全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

東京カランコロン / ゆらめき☆ロマンティック

2009年5月より現メンバー編成で活動開始。翌2010年6月に発表した自主制作音源が、インディーズチャートで連続1位を獲得。同年10月には初の全国流通盤となる『東京カランコロンe.t.』をリリース。2012年8月にミニアルバム『ゆらめき☆ロマンティック』でavex traxよりメジャーデビュー。さらに9月には、東京・渋谷CLUB QUATTROでワンマンライブ“ワンマん2012”を開催。

東京カランコロンのG./Vo.いちろーです。
今日は我々のメジャー第一弾ミニアルバム『ゆらめき☆ロマンティック』のマニアックな聴き所を紹介します。
まず1曲目「泣き虫ファイター」は、ツインギターの絡みを聴いてほしいです。特に間奏の左右のギターが交互にフレーズを引く所なんかはスタジオの勢いでできたアレンジなのでお気に入りです。
2曲目「夏part1」も間奏が一番の聴き所。特にどんどん激しくなるおいたんのギターソロと共に他の楽器も順々に展開していく感じはデカくて広いステージをイメージしました。
3曲目「ウキウキエブリデイ」は、アウトロのまさかのフェイドアウトですね。MIX作業中も爆笑でした。
4曲目「うれしい予感」は大サビ前の歌の後ろで鳴ってるおいたんの歪みギターですね。アームでピッチ狂いまくりの狂いギター。あとはグラスベガスを目指して仕上げたアレンジは、作りながら爆笑でした。
5曲目「ララララ」は、せんせいの吹くハーモニカです。正直びっくりするぐらい全然音はずしまくってるので、そのプロデューサーの竹内さんもビックリの吹きっぷりを是非聴いて下さい。
このミニアルバムはとにかく全曲それぞれの方向に向かってやりきりました。その振り切れっぷりを味わってほしいです。
そして冬には『きらめき☆ドラマティック』も出ます。“2枚集めてフルアルバム”っていうのが今回の隠しテーマなので、そちらも必聴!!

G./Vo.いちろー