全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

twitter instagram

KANA-BOON / わかってないのは僕だった。

大阪、堺からやってきた4人組! どうもKANA-BOONです。高校時代に軽音楽部で結成。BIGCATで開催された“eo music try 2011”ではeo特別賞を受賞、翌年Zepp Osakaで行われたイベントで優勝。そしてキューンレコード20周年記念イベントでは、約4000組の中から選ばれ見事優勝。ASIAN KUNG-FU GENERATIONのオープニングアクトを務めるなど、今後目が離せない若手バンド!

バンドをするにあたって1つのテーマが見つかりました。普段生きていて色んな人と接するわけで、中には僕の目を見て話してくれない、僕の気持ちなんて伝わらない人がたくさんいます。それはライブでも同じで、僕らが必死に目を見ようとしても目を見てくれないお客さんはいます。それはお客さんの自由、それぞれの音楽の楽しみ方。なので強要しない、けど目と目が合って初めて伝わるものっていうのも間違いなくあります。僕らはそれを分かち合いたいし、何より人の目を見て表情を見て音楽がしたい。

「目を見てくれない君たちのその目を、僕らは見たいんです」

そんなテーマが偶然なのか必然なのか今作につまっています。このCDはどこのお店にも並ばないし、CDショップで試聴することもできません。レーベルもなんにもない、誰のものでもないインディーズバンドのCDです。じゃあどこで販売しているかというと、それはライブ会場です。もちろん、色んな人に手にとってほしいし聴いてほしい。けど、それよりもライブを見てほしい、僕の目を見てほしい。それでもし気に入ってくれたなら、CDを買ってほしい。そして、家に帰ってCDを聴いたなら、iPodに入れてふとした瞬間聴いたなら、ライブを思い出すし僕の思いも伝わると思います。

Vo./G.鮪

5/27(土) 北堀江club vijon
前売 ¥1,800 / 当日 ¥2,300
OPEN 18:00 / START 18:30
act:ジラフポット(O.A)/ オトワラシ(レコ発)/ KANA-BOON(レコ発)/ コンテンポラリーな生活(レコ発)