全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

【CDレビュー掲載】G-FREAK FACTORY、“並々ならぬ決意”と、歌詞やサウンドの“表現力の豊かさ”が詰まったニューアルバム『FREAKY』3/8リリース!!

gff_main 群馬の4ピースバンド、G-FREAK FACTORYが3年7ヶ月ぶりにフルアルバム『FREAKY』を完成させた。

 “声が枯れ落ちる前に伝えておこう”という出だしから始まる「ONE DAY」。その決意表明のような歌詞から今作『FREAKY』にかけた思いが伝わってくる。余分なものを削ぎ落とした歌詞とサウンドだからこそ浮き彫りになってくる彼らの今作に対する熱い思い。“G-FREAK FACTORY流の賛美歌”といったところか。全てのリスナーを包み込むような楽曲で、1曲目からグイグイ引きこまれた。
 
 続く「KTKZ TO TAIYO」ではNAIKA MCとコラボし、熱いパッションを感じるミクスチャーロックにのせ、茂木洋晃(Vo.)とNAIKA MCの歌声が張り合うように交差する。非常に勢いのある楽曲でついに『FREAKY』が始まったという印象を受けた。
 骨太なロックサウンドに乗せる「Too oLD To KNoW」や、バイオリンやピアノなどを用いた壮大な「ダディ・ダーリン」では、茂木の書く詞の純粋さと歌心を感じ、音楽性の幅を改めて確認することができる。
 「HALF-DONE」はG-FREAK FACTORYの真骨頂ともいえるレゲエサウンド、「SOMATO」はハードロックやレゲエを行き来して曲として成り立たせてしまうポテンシャルの高さ、「イロハニホエロ」のサウンドに入っているDJのスクラッチなど、今作のサウンドのバリエーションの豊かさを物語っている。
 メロディアスなギターフレーズが光る「APPLAUSE FOR THE LOCAL HERO」、「Remain」では、G-FREAK FACTORYらしさを残しつつ、どこか懐かしさを感じるサウンドとメロディは流石としか言いようがない。聴き進めるにつれ、様々な風景が目の前に浮かんでくる。
 気持ちの良い気分に酔いしれたあと、“前に前に前に”というフレーズが印象的なアッパーチューンの「奮い立て 合い燃えろ」へ。リスナーを飽きさせることのないアルバムの構成に『FREAKY』の完成度の高さを感じる。
 レゲエを得意とするG-FREAK FACTORYでは珍しい、8ビートのストレートなロックサウンドが光るのは「らしくあれと」。サウンドと同じく“そこに愛さえあれば 大丈夫さ”というストレートな歌詞が胸にすっと入ってくる。
 最後の「オレンジの街」は、ピアニカの音色が美しい郷愁感あふれるサウンドで、昭和の商店街にいるような懐かしさを覚える。夕方の帰り道を連想させる曲は、まさにアルバムのラストにぴったり。切ない気持ちに胸がいっぱいになったら、そのまま1曲目を繰り返して再生してほしい。“声が枯れ落ちる前に伝えておこう”。聴き込めば聴き込むほどこの歌詞の説得力が増してくるに違いない。
 『FREAKY』全体を通して感じたのは、「ONE DAY」などの歌詞からも感じるメンバー全員の今作にかけた“並々ならぬ決意”と、歌詞やサウンドの“表現力の豊かさ”。前アルバムから3年7ヶ月という年月を無駄にすることなく着実に進化を遂げてきた証明が、このアルバムに詰まっている。

TEXT:室井健吾

 
 
■リリース情報 
GF_Freaky
Full Album
『FREAKY』
BADASS
【初回限定盤:CD+DVD】
BDSS-0030
¥3,000+税

 
【通常盤:CD】
BDSS-0031
¥2,500+税
2017/3/8 Release
 
 
■WEB
G-FREAK FACTORY オフィシャルHP

山人音楽祭2017

 
 
 
 

G-FREAK FACTORYの作品をAmazonでチェック!!