全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

twitter instagram

EAT THE ROCK 2015-竜王食音祭-

昨年の逆境を皆で乗り越え開催された“俺たちのフェス!!”

eat-backlift_メイン

2015/8/9 @滋賀・竜王町総合運動公園

DRAGON STAGE&LAKE STAGE:HEY-SMITH / GOOD4NOTHING / SKA FREAKS / PAN / THE CHERRY COKE$ / HOTSQUALL / DOBERMAN / BACK LIFT / UNLIMITS / BUZZ THE BEARS / THE GELUGUGU / FEELFLIP / ADAM at / RYOJI & SKA PUNK ZOMBIES / GENNARI / Unblock / Freulette(O.A)

STREET STAGE&FUTURE STAGE:Dizzy Sunfist / A Barking Dog Never Bites / SCOTLAND GIRL / WOMCADOLE / vivid undress / 東狂アルゴリズム / Brave Back / SUPER MARKET / Take mind's place / No More No Hero's / the oddments / Brightone / ThreeOut / Hump Back

BORDERLESS STAGE:JERRYBEANS / 一途 / 佐合井マリ子 / yokko / 亞弓 / Lefa / 佐々木詩菜withおがわてつや

MC:SoCo

ジリジリと鳴く蝉の声、目の前に広がる真っ青な空と入道雲。清々しいほどの晴天に見舞われた8/9の滋賀県竜王町で、1年越しにとあるフェスが開催された。食と音楽の祭典“EAT THE ROCK 2015-竜王食音祭-”(以下“EAT THE ROCK”)だ。2012年から毎年開催され、3回目の予定だった昨年は台風直撃の憂き目に遭い、やむなく中止に…。その想いを背負って行われた今回は見事に天候に恵まれ、大勢の来場者で埋め尽くされた会場には胸を熱くする音楽が鳴り響いた。

竜王町・町長とMC・SoCoの開会宣言で「俺たちのフェス! “EAT THE ROCK”!!」という掛け声とともに幕を開けたこの日。昨年の開催日当日に振替イベントを行ったSKA FREAKSがまずDRAGON STAGEのトップバッターとして見事に会場を盛り上げ、そして昨年の分まで上乗せして力強いステージを観せてくれたトリのGOOD4NOTHINGまで、それぞれのバンドが特別な想いで演奏をしていたように思う。

竜王町総合運動公園内の5つのステージで繰り広げられた“EAT THE ROCK”。屋根の付いた運動場「ドラゴンハット」内にはDRAGON STAGEとLAKE STAGEという巨大なステージが向かい合うように配置され、DRAGON STAGEではHEY-SMITH、PANなどシーンの猛者たちが熱演を披露していく。LAKE STAGEではTHE GELUGUGUなどのベテラン勢から、BACK LIFTなど次代を担うアーティストの演奏が行われた。

野外に設置されたSTREET STAGEとFUTURE STAGEでは、Dizzy SunfistやA Barking Dog Never Bitesなどが炎天下をものともせず熱い競演で観客を盛り上げる。「ドラゴンスポーツセンター」内に設置されたBORDERLESS STAGEではJERRYBEANSや佐合井マリ子など、アコースティックを中心とした演奏で会場は癒しの空間になっていた。

ステージ以外のスペースには近江牛のステーキや竜王町カレーなどのご当地グルメを始めとする飲食ブースが軒を連ね、遊び疲れたキッズたちは休憩がてら舌鼓を打つ。地元竜王町の人々もボランティアスタッフとして携わり、地元に根づいた場所で音楽が鳴り響いている。無料フェスということもあり、ライブを観に来たキッズも、たまたま公園に訪れた子供連れの親子もそこで音楽を楽しんでいたのが印象的だ。ライブハウスと日常が交差するその風景からは、フェスと開催地域の良い関係性が垣間見えた。

想いを共にした大勢の人々の力で昨年の逆境を乗り越え、見事リベンジを果たした“EAT THE ROCK”。来年も会場にあふれるたくさんの笑顔が見られることを楽しみにしている。

TEXT:馬渡司