全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

cinema staff

ツアーファイナルで見せつけた“高機動熱源体”の爆発力

2017/7/28@恵比寿LIQUIDROOM
『熱源』Release tour “高機動熱源体”

2017年7月28日、cinema staffの6thフルアルバム『熱源』リリースツアーファイナルが恵比寿LIQUIDROOMにて開催された。開演時間になり、会場を埋め尽くす大勢の観客に迎え入れられるメンバー。全員がスタンバイをすると、Dr.久野洋平が力強いドラムを叩きだす。そう。新作のタイトル曲「熱源」の始まりだ。ステージ後方からの強い照明に4人の姿が照らし出された瞬間、その神々しいまでの光景に鳥肌が立った。

鮮やかなスタートを切った後に放たれた高速ビートの「返して」に、オーディエンスは手を振り上げて熱狂する。続く「AMK HOLIC」では、静と動の交錯する展開で観客を興奮させていく。そしてBa.三島想平が「サッカーは好きかー!?」と叫んで始まった「el golazo」の軽快なリズムにのせて、身体を揺らすフロア。“重要なのはオフ・ザ・ボールだよ”と、どこかあどけない響きで歌うVo./G.飯田瑞規のボーカルが印象的だった。

楽しげな雰囲気から一転、「diggin'」では、強烈なグルーヴで場内を制圧する。生命力が溢れ出んばかりの演奏に、胸が熱くならずにいられない。その後も“巡回する飛行物体”、“底のない濁った水槽”など意味深な歌詞でcinema staff独自の世界観へと誘った「メーヴェの帰還」、音の波が会場中に広がっていくような飯田とG.辻友貴のツインギターから始まる「波動」へと続いた。バンドが最後に打ち伸ばした音を残したまま続いて始まった「salvage me」で、場内はさらにヒートアップしていく。

終盤のMCでは久野が「もう1周やりたい。最高のツアーでした。」と噛み締め、三島が「『熱源』は今日をもって完成する。今日をピークにできますか?」と煽る。すぐさまオーディエンスから飛んできた大きなレスポンスに呼応するように、ゴリゴリのベースがうなりをあげて「pulse」へ突入。強靭なサウンドで魅せたのに続けて発射された「エゴ」で、会場の熱狂は最高潮へ達する。凄まじいバンドアンサンブルに興奮を抑えきれないオーディエンスはもみくちゃになりながら、前へ前へと身体を押し寄せていく。ラストは、『熱源』でも最後を飾る「僕たち」。まぶしいほどの輝きと儚さをあわせ持っているステージ上の4人に終始、魅了されっぱなしだった。

アンコールでは、「西南西の虹」と「GATE」を披露。圧巻のパフォーマンスを見せつけられた後もなお鳴り止まぬ拍手に応え、ダブルアンコールに再登場すると、三島が「今の俺たちまだまだいける感じあるよね? ハードコアな1曲を最後に!」と「Poltergeist」をドロップ。爆発力のある楽曲で、最後の最後まで“熱源”を生み出し続けた。

全身を使ってエモーショナルなギターをかき鳴らしていた辻は、歯止めが効かなくなったかのようにTシャツを脱ぎ捨てる。上半身裸で三島のベースを弾いたり、自身のギターを叩くように弾いたりともうやりたい放題だ。演者もオーディエンスもアドレナリンを出しまくった状態で、遂にライブは終了。その瞬間、本当の意味で『熱源』が完成した。

この日のツアーファイナルは、その場にいた1人1人の心の中に決して消えない“熱源”を生み出したに違いない。気がつけば、いつの間にか観客全員が“高機動熱源体”へと生まれ変わっていたのだ。そんな熱さを胸に抱いたまま、cinema staffは10/14の日比谷野外大音楽堂でのワンマンへと駆け抜けていく。そこでどのようなパフォーマンスを見せてくれるのか、今から楽しみでならない。

TEXT:室井健吾 / PHOTO:ヤオタケシ

 

 

banner05
banner_228 banner_top 浅井製作所 NCIS_banner4 new_umbro banner-umbloi•ÒW—pj