全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

nano.RIPE

ぼくらの心にある“聖なる種火”は決して消えない

“nano.RIPE LIVE TOUR 2017「せいなるたねび」”
2017/5/3@渋谷WWW

ゴールデンウィークの真っ盛りに渋谷WWWにて開催された、“nano.RIPE LIVE TOUR 2017「せいなるたねび」”。2デイズ初日の5/3は満員のファンたちが胸を高鳴らせる中で、きみコ(Vo./G.)による朗読の声が場内に流れた瞬間から一気に非日常の世界へと引き込まれていく。「在処」でライブの幕を開けると「お待たせしました、東京。楽しむ準備はできていますか?」と呼びかけ、いきなりのキラーチューン「ノクチルカ」を投下。イントロから、大きな掛け声とたくさんの拳が上がった。「驚くほどに絶好調きみコがお届けします!」という言葉通り、どこまでも響き渡っていきそうなよく通る歌声を最高の笑顔と共に届けてくれる。

「ハナノイロ」では「アンコールじゃないけど歌っていいですよ!」という許しを得た観客たちが、ラストのサビをきみコに代わって大合唱。「夢路」のイントロで手拍子が起こったかと思えば、スペイシーな電子音に導かれて始まった「アポロ」ではぴょんぴょんと飛び跳ねる。2ヶ月半ぶりとなるライブにきっと“nano.RIPE不足”していたであろうファンのテンションは、天井知らずに上昇していく。かといって、ただ盛り上がるだけではなく「月花」や「神様」のようなミドルチューンではちゃんと聴き入る姿に、きみコも「行くところは行く、行かないところは行かない。お客さんが大人」と賞賛していた。そう、これこそがみんなで一緒に作るnano.RIPEのライブの真骨頂なのだ。

鈴木“choku”直也(Ba.)と高橋宏貴(Dr.)というサポートメンバー2人加えた“新生nano.RIPE”のライブは、これまでにも増して生命力とダイナミズムに満ち溢れている。“この4人の音を残しておきたい”という気持ちから、ライブ会場限定シングル『夜の太陽』を制作したという言葉にも納得だ。そこにも収録されている「ダイヤモンドダスト」は、ササキジュン(G.)との久々の共作曲だという。“あたしの遺書”というほどの暗い歌詞を明るいメロディに乗せた楽曲は、まさに“きみコ節”が全開。この日初めて生で聴いた観客たちも、新たな名曲の誕生を確信したに違いない。そんな中で「フラッシュキーパー」から、怒涛の終盤戦へ突入していった。

結成から20年を迎える今、「売れたい」と何度も口にしたきみコ。それは“もっと届けたい。もっと続けたい”という意志の現れだろう。昨年末にメンバー2人が脱退した時も解散の“か”の字すら浮かばなかったという彼女は、「nano.RIPEのきみコであり続けたい」と力強く語った。そんな決意表明として書いた新曲「夜の太陽」で締め括られた本編に、誰もがこれから先への期待をさらに高めたはずだ。和やかな雰囲気で進んだアンコールの最後に、マイクを通すことなく生の声でファンに語りかけた言葉の中で「3年前はこんな顔で歌えなかった」という一言がとりわけ耳に残っている。何度となく困難に直面してきた“ぼくら”は、その全てを乗り越えて進化してきた。だからこそ常に“今”が、バンドとしての最高地点であり続けられるのだ。

ぼくらの心にある“聖なる種火”は決して消えない。nano.RIPEの終わりなき最終章はもう始まっている。

TEXT:IMAI

 

 

 
 
 
 

nano.RIPEの近作をAmazonでチェック!!

 
 

banner05
banner_228 banner_top 浅井製作所 NCIS_banner4 new_umbro banner-umbloi•ÒW—pj