全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

twitter instagram

St.ELMO'S FIRE / NEGATIVE SIDE

2007年2月に札幌で結成。Vo./G.上杉、Ba.西田、Dr.谷口からなる3人組のパンクバンド。同年、今やPUNKの聖地と名高い札幌KLUB COUNTER ACTIONでライブ活動をスタート。過去に4枚DEMOをリリース、幾度の国内ツアーに加え2008年にアメリカツアーを経験。正式な単独音源のリリースがないにも関わらずパンクフェスにも呼ばれる程近年注目を集めている。

今回のアルバムが1stアルバムなわけですが、1stだけあって、気合いと勢いを重視はしました。
レコーディングでは、テンションをあげるのに、あえてトランプをしました。なかなかメンバー、プロデューサー、エンジニアのテンションが上がらなく1日の半分をトランプに費やした事もありましたね。それくらいテンションにはこだわりました。注目して聴いて欲しいところとしては、まずはコーラスワークには注目して頂きたい。LIVE会場で拳が上がるように(横ではなく前に)っていう思いで作りました。
ゲストコーラスもSNATCH、THE KNOCKERS、NO HITTERと色んな人に参加してもらってます。曲のバリエーションも豊富で、捨て曲は当たり前ですが無いです。13曲で30分のアルバムですが、短く感じると思います。
ナレーションにYUKIGUNIのIAN GROSEに参加してもらい、歌詞も全てIANと一緒に翻訳しています。その英詞の表現もかなり面白いので是非読んでもらいたいです。
それぞれのパートに触れると、Bassラインに関しては、まるで、ヒゲが濃く、背の低いぽっちゃりな感じで、滑舌がもの凄く悪そぉなヤツが弾いてそぉなプレイを見せていますね。Drumは、今にも崖から落ちそおで、髪の色は緑か紫を永遠と繰り返す。そんなフィルやアレンジが多い割に、Guitarはと言うと、もおギターを弾いていないのでは? と思わせる態度。極めつけのボーカルには八代亜紀よりティラノサウルスを起用しましたからね、声を聴けば解って頂けると思います。
今回所属したIT'S A FACTも僕らも、CDの中身だけではなく、ジャケットやアートワークなども含めてアートと思っているので、今回アートワークを全て手がけてくれたSxBxTくんのデザインも楽しんで欲しいです。
だからCD-Rに焼いたりしないで、実物を手に取って欲しいですね。
Vo.G.上杉
※2/27からSt.ELMO’S FIRE “NEGATIVE SIDE TOUR 2012”スタート。ファイナルは4/17(火) 札幌 KLUB COUNTER ACTION。詳細はHPをチェック!!

new_umbro banner-umbloi•ÒW—pj