全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

twitter instagram

Suck a Stew Dry / 人間遊び

2009年、特に何もせずに生きていたVo./G.シノヤマを、G./Cho.キクチが誘い結成。RO69JACK2010入賞を切っ掛けに初めてバンド活動を開始。現在内2名は現役大学生。2010年4月、初の自主企画「人間遊び」をソールドアウト。2011年11月、デビューミニアルバム『人間遊び』をリリース。2012年全国ツアースタート。

あ、Suck a Stew Dry ソングライターのシノヤマです。この度リリースさせて頂きました1stミニアルバ『人間遊び』ですが、非常にポップでキャッチーな作りになっていると思います。
と言いますのも、僕自身がポップスが好きというのがありまして、つまりは、いい声でいい歌を歌うのが一番いいと思っているところにあります。
では、セルフライナーノーツということで、楽曲の紹介をさせて頂きます。
M-1「二時二分」よく言われていることではありますが、“他人と違うことをする”ことが“個性”と考えて迷走している人が多いように思います。そういう人達に向けて。
M-2「Proletarier」お金があったら良いのになあといつも思っています。
M-3「Payment」クレジットカードの支払いに怯えていた時に書いた曲です。
M-4「人間遊び」中学生~大学生的な、青春に近いところにある曲だと思います。だからもうほとんど青春パンクですね。
M-5「遺失物取扱所」歌詞に関しては、「人間遊び」と対になっている曲です。中島みゆきさんの「遺失物預り所」っていう曲のタイトルを見て、遺失物という単語が使いたかったことも一つありました。
M-6「SaSD[eve]」仕事を失くした人が子供に語りかけているイメージと、幼少期のイメージ。
M-7「距離感の部屋(三畳)」友達が友達じゃなくなる、という曲です。
絶望的でも希望的でもなくて、その間の無気力に近い感じのところに居る曲ばかりだと思います。客観的、自分のことが自分のことじゃないかのように感じている方におすすめです。
そんなSuck a Stew Dryですが、12/3には新宿MARZでレコ発、来年2月からは初の全国ツアーが決定しています。是非に。
それじゃあ、ありがとう。ばいばい。

Vo./G.シノヤマコウセイ