全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

twitter instagram

Pygmalion / サブアーバン・ミンストレルズ

幼なじみ3人が地元東京で結成。その後、家で独り曲を書き溜めていた後輩のVo.が加入し2006年2月よりライブ活動開始。以降都内を中心に活動中。本作のレコ発企画を1/21(土)下北沢BASEMENT BARにて開催予定。当日は元シェフの肩書を持つメンバーが評判の南仏料理を無料で提供します。

シューゲイザー、ポストロック、UKギターロック、ドリームポップなど、洋楽からの影響が色濃いオルタナティブなサウンドながら、日本語詞で描かれる繊細に歪んだ世界と、恍惚の美メロをなぞる陶酔感あふれるヴォーカル──。
“シューゲイザー×ギターロック”、そんな形容がしっくり来るPygmalion(ピグマリオン)の1stミニアルバム『サブアーバン・ミンストレルズ』は、ライブでの代表曲からアルバムのために書き下ろした新曲までを含めた、渾身の1枚に仕上がりました。
シューゲイザーの源流を感じさせるメランコリックなM-1「Pygmalion」。美しきポップソングのM-2「快楽の庭」。繊細さと不穏さが同居した、浮遊感あふれるM-3「アンフェタミン・ガール」。不可思議なコードとアンビエンスギター、恍惚としたヴォーカルのファルセットにより彼岸へと誘われるM-4「眠りの森」。浴室の白いタイルに広がっていく赤い歌、M-5「ブラッド・ソング」。不気味な歌と神経症的なリズム、突如噴出す狂気の轟音ノイズが織り成すM-6「プリシラ」。森に差し込む光と風、M-7「リコンストラクション」。もはやカテゴライズ不能なカオティック・スペース・ロック、M-8「Experimental:β」。
ミニアルバムとは思えない、“脳内トリップ"可能な、バラエティに富んだ濃密な全8曲。ぜひ一度お試しを。

Vo./G.坂梨陽
Pygmalion公式HP

new_umbro banner-umbloi•ÒW—pj