全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

twitter instagram

飾りじゃないのよ音楽は Vol.5

今回は最終回ですね。
色々わがままに書いてただけなんであれですが、時は過ぎるなーと改めて感じさせられますね。コラムを書き出した夏の終わりの頃とは若干精神状態も変わってきてますね。人間だものって名言を叫びたい気分です。

今月はワンマンライブが2本。大阪と東京でやらせて頂くんですけど、昨日はそのリハがありまして。僕はそこまで音楽用語を知らないから、バンドメンバーには夜にとぼとぼ歩いてるイメージでとか、パーティに向かう時の気持ちでとか伝えるんですが、皆さんそれで感じ取ってくれて本当助かります。僕が多くを言わなくても曲が伝えてくれている事も多いんだろうななんて思います。

ライブの事はあんまり好きじゃなかったんです。まず人前が好きじゃないから、そこでダメなんだけど。でもどんどん曲が出来るしこのまま部屋で一人でニヤニヤしててもあれだしと思って、曲作りもはじめは至って自分の快楽だったけど、もしかしたら唯一の社会との接点かもなと思って、人前に出る決意がついて、歌い出したんです。本当最初は嫌だった、最初は、と言うかつい最近まで嫌だった。ライブってなんだろうなって思って、今でも少し思うことはあるんだけど、すごい空間だなと。それを独特なコミュニケーションとして最近は思っていて、楽しいもんですね、色んな意味で。一つ勘違いしちゃいけないのが、歌とか楽器が身近にある時代だからこそ、ライブを軽率にやっちゃいけないってことだろうなと思います。いい曲があって、素敵な歌があって、素敵な演奏があることを無視しちゃいけない。音楽から始まるコミュニケーションだと言うことを忘れちゃいけない。

今回のワンマンは「LOVELY BABY」と言うタイトルでして、凄い警戒心の低いタイトルにしてみました。音楽って言うものは元々はそういうものだと思って、色々最近は倫理とか理性とか自慰とか浅はかな欲望で馬鹿みたいな事になってしまったので本来あるべきコミュニケーションで楽しめたらと思います。飾らぬ気持ちで居れば音楽はそこにあるし。

 

tani

谷口貴洋-たにぐちたかひろ- 1988年大阪生まれ。24歳、B型。現住所 東京。
孤高の天才? 希有の才能? 希代の新人?そういうことではない、彼は「新人類」シンガーソングライター。
キリンよりも細く、ゾウよりも強く、誰よりも高く伸びる声で歌う。
当時無名にも関わらずandymori小山田壮平に見い出され、FM802の「MUSIC FREAKS」にゲスト出演。2010年には、同氏と長澤知之のユニット「AL」のワンマンライブでOAを務めあげた。
すらっとした体型に、感情のままにかき鳴らすギター、細く高く伸びる歌声。そしてなによりも、その「例える」歌詞の世界観に惚れ込んだミュージシャン、フォロワーは数知れず。
[2013年4/24(水)に新レーベル「ZOOLOGICAL」よりアルバム「スケジュールとコイン」で待望のデビュー!!

谷口貴洋ワンマンライブ情報プレイガイドにて発売中!!

■大阪編
「TAKAHIRO TANIGUCHI ONE MAN LIVE LOVELY BABY in OSAKA」
2013年12月1日(日)
club★jungle
OPEN 18:00
START 19:00
TICKET ¥1,000(DRINK別¥500-)

■東京編
「TAKAHIRO TANIGUCHI ONE MAN LIVE LOVELY BABY in TOKYO」
2013年12月12日(木)
Milkyway
OPEN 18:30
START 19:30
TICKET ¥1,000(DRINK別¥500-)

http://taniguchitakahiro.blogspot.jp/

飾りじゃないのよ音楽は Vol.4

飾りじゃないのよ音楽は。って言うコラムを書いているんです。もし、赤の他人としてこのタイトルを見たら、何を言ってんだよこいつはって本気で思うでしょうね。僕も自意識の中でこれはやばいなと書きながらもちろん気付いています。まぁ気にはしていないんですけどね。このコラムを書くことになって、テーマは音楽について書くこととオーダーがあったんです、音楽をやってる人間が音楽について書くことは実に難しい事なんです。逃げ道がないですからね。サッカー選手が一つの試合については喋るけどサッカーというものについてはあまり喋らないのに似てるのかなと思います。音楽が僕1人だけやってるものなら簡単なんですけどね。有る事無い事言えますから。

中学を出る頃に鼻歌交じりに俺は曲をつくりだしました。綺麗なメロディーを想像して、分かったような言葉を並べて、誰に聞かせるでもなく己の快楽の為だけに作り始めました。出会った瞬間、本当に音楽は美しく想像を掻き立てられるもので、俺の虚無を少し救うものでした。その頃から俺自身の音楽への認識はあまり変わってなく同じ距離間でずっと過ごしてきています。今皆さんがテレビで聞くような、人と人を繋ぐためとか、愛がどうたらとか、モテたいとか、原発がどうとかそんな大層なものは何一つ作れません。飾れるものなんて俺には無いんです。ただ美しくてそれを追っかけて呪いに罹った人間なんです。美しいねってその瞬間ニマニマして各々で想像する。美しいマネキンを作ってあとはみんなが想像で飾ればいいんです。音楽はマネキンです。

僕が音楽をテーマに書くとこんな感じでしょうか。笑ってやって下さい。こんな僕でも最近一緒に音楽をやってくれる人達が居るんです。一緒に曲を作って頂けたり、ライブで一緒に演奏して頂ける人達に出会えました。感謝感謝。先程書いたような人間でもそんな事があるんです。そういえばこの間初めてリハスタのカードを作りました。今までまともにスタジオに入った事もなく、一緒にやって頂ける人が出来た事によって、スタジオに入る事が出来たんです。一緒にスタジオに入った人は僕がカードを作るのを見てなぜか笑ってましたね。

なぜそんな理由で音楽やってる奴がわざわざ人前に出て歌うんだよって思う人がいるでしょうから、あえて少し書きますが、実は僕にもそれはなぜかはわかりません。ただ僕にとって音楽は美しいんです。だから人前に出るのかもしれません。アンダーグラウンドではなく、本当に美しいんです。美しいと感じる間は人前に出るのも音楽も辞めません。一瞬勘違いして辞めたくなる時はありますけどね。

 

tani

谷口貴洋-たにぐちたかひろ- 1988年大阪生まれ。24歳、B型。現住所 東京。
孤高の天才? 希有の才能? 希代の新人?そういうことではない、彼は「新人類」シンガーソングライター。
キリンよりも細く、ゾウよりも強く、誰よりも高く伸びる声で歌う。
当時無名にも関わらずandymori小山田壮平に見い出され、FM802の「MUSIC FREAKS」にゲスト出演。2010年には、同氏と長澤知之のユニット「AL」のワンマンライブでOAを務めあげた。
すらっとした体型に、感情のままにかき鳴らすギター、細く高く伸びる歌声。そしてなによりも、その「例える」歌詞の世界観に惚れ込んだミュージシャン、フォロワーは数知れず。
[2013年4/24(水)に新レーベル「ZOOLOGICAL」よりアルバム「スケジュールとコイン」で待望のデビュー!!

谷口貴洋ワンマンライブ情報プレイガイドにて発売中!!

■大阪編
「TAKAHIRO TANIGUCHI ONE MAN LIVE LOVELY BABY in OSAKA」
2013年12月1日(日)
club★jungle
OPEN 18:00
START 19:00
TICKET ¥1,000(DRINK別¥500-)

■東京編
「TAKAHIRO TANIGUCHI ONE MAN LIVE LOVELY BABY in TOKYO」
2013年12月12日(木)
Milkyway
OPEN 18:30
START 19:30
TICKET ¥1,000(DRINK別¥500-)

http://taniguchitakahiro.blogspot.jp/

飾りじゃないのよ音楽は Vol.3

オリンピックが決まりましたよね東京に。

賛否あるけど、オリンピック自体はスポーツが好きだから時差とかないし嬉しいですね。
才能のある人達が集まるから記録もでるし、圧倒されるし、分かりやすい。生で見れたら馬鹿みたいに興奮するんでしょうねきっと。

結果が必ず出る場所だから、妙な空気感も手伝って、変なテンションになるでしょう。現実感のあるファンタジーだから本当に素晴らしい。

でもスポーツを見ていると、結果とは何だろうと考えちゃうんですよね。これもまた馬鹿みたいなんですけど。音楽なんて本当結果とは何かと問わずにいられない最たるところ。音楽はそこに確かにあるんだけど、どこにあるのか分からないものなんですよね。まぁ良いものを作るって言うのが一つの素晴らしい結果なのかなとは思いますけど、そうなると良いものってなんだろうって自問自答が始まって頭が割れそうになって、最後には結果なんて求めてないよクソが、ふざけんなよ。って言う最悪の思考に落ち着いたりするんですよね。

僕の中には良いものはこれだって確かなものがあるんですよ、それを自己更新する事は可能で、一生自己更新の良い曲を書き続けられますよ。でも誰とも比べられないし、下手したら果てない自慰行為だし、怖くなりますよね。結果と理想が悩ますんですよ。僕はあえてその考えの果てを言うと、僕なんてどうでも良いから、良い曲を書くのが全てだと言う事です。それが分かれば良い曲を書くと言うその自慰行為を続けるべきだと思うんですよね。

結果なんてどうでもいい、これはもしかしたら間違いじゃないのかななんて今、思います。無責任ではなく、音楽の結果は皆さんの中にしかない、だから良いものをつくる。これが音楽のまっとうな戦いではないかなと思うんですよね、今、そことまっとうに戦えているかは良く分からないですが、分からないからこそ、音楽は辞めらないですね。7年後の音楽はどうなってんだろうな。

 

 

tani

谷口貴洋-たにぐちたかひろ- 1988年大阪生まれ。24歳、B型。現住所 東京。
孤高の天才? 希有の才能? 希代の新人?そういうことではない、彼は「新人類」シンガーソングライター。
キリンよりも細く、ゾウよりも強く、誰よりも高く伸びる声で歌う。
当時無名にも関わらずandymori小山田壮平に見い出され、FM802の「MUSIC FREAKS」にゲスト出演。2010年には、同氏と長澤知之のユニット「AL」のワンマンライブでOAを務めあげた。
すらっとした体型に、感情のままにかき鳴らすギター、細く高く伸びる歌声。そしてなによりも、その「例える」歌詞の世界観に惚れ込んだミュージシャン、フォロワーは数知れず。
[2013年4/24(水)に新レーベル「ZOOLOGICAL」よりアルバム「スケジュールとコイン」で待望のデビュー!!

谷口貴洋ワンマンライブ情報プレイガイドにて発売中!!

■大阪編
「TAKAHIRO TANIGUCHI ONE MAN LIVE LOVELY BABY in OSAKA」
2013年12月1日(日)
club★jungle
OPEN 18:00
START 19:00
TICKET ¥1,000(DRINK別¥500-)

■東京編
「TAKAHIRO TANIGUCHI ONE MAN LIVE LOVELY BABY in TOKYO」
2013年12月12日(木)
Milkyway
OPEN 18:30
START 19:30
TICKET ¥1,000(DRINK別¥500-)

http://taniguchitakahiro.blogspot.jp/

飾りじゃないのよ音楽は Vol.2

とりあえず
本当平和な毎日です。
僕は散歩が好きで、よく街をうろうろしながら歌詞を書いたりしてます。
公園とかを歩けば子供がワーワーやってて、その真っ直ぐさをにこにこしながら見てたら親に怪しい目で見られ、まぁそーだわなってそそくさと逃げる。平和な時間ですよ。

僕はほとんどそんな風景しか知らないなと思う時があるんです、そりゃ想像上では海外の街並みとか宇宙の景色にぶっ飛ぶことは出来ますけど、毎日疲れて歩く時も休みで散歩する時も、ある程度平和なこの風景しか見ていないなと思ったんです。時にこの平和さを汚される事があったらやっぱイラつくし、俺の安心を邪魔すんなって思う気持ちが出てきたりするんですよね。
でもそれが怖くなる時があるんです。
このままで何も変わらず最高だなんて、つまんない事を考え出している自分に気付くんですよね。
波風がたっても素晴らしいものは生き残るはずなのに、まず波風をたてないようにしようと、過保護になってんじゃないかと気付いたんですよね。
色々問題が起きそうだからと、まず一番に怖さを避けるアレみたいになっちまったら終わりですからね。考えを辞めた先に安らぎがあるはずもないし、衰退の先よりも進化の先の方が随分安心出来るはずだと思いますからね。

後、この怖さに気付いた時にもっと怖くなる事があって、それはこの怖さに気付いてない人同士の会話ですよね。話し手が馬鹿なのか受け手が馬鹿なのか両方馬鹿なのかよく分からない怖さですよね。まぁ最近の音楽もこうなりかけててちょっと怖いですよね。まぁだからって辞めないですけど。さぁテレビでも見て寝ます。

 

tani

谷口貴洋-たにぐちたかひろ- 1988年大阪生まれ。24歳、B型。現住所 東京。
孤高の天才? 希有の才能? 希代の新人?そういうことではない、彼は「新人類」シンガーソングライター。
キリンよりも細く、ゾウよりも強く、誰よりも高く伸びる声で歌う。
当時無名にも関わらずandymori小山田壮平に見い出され、FM802の「MUSIC FREAKS」にゲスト出演。2010年には、同氏と長澤知之のユニット「AL」のワンマンライブでOAを務めあげた。
すらっとした体型に、感情のままにかき鳴らすギター、細く高く伸びる歌声。そしてなによりも、その「例える」歌詞の世界観に惚れ込んだミュージシャン、フォロワーは数知れず。
[2013年4/24(水)に新レーベル「ZOOLOGICAL」よりアルバム「スケジュールとコイン」で待望のデビュー!!

谷口貴洋ワンマンライブ情報プレイガイドにて発売中!!

■大阪編
「TAKAHIRO TANIGUCHI ONE MAN LIVE LOVELY BABY in OSAKA」
2013年12月1日(日)
club★jungle
OPEN 18:00
START 19:00
TICKET ¥1,000(DRINK別¥500-)

■東京編
「TAKAHIRO TANIGUCHI ONE MAN LIVE LOVELY BABY in TOKYO」
2013年12月12日(木)
Milkyway
OPEN 18:30
START 19:30
TICKET ¥1,000(DRINK別¥500-)

http://taniguchitakahiro.blogspot.jp/

飾りじゃないのよ音楽は

ひょんな事から連載です。どうもよろしくお願いします谷口貴洋です
フレンドリーに読んで下さい 出来れば一番優しい気持ちの時に
ダラダラと僕を紹介してもあれなんで 最近思ったことを書きましょう

最近なんだか気持ち悪いことが多いなと思うんです 僕は極めて人が苦手で、でも仲良くなりたいタイプの人間です
まぁめんどくさいんだけど そうなるとやっぱり他人の事って気になるんですよね
ただ決して他人の目が気になって自分を良く見せたい訳じゃないんですよ
これを良いと思う人 悪いと思う人 両方いるよな あなたはどうかな? 僕は良いと思うんだけど と他人が気になるんです
その個個のぶつかりが初めて創造の外側に連れて行ってくれるんですよね

良く見せるってなんか気持ち悪いですよね ちょっと体調崩しちゃいますよね 自分の心を整形しなきゃいけない訳ですから
でも良く見せるって言うのがやりやすい最近なんですよね テレビとかネットとかまぁ社会が
ほぼ幻想だから本質なんて何もないのに批判したり 称賛して分かってる人間に見せれますから

凡ゆる仲良しごっこも 地位も 名誉も 分かりやすいから仕方ないけど
でもそれって何も怖く無いし ワクワクしないんですよね ただ気持ち悪いんですよね

音楽もそうなりかけてるからちょっと気持ち悪いですよね

本当に良いとおもったの? ってニヤニヤしながら聞きたくなりますよね。

まぁだからって辞めないですけど

 

tani谷口貴洋-たにぐちたかひろ- 1988年大阪生まれ。24歳、B型。現住所 東京。
孤高の天才? 希有の才能? 希代の新人?そういうことではない、彼は「新人類」シンガーソングライター。
キリンよりも細く、ゾウよりも強く、誰よりも高く伸びる声で歌う。
当時無名にも関わらずandymori小山田壮平に見い出され、FM802の「MUSIC FREAKS」にゲスト出演。2010年には、同氏と長澤知之のユニット「AL」のワンマンライブでOAを務めあげた。
すらっとした体型に、感情のままにかき鳴らすギター、細く高く伸びる歌声。そしてなによりも、その「例える」歌詞の世界観に惚れ込んだミュージシャン、フォロワーは数知れず。
[2013年4/24(水)に新レーベル「ZOOLOGICAL」よりアルバム「スケジュールとコイン」で待望のデビュー!!

谷口貴洋ワンマンライブ情報プレイガイドにて発売中!!

■大阪編
「TAKAHIRO TANIGUCHI ONE MAN LIVE LOVELY BABY in OSAKA」
2013年12月1日(日)
club★jungle
OPEN 18:00
START 19:00
TICKET ¥1,000(DRINK別¥500-)

■東京編
「TAKAHIRO TANIGUCHI ONE MAN LIVE LOVELY BABY in TOKYO」
2013年12月12日(木)
Milkyway
OPEN 18:30
START 19:30
TICKET ¥1,000(DRINK別¥500-)

http://taniguchitakahiro.blogspot.jp/