全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

最終少女ひかさ / 『最期のゲージュツ』

だけど、
「私には、歌にしたいことが有るんです」
なんて、そんな美しいことじゃあなかった。
有ろうが無かろうが、俺には自分の歌が必要だった。

だから、
俺は歌を作って、それを作品にする。
その事実が先に決まっていた。

じゃあ、
なぜ俺は歌うのか? なぜ歌でなければならないのか?
なんて、自問する必要も無い。その答えに興味は無い。そうか、どうやら理由も無いのか。

俺は天才じゃないんだなあ。
そう気付いたのはいつだったろう。

ただ、ただ自分のことを。言葉も選ばずに、置き換える工夫もせず、そのまんまテキトーなメロディーに乗せてれば。
それを聴いてくれさえすれば。
分かってもらえると思っていた。

あの頃の俺は、
「自分のやっていることは音楽じゃない」
なんて、一丁前に吹聴していた。

24時間。毎日。
メロディーに乗る言葉を探した。改めて日本語の意味を調べた。誰かを想った。好意と悪意を育てた。
そうして象った7曲は。疑う余地も無く、どこまでも音楽だった。
どんなつもりか知らないが。そんなつもりもないくせに、全て最後のつもりで描いた。

最期のゲージュツです。

最終少女ひかさ
ボーカルギター担当
但野正和

 

 

 

最終少女ひかさの近作をAmazonでチェック!!

 

  • new_umbro
  • banner-umbloi•ÒW—pj