全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

Mrs. GREEN APPLE

刹那の光を放ちながら急速に進化する5人の姿は美しく煌めいている

2015/7/20@渋谷eggman “Mrs. GREEN APPLE presents 「Variety is Variety」”
Mrs. GREEN APPLE / HOWL BE QUIET

PH_MrsGAメジャーデビュー作となる3rdミニアルバム『Variety』を発売したMrs. GREEN APPLEが、そのリリースパーティーを渋谷eggmanで開催した。対バンもHOWL BE QUIETという、共にシーンで最注目を集めるニューカマー2組の競演だけにチケットはもちろんSOLD OUT。会場に足を踏み入れると、フロアは後方までぎっしりとオーディエンスで埋め尽くされている。

会場内の熱気と興奮を高めるパフォーマンスをHOWL BE QUIETが見せた後、いよいよMrs. GREEN APPLEの登場だ。自然発生した手拍子に乗ってメンバーが次々と登場する度に歓声が沸き起こり、最後に大森元貴(Vo./G.)がステージ中央に立ったところから「リスキーゲーム」でライブが始まる。続けて「我逢人」「HeLLo」とキラーな魅力を持った楽曲でたたみかけ、序盤から大きな盛り上がりを生み出していく。

ライブを観ていて驚かされるのが、デビューしたばかりのバンドとは思えないほどの観客との一体感だ。メジャーデビュー作に収録された楽曲と同様に、インディーズ時代の2ndミニアルバム『Progressive』やライブ会場限定で販売された1stミニアルバム『Introduction』の収録曲に対しても、息の合ったコーラスや手拍子で反応するフロア。さらに「No.7」のようなアルバム未収録曲でもそういった光景が見られるのは、いかに彼らの楽曲がライブという場を通してファンの心と身体に染み渡っているかの証明と言えるだろう。

そんな中で心から楽しそうに音を奏でるメンバー5人の姿は、本当にキラキラと輝いて見えた。本編最後のMCで大森自身が「いつか終わっちゃうんだけど、今が楽しいからOKなんだと思えた」と語ったが、いつか必ず終わるからこそ今この瞬間の煌めきは何にも代えがたく美しいのだ。アンコールでは、12月に東名阪でのワンマンツアー開催を発表。東京では早くも恵比寿LIQUIDROOM公演を行うという彼らが放つ、その刹那にしか触れることのできない強烈な光を少しでも早く浴びてみて欲しい。

TEXT:IMAI

banner05
banner_228 banner_top 浅井製作所 NCIS_banner4 new_umbro banner-umbloi•ÒW—pj