全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

水上カルビ

淡くも切ない想いが胸を打つ。心を解き放つ青い歌声とメロディ

埼玉県発3ピースロックバンド、水上カルビが1stシングルをタワーレコード新宿店限定でリリースする。歌詞では現代っ子ならではのヘタレ感や負け組感を漂わせつつ、疾走感溢れるサウンドと芯のある歌声で悩みや不安を吹き飛ばしていく。人気の音楽系イラストレーター・フクザワによるジャケットのイメージどおり、淡くも切なく胸を打つ名曲揃いの1枚だ。同じ高校で出会ったという3人が語る、人生初のインタビュー。
●高校時代に結成したそうですが、メンバーは最初から3人だけだったんですか?

フジ:いや、ドラムは…もう何人辞めているんだろう? 高校時代ってやっぱり多感な時期なので、みんなモテたくて。だからバンドのメンバーになっても、彼女ができるとすぐ辞めちゃうんです。その結果、モテない3人が残るっていう…(笑)。

●モテたくて、バンドを始めた?

ユキ:僕が楽器を始めた理由も、モテたいからなんです。中学校の時に好きだった女の子が楽器を弾けたんですよ。それでたまたま僕の父親がギターを持っていたので「家にあるよ」という話をしたら、その子が「ユキくん、ギター弾けるの!?」となって。「お、おお…弾けるよ」みたいな嘘をついたら「今度弾いてみせてよ」と言われたので、必死で練習したっていう(笑)。

●結果として、今までバンドが続いていると(笑)。

ユキ:そうですね。その女の子じゃなくて、音楽に恋しちゃった…みたいな。

●要は、その子にフラれたということですよね…?

ユキ:フラれました(笑)。

●ハハハ(笑)。今回の『WATER SLIDER』ではユキくんとフジくんの曲が入っていますが、この2人がメインで曲を書いている?

マッペ:以前はフジがメインでデモを作ってきたものを、3人でバンドサウンドにしていく形が多かったんです。

ユキ:元々、僕はそんなに曲を作らないんですよ。

フジ:今回のシングルで初めて、ユキの作った曲がリード曲になったんです。

●リード曲のM-1「WATER SLIDER」は、ユキくんの作詞作曲ですよね。

マッペ:この曲は会心の出来だと思いますね。

フジ:「WATER SLIDER」に関しては、最初に聴いた時から“これだな!”と思っていて。僕は単純に悔しかったです(笑)。

ユキ:逆に今までは僕が良い曲を作れなくて、悔しい想いをしていたんですよ。今回は自分の作ったものが表題曲になって嬉しいし、作曲面でお互いに良い刺激にもなったなと思います。

●この曲もそうですが、ラブソングが多い?

ユキ:“愛してる”とか言っちゃうようなストレートなものは苦手なので、僕たちなりのラブソングを歌っている感じですね。僕の書く歌詞って全部、片想いなんですよ。「WATER SLIDER」だけは最後、両想いにしたんですけど…。

フジ:歌の中くらいはね(笑)。

●歌詞の中に出てくる“あの子”は、具体的なイメージがあるんでしょうか?

ユキ:僕は高校時代に好きな子がいて、ずっと片想いしていて…。自分の曲はほとんど、その子に向けて書いているかもしれない(笑)。高校時代に彼女と手をつないで登校したような経験がないので、そういうことへの憧れがすごくあるんです。

●“僕の気持ちをあの子に伝えてよ!”と歌っていますが、つまり自分からは告白できていないという…。

ユキ:他力本願です(笑)。そういう全てのヘタレのために歌っていますね。

フジ:僕らもそういう気持ちがわかるからこそ、「この曲で行こう!」となったのかな。

マッペ:共感できる歌詞だからこそ、この曲を世に出した時に僕らと同じような人がリアクションを返してくれるだろうなと思っていて。だから「これしかないな!」という感じでした。

●他の2曲はどういうセレクトなんですか?

フジ:他の2曲は「WATER SLIDER」をメインに置いた時に、どういうバランスで位置していると気持ち良いかっていうのを重視して選びました。

マッペ:CDを1枚通して聴いた時に、ちゃんと“良い作品だな”と思えるような選曲はしたつもりですね。

ユキ:曲調的なバランスも考えて選びました。逆に僕にはM-2「Tell me Why」みたいな曲は作れないので、うらやましいですね。

●「Tell me Why」はフジくんらしい曲?

ユキ:僕はそうだと思います。今回の3曲に色をつけるとしたら、「WATER SLIDER」が水色で、M-3「スウィートビターチョコレート」が茶色、「Tell me Why」は真っ赤な感じだなと思っていて。僕が作った2曲に関しては、ぼやけているイメージなんですよ。でもフジが作る楽曲は原色なんですよね。

マッペ:フジの曲はバンドサウンドありきで設計されつつも、ちゃんとサビでパンッと抜けるように作られていて。そういうところに色が出ているのかなって思います。

●「スウィートビターチョコレート」は、どんなイメージで作ったんですか?

ユキ:これは少女漫画を読んで、女の子の気持ちを想像して書いた曲なんですよ。その漫画を読み終えた途端に、自分の中で芽生えてきた感情に基づいて書いていて。こんな気持ちになることはなかなかないだろうから、今しか書けないだろうなと思って書きましたね。

●その瞬間にしか書けない内容になっている。

ユキ:自分の中ではちょっと例外的な曲で、メッセージ性が強いんですよ。そういう曲はあんまり書きたくなかったんですけど、この曲は良いかなと思って。

マッペ:メッセージ性が強い分、バンドサウンドを前面に押し出すような曲でもないので、終着点をどこにするかで悩みましたね。でもアレンジからレコーディング、ミックス〜マスタリングまで段階を踏んでいくごとにどんどん曲が強くなっていくのを感じて。録り終わった頃には“これはすごい曲なんじゃないか”と思えたくらい、作っていく中での成長を感じた曲です。

フジ:今回のレコーディングで一番楽しかったし、やりがいのある曲でしたね。

●全体を通しても、手応えのある作品になったのでは?

マッペ:今の僕たちにできる全てを1枚に詰め込んだ自信のある作品なので、みんなに手に取ってもらいたいですね。

ユキ:でも次は、これを超えないといけないから。

フジ:ある意味、“踏み台”になるシングルだと思うんですよ。だから今、かなり燃えています!

●4/22のフリーワンマンライブも楽しみですね。

フジ:今回のフリーワンマンライブは僕たちの出発点として、本当に良い機会だと思っていて。ここから広まっていって欲しいですね。

Interview:IMAI

 

banner05
banner_228 banner_top 浅井製作所 NCIS_banner4 new_umbro Baycamp_kuro s_mip16_b s_rb16_b s_otodma16_b s_yamabito16_b banner-umbloi•ÒW—pj