全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

松原裕の神戸市議会委員・選挙活動への道 Vol.17

アハァ〜ン。オハコンバンワ。お口の恋人・松原デス。今月も甘い吐息と共に始まりました本コラムと全然関係無い話題だらけの隔月連載コラムな訳ですが、GOING KOBEも終わりやっと一息=3

と思いきやバタバタな事件が目まぐるしく、一向に休息が取れない日々に追い打ちをかけて来た記憶に新しいニュース! そう! 「新型インフルエンザ第一号感染者神戸市で発見!」である。あれだけ騒いでおいて、いま報道ではナンノソノ。ムキーーーー!!! あれは完全に神戸市イジメであります。HIVも神戸市が第一号。なんで神戸ばっか?? 今回もこの騒動は都市機能をほぼ奪い、経済効果も500億にあがる損害。か弱いライブハウスももちろん漏れる事なく動員の減少。挙句の果てにイベント中止まで話に挙がる事態。資本のある大きい会社はそりゃイベント中止にしたっていいけど、当店の様な零細も零細なその日暮らしライブハウスにとってマンモスピンチであります。しかし! ピンチはチャンス! 破壊無くして想像無し! が昨日ぐらいから座右の銘な松原は発想を変える事にしてみた。ある発明に成功した偉人がこう言った。「生活してて困った事やメンドクサイ事は一番のビジネスチャンス!」ぬぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!!!!!!! コイツハナンテ名言! そうなんだ! 新型インフルで今、松原は困っている! という事はここにチャンスが隠されているのではないか! しかし…それはいったい??

賢明な本誌読者のイビツなモノサシなら気付かれているであろう。そう! 今このタイミングで松原が新型インフルエンザにかかれば一躍時の人ではないか! みなさんがTVを見てたらテロップで【緊急ニュース:また神戸市で感染者発見! 神戸市内ライブハウス店長(29歳)】なんて流れて来たら何てオモシロいんでしょう! ツアー中のバンドマンが楽屋で「なんか神戸のどっかのライブハウスの店長が感染したらしいで〜」「え? マジ?」そこで松原の事を知ってるバンドさんが「あの〜スミマセン。それってまさかスタクラの松原さんじゃ?」「松原さん? 誰ですか? それ。」「いや、松原さんって人は………」みたいな感じで、もしかしたらその日、喋る機会の無かったかもしれないバンドマン同士のコミュニケーションのきっかけを作れるかもしれない!! この盲点とも言うべきチャンスに、マスク無しで歩いているとまるで裸で歩いているぐらい白い目で見られる神戸の街を松原はそんな思いを込めマスク無しでくまなく徘徊。なんなら店員に感染者が発覚した銀行や駅の売店など全てに立ち寄りインフルmeets松原計画に尽力する。

…が、全く感染する気配はない…。結局そんなもんである。100万人都市の中で100人の感染者。確率で言ったら1万人に1人。宝くじで言うと100万円が当たるような確率。マスコミの過剰報道…、政府の今後起きうるウィルス対策の実験…諸々に踊らされた数日。悔しいのでやっぱり早く神戸市長になって新しい色々な教育が出来る学校や類を見ない新型公園などの設備充実に励みたいと思います。ってそれは新型インフラ(※1)や! なんつって〜……勇気を出してスベりにいきました。今回は“オモシロ”では無く、こんな時だからこそ“勇気”をみなさんに伝えたかっただけなんです。(←コラムで一番やってはイケない事32:言い訳オチ)

※1【インフラ】社会的経済基盤と社会的生産基盤とを形成するものの総称。道路・港湾・河川・鉄道・通信情報施設・下水道・学校・病院・公園など。

松原裕の神戸市議会委員・選挙活動への道 Vol.16

前回のコラムでアーティストの恥ずかしい話を暴露する内容を綴らせて頂き、関係者からのクレームに少し怯えていた松原に唯一きた苦情メールがニューロティカのあっちゃんからで、しかも内容は「なんで俺の事を書かない!(怒)」でした。“暴露したアーティスト”から1件も苦情が来ないで、“暴露していないアーティスト”から苦情が入る。本誌はニューロティカにしか読まれていないのでしょうか? 一抹の不安を感じている神戸に咲く一輪の薔薇・松原ダヨ! オハヨ!

という訳で始まりました隔月連載コラム。皆様がこのコラムを読まれている頃には命がけGOING KOBEというイベントを終え、きっと自分は世界の中心的痛い発想の中、ナルシズムに酔いしれている事と思います。そんなGOING KOBEは今年で5年を迎え、なんと初めて神戸市長表敬訪問を神戸バンド50人で伺う事になったのだ。小汚い我々バンドマン約50人。セックスマシーンという卑猥なバンド名でボロボロのジーパンの奴や、三流芸人な風体のワタナベフラワーや、浮浪者ファッション当店風次はボロボロの人形を持ってきたり、もう関係者の松原でさえ目を覆う状況のまま、まず市役所のロビーでまさかのライブ…観客も相当集まり、ロビーがライブハウスへ早変わりです。そして大混乱のまま、全員で市長室へ行き記念写真。秘書の方もこんな小汚い奴らに動揺してか市長のことを「し、師匠…」と言い間違える事態に。50人全員で「あんた弟子なんかいっ!」的ツッコミは必至。長い神戸市の歴史の中、市長室で“ツッコミ”が生まれたのは初めての事であろう。そしてそのまま市長を囲み、50人の低所得者達がアホ丸出しのまま十数人の記者にバシバシと写真を撮られていく。市役所15Fという高層に位置するここでも、もちろん「ボケ」が飛び交う訳で、当店リーサルウエポンPA公太の「シャッターチャーーーンス!」は、きっと神戸市の中で一番高い位置で滑った事になる。続いて当店風次がボロボロのスヌーピーを市長の足下に投げ、キョトン顔の市長を助けようとしたガガガSP前ちゃんは、とっさに「すみません。」と声に出しながら、ぬいぐるみを拾い、放り投げる。良かれと思った彼の行動は確実に役所の人間に絶句を提供。環境とはこんなに人との常識に溝を作る事、自分の生きている環境は社会の最末端だという事を再認識する瞬間であった。他にも見守る議長に「一緒に写るか?」と聞く者、撮影中に感極まって奇声を発する者…そこはもうカオスであり、ここまで来るとどちらが常識なのか解らないパラドックスに陥る…。挙句の果てにプレゼントしたメッセージボードを市長が受け取って部屋を出る瞬間、酒で泥酔の風次の「ありがとうは?」が炸裂。市長就任…いや、そのもっと前から遡ってもこんな仕打ちは初めてであろう。訳解らん小汚い50人に囲まれ、報道のネタ作りの為に欲しくも無いボードを受け取り、「感謝」を要求される。その後、松原とガガガSP前ちゃんと市長の3人での記者会見があり、その移動中、松原に市長はこの表敬訪問の感想をこう述べた。「いつもあんな感じ…?」

やっと当コラムのタイトルに近づけたと思ったこの格好のエピソードは、結果的にこのコラムタイトルと真逆の方向へと溝を深める感じとなった。近い将来、神戸市で「バンド税」が成立した時、このコラムを思い出して頂ければ幸いです。

松原裕の神戸市議会委員・選挙活動への道 Vol.15

LUNA SEAのコピバンの”MUNA SEA“の次はオレンジレンジのコピバン“俺んちレンジ”を考えているのでMC出来る方、ヤンキー×で大募集です。ということで“バンやろ”メンバー募集を彷彿する切り口で今月も始まった隔月連載松原コラムだよ。

おはよ。もう今年始まったばかりの気持ちが季節は春。時間はまるで自動引き落としの電気代の如くこちらの許可無く勝手に進むので凄く腹立ちます。

しかしなにが腹立つって2ch!! 最近松原のことを書いてくれないので寂しいデス。もっと目撃証言とか書いて欲しいデス。とか言いつつ2chネラーの書き込みを見てて思います。やっぱ人の悪口や恥ずかしい暴露話とかを本人の許可無く書いたりするのはダメな訳デス! 最低デス! 今日の松原は珍しく説教したいと思います。例えばこんな話があります。

え〜っと…、なんだっけな… え〜っと…【先日自分の家の近くで道に迷った5歳児以下の太陽族の(Vo.)花男の話】じゃなくて…【酔っぱらうとやたら人の体を噛みついてくる欲求不満MCUちゃんの話】じゃなくて…【体格のわりに酒が全然飲めない見かけ倒し、太田クルー(Vo.)サットンの話】じゃなくて…【この前の打ち上げで冗談で説教したら泣き出したチキン野郎、サクラメリーメン(Ba.)いっぺいの話】じゃなくて…【盛り上げようと思って某ラジオ局の打ち上げで全裸になったら、めちゃ嫌われて全然曲をO.AしてくれなくなったアホNatural Punch Drunker(Ba.)村上の話】じゃなくて…【6時から呑みに行く約束で待ち合わせしたら缶ビール飲みながら来たアル中のRadio Caroline(Ba.)こうじさんの話】じゃなくて…【知人の誕生日会で酔っ払って自分の曲をカラオケで歌ってたら俺の隣の奴に「めちゃうまいですね!」って言われてた175R、SHOGOの話】じゃなくて…【音楽はお洒落なのに、打ち上げでは全裸の嵐の低知能Riddim Saunterの話】じゃなくて…【この前、酔っ払ってナマリまくった方言で喋ってた全然キザじゃない、ザ・キャプテンズ(Vo.)傷彦さんの話】じゃなくて…【BLOGで冗談でEXI●Eの事を批判したらファンから2万通くらい苦情メールが来てたガガガSP、前ちゃんの話】じゃなくて…【酔っ払ってて某番組の悪口を言っていたら、その担当者が後ろにいた酒乱GOOD 4 NOTHINGの(Ba.)マッキンの話】じゃなくて【酔っ払って機材車にゲロを吐いた、メンバー泣かせghostnote(Dr.)ゆうすけの話】じゃなくて…【EASY GRIPの増田さんに出産祝いで貰ったヤッターワンのロボットを無理やりスタクラの事務所から持って帰りやがった、わがままknotlamp(Vo.)ケイトの話】じゃなくて…【「なんで“GOING KOBE”に出ないねん! 出るべきやって!」って松原の事を思って、熱く某バンドに交渉してくれたけど“GOING KOBE”と完全に同じ日に、自分のイベントにそのバンドを誘っていた本誌発行人のPJの話】じゃなくて…。う〜ん。思い出せない…ま、なんせあんまり公の場で人の事を話したらアカン! って事が言いたかったのです。っつーことで人の話しせんと自分のイベントの事を話します! 昨年10kg体重を落とすことが出来たあのイベント! 今年も命がけで開催デス!!

今年で5周年! 無料チャリティーフェス開催決定!!
【GOING KOBE】ぜひご来場くださいね!!!

松原裕の神戸市議会委員・選挙活動への道 Vol.14

はっぴー!! スタークラブ松原だよ。今月の本誌原稿〆切日程をメールで編集者から頂いたのですが宛先TOに松原で、他の連載者のアドレスが全員ccになっていたよ。編集者による公開虐待を受けております松原は、今月も元気に筆を取らせて頂きます。押忍っ! ということで09年が幕開け08年の余韻が残る今日この頃、年末にM-1グランプリに出演したら勝ち進んでしまい松原の出番の前が千鳥や藤崎マーケットだった有名な話は置いておいて本年の目標をこの場を借りて勝手に発表したいと思います。結果を決めて努力で帳尻を合わす松原スタイル。「さすが! 松原」と周囲の言葉を受けてアイデンティティーという不確かな物に触れて生きて来た29年間。09年テーマは間違いなく「結婚」デス。松原再婚相手の発掘。08年は関西音楽業界結婚&出産旋風が巻き起こりながら少なからず感化されている訳ですが、松原はこんな恐ろしい事を言われた事があります!

「あなたの家は呪われています!」

はい。説明しますね。実は松原の母は5回離婚しておりまして本当のお父さんを松原は20才まで知りませんでした。で、20才の春、家を出たら探偵がやって来て「本当のお父様が探しています!」と言われるがまま連れて行かれた喫茶店。見たことの無い男性が号泣しながら抱きついて来て「やっと会えた…」の言葉に周囲のお客さんからも拍手と貰い泣きで喫茶店は徳光さんか紳輔のどっちかが居たら完全にTV番組状態。そしてその父に強引に連れて行かれた訳わからない屋敷で宗教っぽいおばちゃんに言われた一言が冒頭の「呪われています!」でした。聴くところによると母方の祖父と祖母は不倫の関係だったようで、そのまま愛し合って生涯を共にした。でも離婚をしていない祖父の奥さんは祖母に怒り狂い死んでいったのでその呪い松原家にかかっているようです。そういえば母の5人の兄は全員結婚出来ていないし、母は5回離婚しているし、僕の妹は結婚詐欺に会ったし、松原もバツイチ…嗚呼、恐ろしい呪われた家系…。そういえば数年前離婚した松原に占い師の母はこう言った。「離婚するんか? ま、しょうがないよ。だって運気が悪かったからな〜」…って、それ解ってるんやったら先言えよっ! ていうかそこの前にアンタ、自分の人生占えよ!!
5回も離婚してる奴の占い信用出来るかっ! 母は続けてこう言った。「赤塚不二夫さんは自らの人生の哲学を「これでいいのだ!」に集約させた意味が解るか? 何事も「これでいいのだ」って思って生きて行くのが楽でいいねんで」
なるほど。「これでいいのだ」か…って

「よくねーよーーー!!!」

もう、ヤメサセテモラウ!
今年は親子漫才で頑張ります! かしこ。

松原裕の神戸市議会委員・選挙活動への道 Vol.13

本誌読者並びに全国ミュージックラバーの「おはよう」から「おやすみ」まで、暮らしを見つめるお口の恋人スタークLOVE松原デス。別名ドラゴン松原です。おはよ。おっと。急いでいるときは松原でOKだよ。でもドラゴンは簡便。っつー訳で隔月連載のこのコラムですが今回は11月。次の連載は来年1月です。要するに今年最後な訳デス。引き出し無限のネタ尽き無しですが今回は今年1年の松原の軌跡を振り返ってみようと思います。

【スタークラブ松原・2008年主な出来事】
1月3日:正月三が日遊びほうけて母親と大喧嘩。母親(職業占い師)が家を出る。バツイチ子持ちの松原は子どもと母親の3人暮らしだったが急遽子どもと2人きりになる。

1月10日:チームSTARCLUBが西宮えびすの福男に走りに行くが乱闘事件発生。なぜニュースにならないのか謎のまま事件が揉み消される…。

1月中旬:本当に母親(職業占い師)が荷物抱えて家を出る。マジで2人キリになり途方に暮れる。

2008年2月〜:様々な知人、母親が過去5回離婚した4人の父親を訪ねたり毎日のベビーシッターを探す日々(5kg減)

3月〜4月:GOING KOBE'08の準備と子守りで平均2,3時間睡眠を実現。

5月:GOING KOBE開催。読売TVで子どもの保育園で松原ちょっとヒーローになる。

6月:子どもが女子園児にセクハラを数回行い、先方のご両親に謝罪の日々が続く。

7月:スタクラ社員旅行で沖縄に行くがマリンスポーツ中に歴史的な地震が起き、海岸が大パニックになる。

8月:スタークラブ11周年「松原祭 約50連発」開催。顔の色がくすんでくる。10kgの激痩せが実現。松原祭ダイエットの出版を考える。

同月:子育てに行き詰まり悩んでいると超優しい19才の娘さんがいるスタフラ常連のおばさんと松原の幼馴染みの道田と夢の3世帯暮らしが始まる。常識がよくわからなくなる。朝起きると幼馴染みが松原のパンツを洗ってくれててモヤモヤする。

9月6日:開催1週間前にいきなり淡路島で行われたフェスを仕切ることになり血便が出る。眠ることを忘れる。

9月7日:そのまま寝ずにMUNASEA@OTODAMAに出演。1万人の観客を魅了する。木村カエラ氏も絶賛でMUNASEA Tシャツをバックバンドさんが着用し2chで松原叩かれる。

9月26日:!wagero!主催の服部緑地野外音楽堂に漫才で出演。爆笑を取り過ぎて音量規制にひっかかる。そして時間を押してしまい次の出番の夏目ナナの枠が3分に縮まり気マズさ全開の生き地獄を味わう。楽屋でDrコパが電話で株を売っていてドン引きする。

9月29日&30日:調子に乗って松原Vo.のコピバンMUNASEAでワンマン2DAYSを決行。大赤字を記録。今後の活動について会議が行われる。

10月:神戸ホエール開催。神戸のライブハウスがひとつになる。打ち上げ後、目を覚ましたら道端で寝ていて結局ひとりになる。

10月1日:スタクラレーベルから2アーティスト同時発売を調子に乗って決行。夜がいつなのか解らなくなる。

10月24日:毎年恒例のM-1グランプリに出演。危うく優勝しそうになる。

10月31日:MUNASEA@MINAMIWHEELなんばHatch出演。業界が震撼し、業界から干されそうになる。

12月:喧嘩した母(職業占い師)が帰ってくる。

主な発表できる怒濤の2008年。みなさまはどんな1年でしたでしょうか? 松原は今年も人生という死ぬまでの暇つぶしを充実しました! 来年も爆走しますので、どうか嫌いにならないでくださいね。嫌いになる前に言ってくださいね。スタイル変えますので…。では! また来年☆

今月の待つならマメ知識:新幹線の車掌が「乗車券を確認」にくるのは、「俺が仕事してんのに、お前ら寝てんじゃねーよ」の意。

松原裕の神戸市議会委員・選挙活動への道 Vol.12

はっぴー。スタークラブ11周年記念興行「松原祭約50連発」が絶賛開催中の日々。毎日この打ち上げに命を置いて帰っても悔いのないほど楽しんでますがそろそろ体内の違和感に気付かないフリが出来なくなってきました。そんな日々の中、皆様に今回お届けするのはトンデモナイ衝撃の友人の痴話を少々。

友人30歳・男性は10代前半の果敢な青春時代にバスタードという少年誌なのに女体登場頻度エロ本クラスのけしからん漫画を寝そべりながら読んでいました。当然、健全な男子という事で体の一部がホット! ホット! へ進化する訳で、なんか悶々とした気持ちになりました。この湧き出る性欲いうリビドーを抑圧する事を本能的に察し、うつ伏せで寝そべっていた彼は深くにも畳に彼のシンボルをこすりつけた…時刻は夕方。夕日を浴びて街がオレンジ色に染まったころ彼は初めてのオーガニズムを感じた。「なんて気持ちいいんだ。」そう思った彼は自慰的行為として床を起用し、床などを愛してやまない人生を送る事となる。

旧約聖書にも登場するこの自慰行為は心理学の見地からでも自我の形成に重要な役割を果たすとも言われていて、自らの手を汚しながら人間が人間であることを確認する行為である。恥じるべき行為では決して無いと思うのだが、この自慰行為を恥じるべき行為と思い込んでいた彼は思春期に普通に友人とディスカッションする事もなく、ついこないだまでこの「床にこすりつけるスタイル」で性処理を行っていた。ノーマルスタイルを知らずに…

そんな彼がついこないだ彼女が出来て、ようやく神から貰った男の意味に花を咲かせた。男になったのだ。しかし神は見放した。長続きはせずにすぐに別れてしまう事となる。何故別れなければいけないのか? 心配した松原は彼に問いかけた。「もう我慢出来ない!」そう告げられた彼のためにも彼の悪い部分を矯正しようと理由をひも解いて行く。しかし! 事態は壮絶。ああぁ…悲しきかな人間のサガ…理由は冒頭で話した彼の性処理にあった。日々蓄積される経験に反応する順応性が凶と出た彼はオーガニズムを圧迫でしか得る事が出来なくなっている。要するにピストン運動では無く、圧迫なのだ。何かに押さえつけた締め付けでしか感じないのだ! なのでいわゆるみなさんがイメージする性行為とは一風変わってしまう。そう! “押すのみ”である。引きが無いのだ。要するに卑猥な表現で恐縮だが、挿入したら後は押し込み続けるのみ。結果いつもフィニッシュ時には部屋の角に彼女を追いやり押し続けて完成www 彼女は毎晩彼氏に押され続けていたのだ…(笑)。衝撃の事態だがA型の彼女はずっと彼に言えず我慢し続けた。そしてその先日ついに堪忍袋の緒が切れた彼女はその事実を彼にほりこんだ!

「もう我慢出来ない! 前々から言おうと思ってたけど、あんたのSEXおかしいからっ!」

思春期から形成される環境の大事さを再確認した松原だが俗説の域を出ない事も理解できている。人間なんでも“押す”だけじゃいけないんだなぁ?
なのでこの実体験を生かせて挑む「押し」と「引き」の超大作が間もなく開催されます!

松原裕の神戸市議会委員・選挙活動への道 Vol.11

11_matsubara

松原裕の神戸市議会委員・選挙活動への道 Vol.10

10_matsubara

松原裕の神戸市議会委員・選挙活動への道 Vol.9

9_matsubara

松原裕の神戸市議会委員・選挙活動への道 Vol.8

8_matsubara

banner_228 banner_top 浅井製作所 NCIS_banner4 new_umbro banner-umbloi•ÒW—pj