammer ska」を披露。めちゃくちゃかっこいいアレンジ。豪華すぎる。そして「ハローフィクサー」(声のエフェクトがめちゃくちゃカッコ良かった。あれラジオかな?なんだろ)「1sec.」と続き、MCへ。TAKUMAさんは「開催できてめちゃくちゃ嬉しい」と、たくさんの人たちへの感謝を叫びながら伝えていた。その後、「ROTTENGRAFFTY力を貸してくれー」と、一緒に「その向こうへ」を披露。またこれ豪華。私も、その向こうへ行きたい。超えたいものがたくさんある。向こう側を見てみたい。そして、ラストは「ヒトリセカイ」。言葉のない遥か大昔、それなら今より少しわかり合えたかな? 傍で寄り添っていて欲しい人、言葉が邪魔をしてしまう、だけど明日にはもうそこには君はいないかもしれない…そしたらこの世界は…?どうなる…?大切な人を思い浮かべて聴くと、すごく考えさせられる曲だなと思った。大切な人がそこにいるうちに大切にしなきゃな、、なんて考えたり、、。(私的解釈です)
 
 
そして、ライブ本編は終了。アンコールを3曲披露し、1日目の京都大作戦は幕を閉じた。
 
 
 
 

 
 
 
 
はぁ、楽しかったなぁ〜〜!!
雨予報やったけど、なんとか晴れてくれたし、何より開催出来て本当に良かった。
 
 
という事で、1日目の京都大作戦“ゆるびゅあ”はここまでで終了です!!
 
 
引き続き30日、6日、7日分を更新するので、是非、またミテクダサイ!!!
暇な時間にほよ〜っと見て。
 
 
では、1日目おつかれ様でした!
 
 
ばいばいきーん
 
 
 
 

鹿子ちゃこのゆるゆるららららいびゅあー♡#4


ピ!ピカチュウ!
ポケモンにハマりまくり、鹿子ちゃこだよ!

いきなりやけど、ちょっと聞いて。この間テレビで"不思議の国のアリス症候群"っていう謎の病が紹介されていて、私も小さい頃、熱を出した時にお母さんの顔がどんどん大きくなって新幹線にくっついて追いかけられるっていう幻覚?を見たことがあって、まさにこの病の症状がそんな感じで、ちゃんと名前あるんや!って最近知ったの、びっくりした!てか、不思議の国のアリス症候群ってネーミングセンス抜群じゃない!?可愛いし、私、アリスになった事あるねんって話できるの、、最高じゃん。かわいい。

さて、皆様お元気お過ごしですか。
私は元気です。
もう6月。暑いのやだなーーー
公園も、むいが大量発生してるし
やはり、夏に楽しさ見出されへん。暑いし。

あはははははは

ということで本題へ!

第4回目、今回私が"ららららいびゅあー♡"してきたのは6月2日に心斎橋pangeaにて行なわれた『オワリカラ』の『PAVILION』リリースツアーです♡

いくよーー!?


『PAVILION』の1曲目でもある"l LIKE IT"からライブは幕開け。vo.ヒョウリさんの白いジャケットに照明が映ってとても綺麗。そこからの「swing」。swing大好き。演奏中、私の脳内には、イントロ1音目から、上から吊るしてる紫と黄緑の天板が順番に整列して落ちていくような映像が浮かんでた←わかる?わからんなら、想像して(笑)リズムの1音1音が天板なんよね。正確に落ちてくるの。カラフルな天板が。そんな事ある?って思うでしょ?あるんです。やばいから一回見て。オワリカラ、音が絵になって踊るよ。

あと"swing"の歌詞も、私めっちゃ好きなんやけど、特にここの部分が好きで、、

"お前の顔は生涯見たくない
次に会うのは来世かあの世だな
思いつくかぎり罵ってやる
だから僕が太ってハゲたら殺してくれ"
【swing】

何があったんかはわからんけど、何かがあった事はわかる。私が、オワリカラのコピバンをするなら絶対にこの歌詞を歌いたい!って思う。太ってハゲたら殺してくれと歌いたい!!かっこいい。


そして、MCではハンバーガー屋さんの話をしていた。私はもっぱらモスバーガー派なんですけど、vo.ヒョウリさんはバーガーキング派らしい。それでpangea横のバーガーキングが潰れてしまった事について、悲しそうに話してた。でも、そこまで思い出はないらしい。それで、そんなバーガーキングに捧ぐ曲って"baay please wakemeup"ってすっごく綺麗な曲を演ってた。(NEWアルバム『PAVILION』に入ってるよん)隣の潰れちゃったバーガーキングもきっとビックリ、喜んでますね。

その後も畳み掛けるようにヤベー曲を連発。
音符が踊ってるのが見える!!!

ライブ終盤"誘惑されちゃう"(、、ちょっと夢中になりすぎてて、あやふや)では、ヒョウリさんの歯ギター炸裂だし、ギターソロ3回くらいしてたけど、抜群にかっこよかった。会場も湧きまくってたし、私も湧いた。そして、まさかのダブルアンコールにも応え、最後はやっぱり、Ba.ツダさんの逆立ちでフィニッシュ!!!すごいなぁ。あれ真似したい(逆立ちできない)

3ねんぶりのアルバムリリースって言ってたけど、もっと曲聴きたい!出して欲しい!とまじで思ったし、あっという間に時間が過ぎたワンマンライブでした。

セットリストはこんな感じ↓

オワリカラは、音が1音1音絵になって飛び出して動いている!そんなバンドで、そんなライブをしてると思いました!

オワリカラの皆様、強烈な音のシャワーありがとうございました!!!

さぁ、刺激うけまくったので、私もマイライブがんばろうと思う。6月23日は密会と耳鳴り、女性限定ワンマンライブがあります。是非たっくさんの女の子に来てほしいです。逆立ちはできんけど、逆立ちする勢いでライブするので、是非遊びに来てください!

よろしくお願いします。

ということで、ばいびぃぃいいい!

鹿子ちゃこのゆるゆるららららいびゅあー♡#3


はろーはろー!

最近、髪の毛が真っピンクになった鹿子ちゃこだよ〜!!したはいいが、色落ちがすごくてお金がかかるよー。こんな時いつも思うのは早く売れたいということ。もう5月だね。松茸の中の椎茸だとしても一回食べてみてほしいな。香りがないから、広がりは遅いけど、噛めば噛むほど味が出るし、かなり美味しいのにな。早くみんな気づいて〜私たちに。

さーて、第3回目、今回私が"ららららいびゅあー♡"してきたのは4月26日にSUNHALLにて行われた'Revolutionism'というイベントで「アカシック」と「あっこゴリラ」です♡

あっこさんは第2回目でも書かせてもらったんですが、今回まさかの対バンになったから立て続けのららららいびゅあーです♡そう、つまり!アカシック、あっこゴリラ、密会と耳鳴りの3マンだったんだよ(うぉーい)あっこさんは前にも書いたけど、本当に大好きやし、あと理姫さん(アカシック)も本当に大好きな人で、大好きなバンドやったから本当にこの日を楽しみにしてたんだぁあ。前日にリンパマッサージとか行っちゃったりするくらい楽しみにしてたの。

それでさぁ、レポにいく前にちょっとだけ聞いて欲しい出来事があって。私、この日人生で初めてのリンパマッサージを受けたんやけど、終わった後まさかの足のサイズが1センチくらい縮んでて!!!!!めっちゃびっくりした。どんだけだよ。履いてきた靴ブカブカじゃん!って。てかさ、本当に効果が目に見えてわかるってのも衝撃やし、人間の体って不思議。そして、どんだけ私の体浮腫んでたんだよって話。そう、だからその流れで今、私小顔矯正にもめちゃくちゃ希望を感じてて、どーなるんだろな。顔も1センチくらい縮むんかな?(ワクワク)なんて思っているの。気になりすぎる。という事やから、また行ったらここに感想書くわな←いい加減怒られそう★(なんか美容の記事みたいになっちゃったから、戻りますね)で、リンパマッサージの甲斐もあり26日は、初めてお気に入りのNIKE(ネットでちょっと前に買ったのやけどサイズを間違えて痛すぎて長時間履けなかったエアマックスちゃん)を履いてライブに挑めました。一日中快適に履けたしまじ感動。ルンルンだったな、当日のわたし。しかもさ、あっこさんとお揃いやったし、理姫さんも「エアマックス持ってる〜履いてくれば良かった〜」って言ってたし、1日2時間とかしか履けなかったのに、26日にようやく私もかわいい人が履いているエアマックスに仲間入りできたというわけです(いぇーい)

そして、あっという間に19時。
1番手、アカシックの始まり!

アカシックは何度か自分たちの企画にも呼ばせてもらったりとかしてて、本当に大好きなバンドなんですが(2回め)この日も更に私の中の最高を更新させられるほどかっこよかったです。天才集団。曲が良すぎる。あと、vo.理姫さんからは、何かが出ている。絶対。なにか薄紫の煙的なモクモクが見える。私には見える。(スピリチュアル)終始、色気と可愛さが、溢れ出しすぎていて、それはそれは眩しかったです。

アカシックを聴くと、歌詞にでてくる女みたいに生きたいと思わされるんだよな。小説みたいな恋。まさに、君の才能がほしかった【8ミリフィルム】だし、待ち受け画面チュープリ設定したい【CGギャル】とか思いたいし言いたいって思ってしまう。(私はまだ、そんな感情が湧くような相手と出会った事がないし、、、って思ったけど一回あったの思い出した。苦い。。苦すぎる。。その人とは1年くらい付き合ってて(私がめちゃくちゃ好きやった)記念日かなんかにディズニーランドに行って、お揃いの何かがほしくて、「お揃いの何かがほしい!」って言ったら何故か断られ、更になぜかキレられた思い出があるんだよな。なんでやねん。←今思ったらこの男おかしくない?イライラしてきた)それでも、あの頃の私は何も言えなくてショック受けながら夜行バスに揺られ涙目で帰ったんだよ。かわいそうな私。その反動がきてるのかな。俺様な男が本気で無理なの。←(関係あるかはわからんけど(笑))でも、とにかくアカシックを聴いてるともう一度、お揃いのものがほしい!とか思えるくらいの人と出会いたいな〜なんて思ってしまうんですよね。不思議。【8ミリフィルム】【CGギャル】(←ライブで演奏してました)


鹿子ちゃこ撮影

そして、アカシックが終わり、2番手私たち!自分の履いてるNIKEがかわいすぎてテンションあがったーー楽しかったーー

そして、トリのあっこゴリラ&BNNZ!!

何度観ても新しい感情を与えてくれるあっこさん。色んなことを超えてきてる人やから、あんな歌詞が書けるのだろうなと勝手に思って観ていました。私あっこさんの数ある曲の中でも"開戦前夜"が特に好きで、なんかあの曲聴いたら、アフリカとか広大な地を想像してしまわない?なんか、自分の生きてる世界なんて、悩みなんて世界単位で考えたら小さいものやから、悩んでる暇はない!まず行動!好きなことして生きよう!みたいな、、曲に言われてる気がして、この日も"開戦前夜"演ってたけど、私はあっこさんの後ろにアフリカが見えたよ。(スピリチュアル)まじぱねぇ。あっこゴリラ。あと、新曲やっちーまいなも演ってた!"加工アプリぶち抜いてくネガティブ"!そんな私も、アプリ加工という曲を一昨年に作っていて、私はアプリ加工なしでは生きてけない人間だけど、ぶち抜いてくスタイルもかっこいいなって。そして、あっこさんに負けじとBNNZも最高にかっこよくて(グルーブがまじやばい)チーム一丸となってのやばさを感じました。かっこよかったな。

鹿子ちゃこ 撮影

ということで、今回はそれぞれの主張を持った革命者が集結という意味らしい"Revolutionism'。

改めて振り返っても、まじピッタリのメンツピッタリなタイトルやなと思いました。

私もここから革命起こすよーー


鹿子ちゃこでーしーたー!!

鹿子ちゃこのゆるゆるららららいびゅあー♡#2


いぇーい!!!!!!!!

みんな〜おひさしぶり〜!
鹿子ちゃこだよ〜!!!!

さーて、第2回目、私が"ららららいびゅあー♡"してきたのは「あっこゴリラ」さん。(大好き)2月9日、梅田Shangri-Laにて行われたGRRRLISMワンマンTOUR大阪編にお邪魔してきました。(順番が前後してるんやけど、実は、2月は2本らららいびゅあーをしていました!わーーー!!)

丁度私が着いたと同時に、あっこさん(あっこさんでいいんかな?)はオレンジのNIKE?(NIKEやった気がするんやけど)のダウンジャケットにGRRRLISMのTシャツ(あれはカットしてたのかな?おヘソが見えてたな。欲しい)に短パンで旗を持ってバンドメンバーと共に登場。位置に着くなり、脚立に乗り、そのままライブはスタート!

ライブ中何度も思うのは

はぁ〜〜〜MAX共感!

詰めてるのはパッドじゃなく希望
("エビバディBO")
正にその通り。希望なのだ!

ちょっと逸れるけど私は、その手の話では男に言いたいことがある。だって、お前たちカップ数が無いからって、女のカップ数聞いてそれで価値を測って、(そんな男にロクな奴居ないけど、そんな奴に限ってかっこよくない?!)ズルくない?後から思い出したらイライラする。そういう男多くない?!萎えるよ普通に。本当、どうして聞くの?むかつく。

そんな経験がある人には、是非、密会と耳鳴りの"爆乳で窒息"を聴いてほしい。(宣伝)

ちなみに、バンドが売れたら絶対お前達のカップ数を測れるグッズを作ってやる!って思っています。まじ陰謀。そしたら言わなくなるでしょ?願いが叶いますように。

願いと言えば、"余裕"の前にお客さんに夢を聞くシーンがあった。余裕っしょー!ってあっこさん言ってた。(またまた、あっこさんでいいのかな。)どんな事も自分次第!YES!!

"GRRRLISM"でも言ってたなぁ。

誰に何言われたって関係ないわ!

小学生の時、冬に下駄履いてお友達の家に遊びに行った事があるんやけど、お友達のお母さんが「あんたんとこの娘、下駄履いて来てる!おかしい!」ってわざわざウチに連絡くれはったんやけど、それに私は、すごい違和感があって。私のオシャレは下駄なので、別に良くない?ほっといて〜って思ってたんやけど。(下駄は寒いけどね〜)でも好きで履いてるんやし、別に誰に文句言われる筋合いもないよね〜!

そんなことを思い出したりとかしたりして〜

良いらいぶだったなぁ〜

あ、あと、あっこさん(最後までこれでいいんかな)観てたらショートカットにしたくなってきたの、わかる?この気持ち。ライブに行った人は皆ショートカットにしたい欲に襲われてると思うんやけど。私、顔の大きさ気にしてたんやけど、なんか余裕っしょ〜!?ってなってきた。こうしてポジティブを少々手に入れた鹿子なのでした。

あっこさんありがとうございました!

おしまい!

あ!!そして、最後にビッグニュース!!実は、この後、大好きなあっこゴリラさんとの対バンが決まりました!!!大好きなアカシックも一緒です!も〜最高なので、絶対に来て欲しいです!


■タイトル
Revolutionism

■日時
2019年4月26日(金)

■会場
心斎橋SUNHALL
〒542-0086
大阪市中央区西心斎橋2-9-28ビッグステップサウスB2
TEL:06-6213-7077
URL : http://sunhall.jp

■出演
あっこゴリラ BAND SET
密会と耳鳴り
アカシック

■時間
OPEN 18:00/START 19:00

■料金
前売 ¥3,000
当日 ¥3,500
共に別途1d必要

前売チケット
イープラス

■備考
12歳未満チケット不要、要保護者同伴

■問い合わせ
心斎橋SUNHALL
TEL06-6213-7077

■企画 制作
SUNHALL/Back Yard Promotion

です!

よろしくね〜!!ばいび〜!!

鹿子ちゃこのゆるゆるららららいびゅあー♡#1

鹿子ちゃこのゆるゆるららららいびゅあー♡

はじめまして、この度JUNGLE☆LIFEの非公認ライターとしてゆる〜くライブレポ的な?(私の感想、思った事)などを書かせていただく事となりました、大阪の女3人組バンド密会と耳鳴りのボーカルギター鹿子ちゃこです。非公認なのでゆる〜く好きにやっていいよと言われているのです♡なので文句は一切受け付けません!炎上もな!という事で、これから私なりに精一杯、頑張っていこうと思っていますので、末永くよろしくお願い致します(土下座)

さ〜て、軽く自己紹介もできたので
早速本題に参りたいと思います。

今回私が"ららららいびゅあー♡"してきたのは2月22日にゃんにゃんにゃんの日に心斎橋SUNHALLにて行われた【DIG DUG】という3マンイベントで「神聖かまってちゃん」と「Creepy Nuts」です♡実は、3マンという事で「密会と耳鳴り」も出演していましたーー!!(キャー!最高すぎ)

そして19時、、、私たち「密会と耳鳴り」からのスタート!この日をどれだけ楽しみに待っていたか、、、、皆、私がどのくらい楽しみにしていたかわかりますか?わからないよね。(笑)例えると、遠距離恋愛で半年ぶりに彼氏に会えると決まった日くらいの楽しみ具合。わかる?(笑)とにかく彼氏といる時並みに時が一瞬で過ぎていって、すんごーーく楽しかった。皆のおかげです、ありがとう。

そして、お次は「Creepy Nuts」!!

Rさんの息継ぎってどうなってんのDJ松永さんの手の指どうなってんのん。ってライブ中何度も思った。皆も絶対思ってたと思う。てか、聖徳太子スタイルラップとか、まじやばくない?私絶対できひん。。(聖徳太子スタイルラップっていうのはお客さんからお題を貰って、そこで即興ラップをするっていうCreepy Nutsのヤバイパフォーマンスの事)この日はお客さんから5個お題をもらって即興ラップをする予定やったんですが、私が手を上をあげまくって無理矢理6個目を獲得。なので、6個のお題で即興ラップをやっていただいた。(すみません(笑))私は、「チャラ男ファック」っていうお題を入れてもらったよ。(嬉)めちゃくちゃテンション上がった。Rさんの頭の回転凄まじいし、難なくこなしてドヤ顔することもないとかまじクール。(私やったら絶対ドヤ顔する。てかもっと拍手して!叫んでって求めるだろう。。)からの松永さんのDJ。こんな完璧な流れでアガらないわけがない。。しかもその後の曲が"合法的トビ方ノススメ"って本当確信犯。まじ合法的だしエンターテイナー。かっこよすぎるわ。てか、松永さんって絶対手の指20本くらいあるよねぇ〜〜?!(小声)(褒めてます)本当Creepy Nuts最高にかっこよかった〜。

そして最後はトリの「神聖かまってちゃん」!!

曲を始める前に「死人が出るように願います。」って、の子さん煽ってた。(笑)
の子さんはカリスマが溢れすぎている。
"23才の夏休み"で始まったライブ。この曲は私が初めて神聖かまってちゃんを知った曲。
サビの疾走感と歌詞が大好きな曲。

「夏が来たなんて言ってもどこにも行かない
予定がないからね

ギアを上げて今を過ごしています
ひどすぎる夏休み走り出す」

って歌詞にめっちゃ共感するし。。

私は、いつも楽しそうな人を横目で見ては、今はアイツらとは違う未来を過ごすための修行をしているのだ。と言い聞かせギアをあげて走り抜けてきたから、自分に置き換えて聴いた時にこの歌詞が本当に刺さるんだよなぁ。
あと、夏が嫌い!なぜかって冬よりも、花火だ!BBQだ!海だ〜!って外に出てる人がめちゃくちゃ多いし、なんか公園とかでもやたら人が騒いでたりするし。←ちょっと逸れてきた

そうだから結局何が言いたかったかと言うと私はこの曲をこの日に聴けて嬉しかったって事です。はい。

そしてそこからも、の子さんのカリスマは止まる事なく、みさこさんの可愛さも爆発しながらライブは進んでゆき、(てか、の子さん天井歩いてたのすごかったなぁ、、下で支えてるお客さんもすごいし、の子さんの身体能力もすごい。)大好きな曲、"フロントメモリー"でライブは終わりました。めちゃくちゃかっこよかった。神聖かまってちゃん。

そして最後は、出演者全員でのスペシャルセッション!!(やばすぎる。特別すぎる、、)
私も出るからって事で、ラップをうっすーら考えていったけど、全然タイミング掴めんくて結局Rさんに助けていただきなんとか入れた。すみません。ありがとうございます。(まじ感謝)いや〜本当にめちゃくちゃ豪華なセッションやったよね。来た人はめちゃくちゃヤバいものを観たと思うよ!だからやっぱりライブっていいよね〜。生っていいよね〜本当に。

そんな感じで通して濃すぎる一日でした。
またこんな夜を迎えれるように頑張ろうと
一段と気合いが入った鹿子なのでした。

ということで最後に
私たちのライブの告知を〜♪

なんと、6月23日(日)に女性限定ワンマンライブが決まりました。っていうか、私が勝手に決めました(笑)新しい試みなので、内心めっちゃドキドキですが、女の子は是非この日を空けておいてほしい。お願いします(合掌)

そして、ライブスケジュール♪

03/17(日)TENJIN ONTAQ(福岡)
03/23(土)高松TOONICE(香川)
03/25(月)奈良NEVER LAND(奈良)
04/07(日)KNOCK OUT FES(東京)
04/08(月)下北沢MOSAiC・SHELTER(東京)
04/13(土)心斎橋BRONZE(大阪)
05/01(水)十三ニューウェーブ(大阪)
05/03(金)阿倍野ロックタウン(大阪)

です!こちらも是非遊びに来てほしい〜!!
ライブでしか感じれないものがあるからね。
待ってるよん!!!!

ということで以上、JUNGLE☆LIFEの非公認ライター"鹿子ちゃこ"でした〜!ばいび〜