全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

Poet-type.M、夜しかない街の物語最終章を前に春夏秋冬の各楽曲解説付きティザーを公開

 Poet-type.Mが2015年から1年を通して音楽で綴ってきた物語「夜しかない街-A Place, Dark & Dark-」がいよいよクライマックスに突入。
 最終章は4/17(日)に渋谷マウントレーニアホールという舞台にて、ライブで表現される。
 メンバーにはサポートでお馴染みの楢原英介、宇野剛史、水野雅昭に加え、東京藝術大学の学生が四重奏で演出する予定だ。
 この日のライブは“Dark & Dark”の街から旅立つ列車をイメージさせるため、入場時に“切符”の引き渡しをすることもアナウンスされている。
 オフィシャルホームページでは、Poet-type.Mの門田匡陽から独演会への想いが綴られている(以下にも転載)。
 そして独演会への布石として「A Place, Dark & Dark」の春夏秋冬各楽曲解説が、今週から毎週末にYouTubeにて公開されていく。
 今回は春盤『A Place, Dark & Dark -観た事のないものを好きなだけ-』の解説がアップされているので、こちらもぜひチェックして欲しい。
 
 
■Dark&Darkの歩き方 春盤「A Place, Dark & Dark -観た事のないものを好きなだけ-」解説

 
 
■Poet-type.M 門田匡陽コメント
「A Place, Dark & Dark」が「永遠の終わりまでYESを」で終わるように。或いはこの曲の副題が「A Place, Dark & Dark」である事が示すように、この夜しか無い街をテーマに構想2年制作1年の4部作は僕の音楽に関わってくれたみんな、僕の音楽を感じて会話してくれたみんなに対する「今まで、本当にありがとうございました。」の4枚でした。
 
ある時星を掴んだ。と確信したのに次の朝には両手からすり抜ける砂。喜びとはそういう物だと僕らはもう知っています。哀しみは砂時計を何度もなんども何度も、ひっくり返している内に薄れていきます。(無くなる事はないんだよな。)
 
だから未来に対しては全肯定。それが僕が「夜しか無い街」の片隅に見出した答えで、それは現存するあらゆるダサい価値観に「NO」をいうような事でもありました。潔かったでしょ。
 
その4部作が完結し、残すところ独演会「God Bless Dark & Dark」だけ。つまり「今までありがとう。次に出会うまで、どうか健やかで。」を夜の街のみんな(冒頭書いた僕の音楽に関わってくれたみんな、僕の音楽を感じて会話してくれた人たち)にちゃんと言う機会が用意されている。という事です。
 
今日からその独演会「God Bless Dark & Dark」の一般発売なので、どんどん応募してください、あなたがBURGER NUDSが門田の最高だと思うなら。GDHMこそ正義!と信じるなら。このPoet-type.Mで僕がやりたかったこと、つたわるはずです。
僕と夜の街の最後の物語。
 
会いに来てください。そして適当なところで忘れてください。
 
もん
 
 
■公演概要
A Place, Dark & Dark Public Performance 「God Bless, Dark & Dark」
4/17(日) 東京Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
OPEN 16:00 / START 17:00
D & D鉄道乗車引き換え券発売中:前売 ¥4,300(税込)
 
 
■WEB
Poet-type.M Official Web
 

 
 
 
 

Poet-type.Mの近作をAmazonでチェック!!