全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

twitter instagram

ヘンリーヘンリーズ / ポップンブルース

2009年結成。小学校から同級生の村瀬みなと(Vo./G.)、林広夢(G.)、波多野純(Ba.)に中学校で出会ったタムタムが加わり結成。初ライヴはその年の秋。全員1994年生まれ。2011年6月、1stアルバム『ヘンリーズ革命、後の』をリリース。2013年1/23に2ndアルバム『ポップンブルース』をリリース。

この度、僕らヘンリーヘンリーズの2ndアルバム『ポップンブルース』が発売するということで、いくつかのアルバム収録曲について、聴きどころを書いていきたいと思います!
M-2「時間をかけろ」:最初はオシャレな曲だったんですけど、いざバンドで合わせてみたら全然オシャレじゃなくなって(笑)。やっぱりバンドの力って凄いな〜なんて思いましたね。
M-3「Crepe」:この曲はアルバムの中で最後に出来た曲なので、今自分たちの気持ちに一番近い音楽をやってると思います。アルバム曲では一番のお気に入りです!!
M-5「Summer Days」:最初、夏くらいのリリースを考えながら作っていたので、ものすごく季節はずれな曲になってしまいました…でもそんなところ含めてこの曲は気に入ってます。
M-7「チャンスのメロディー」:NHKのある番組から「友情をテーマに曲を作って演奏しないですか?」という話をもらったのでよろこんで参加しました。「なるべくわかりやすく」を意識して作ってみました。テーマを縛られると案外曲も詞も考えやすかったので、もっと僕を縛ってください(笑)。
M-10「ポップンブルース」:この曲は大分前から出来ていたのですが、今までずっととっておいた曲です。そして今回やっと2枚目のアルバムに収録できたので、アルバムの中では一番思い入れが強い曲です。
とまぁこんな感じで書いてきましたが今回のアルバムは前回と比べてとても落ち着いた感じの音で作られています。なのでよくいうライブ感みたいなものはあえて出ないようになっていて、そこが逆に生々しくより現実的に聴こえると思います。まぁいろいろ言ってますが、とにかく良い感じです!!
僕らはライブバンドなので、ライブでの演奏が一番かっこいいと思います。ライブでの曲とアルバムでの曲とを比べてみるのも楽しいと思いますよ。

【レコ発ワンマン!】 2/11(月・祝) 新宿レッドクロス 「安定と爆発 Vol.2」

Vo./G.村瀬みなと