全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

twitter instagram

ちょまたーず / こちら日本

2007年結成。東京、大阪を中心に活動している。笑って泣ける、人間臭さ剥き出しのライヴを展開している。決して飾らない、不器用な四人がひたすらに音楽と向き合い続けている。

今回新しいドラマー秀人の加入をきっかけに、よりシンプルにダイレクトに伝わるアルバムにしようという思いがありました。

曲や歌詞の持ってる本来の力でどこまでできるか、アレンジ、サウンド共にあまり作りこみ過ぎないようにというのはちょまたーずにとって新しい試みでした。よく言えばシンプル、悪い言い方をすれば地味な感じでいこうみたいな(笑)。

しかし、いざやってみるとこれがなかなか難しい。結果今まで一番苦労したCDでした。M-3「心配」、M-4「ブルームーンの夜に」、M-5「木枯らしのワルツ」は今までのVo.ちーまいの歌詞とは少し変化が感じとれる曲になっていると思います。少し大人になって、大切な人を思ったり、自分の今について考えたり。誰にでもあるような心の変化に、純粋に向き合うちーまいの今がそのまま曲になっています。ちーまいが遊びでドラムを叩きながら叫んでいたフレーズから生まれたM-1「I wanna be fish」や夏の遠距離を歌ったM-7「八月海月」、弾き語りのM-6「猫になる」、ジャンベを使ったアコースティックアレンジのM-2「スタッカート」等々聴き応えのあるアルバムになっています。

いきなりこのアルバムを聴くのも良し、今までのちょまたーずを聴いてから聴くならなお良し。そんなアルバムになっています。皆さんの人生のBGMになれれば嬉しいです。是非聴いてみてください!

G.MARU