全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

FOUR GET ME A NOTS

キラキラと輝きを放つメロディとたくさんの笑顔

FGMAN2015/3/29@Shimokitazawa SHELTER  ″BLINKS 5″-Follow your tracks-

FOUR GET ME A NOTSが3月にリリースした初のベストアルバム『FOLLOW THE TRACKS -The Best of 10years-』。同作のリリースを記念して、下北沢SHELTERにて彼らの自主企画ワンマン“BLINKS 5” -Follow your tracks-が開催された。

日曜日の昼間に開催された同イベント、フロアには多くの観客が詰めかけ、既に熱気が充満している。ライブへの期待で胸をふくらませている観客の前に登場した3人、Vo./G.高橋の「ようこそSHELTERへ! 盛り上がっていこうぜ!」という言葉を皮切りに「Firm resolution」でスタート。Dr./Vo.阿部がパワフルなリズムを繰り出し、Vo./Ba.石坪がベースを絡ませてグルーヴを作り出す。フロアではいきなり肩車からのダイブが起こる。「Chase after rainbows」では、今度は石坪が客席を煽ってオーディエンスと一緒に叫ぶ。たくさんの腕が振り上げられ、歓喜のダイバーが宙を舞う。SHELTERはのっけから抜群のノリと一体感に包まれ、フロアからステージに向けて大きな歓声が浴びせられる。

MCのゆるーい雰囲気もFOUR GET ME A NOTSだからこそ。いつもMCは緊張すると彼らは言うが、一切気負わずに、背伸びしようともせず、あるがままの姿で会話を交わすその雰囲気もらしさのひとつ。ステージとフロアの距離を感じさせないそのやり取りを、オーディエンスは笑顔で見つめている。

「Crescent moon」では高橋が聴かせ、「Heroine」ではクラップとダイバーとモッシュが埋め尽くす。フロアを見る3人の表情がキラキラと輝いている。この場所には、ライブが好きで、バンドが好きで、音楽が好きな人間しかいない。「Pike your shield」が始まった途端に興奮を露わにした客がグッとステージ方向に殺到し、興奮の渦が音を立てて加速していく。この日の3人は非常にエネルギッシュなステージングで、観る者の興奮をいつの間にやらグイグイと加速させるパワーに満ちている。かと思えば、MCを挟んで鳴らされた「Shining」ではグッと胸を掴み、照明に浮かび上がる3つのシルエットが音を合わせれば、その渦中に観客は次から次へと身と心を投じていく。

中盤では高橋がアコギに持ち替えて「Blue」を披露し、「ここにいる大切なみんなへ」と告げて「Precious」をスタート。音と言葉とメロディに気持ちが込められた同曲は、その場にいたすべての者の胸の奥に深く深く浸透していく。石坪と阿部のヴォーカルの絡みがオーディエンスのテンションを上げた「Blame and braves」、フロアにクラウドサーフとモッシュが乱発した「Awakening」、歌を思い切り聴かせた「Goodbye」「Lifework」を経て、7月15日にはアルバムをリリースすることを発表。この日来場したすべての人に感謝の気持ちを告げる。

3人とオーディエンスの温かい想いがいっぱい溢れる中、本編最後は高橋が「これからの3人の想いを届けて帰ります」と最新曲「Our chords」。現時点のリアルな想いをストレートに詰め込んだ同曲に、フロアは最大の盛り上がり。アンコールでは「Keep fine」「Bridge」「Changes」というバンド初期の曲を立て続けに披露してダイバーが乱発。「ありがとう! これからもよろしく!」と石坪が告げ、たくさんの拍手と歓声と笑顔に包まれたまま“BLINKS 5”が終了した。

TEXT:Takeshi.Yamanaka
PHOTO:SARU(SARUYA AYUMI)

banner05
banner_228 banner_top 浅井製作所 NCIS_banner4 new_umbro Baycamp_kuro s_mip16_b s_rb16_b s_otodma16_b s_yamabito16_b banner-umbloi•ÒW—pj