全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

神戸のプログレ・ロックバンド、こうなったのは誰のせいがデビューアルバムをリリース決定

 東名神で新世代型サーキットフェスを主催し、次世代のロックシーンを牽引してきた関西の若きリーダー、こうなったのは誰のせい。彼らがメンバーの受験によりライブ活動を一時休止することを発表すると同時に、8/16にデビューアルバムをタワーレコード限定でリリースすることも発表した。
 こうなったのは誰のせいは、優しく内向的なメンバーの人柄からは想像もできないバイタリティの高さと挑戦的なサウンドで、関西を中心に新世代のロックシーンを牽引する若きリーダーとして活動してきた。
 2015年からは神戸3会場サーキットフェス“僕らの音楽を守る為の戦争”を開催。2016年より4回のペースで開催し、若手バンドとメジャーバンドの架け橋的なサーキットフェスとして関西を中心に話題を呼んできた。
 今年3月には東京にも進出し、それでも世界が続くなら、ヨルニトケル、カナタらゲストバンドと関西圏の気鋭の若手バンド全31組を率いて、下北沢3店舗でのサーキットフェスも成功させている。
 今回、G.フルキリョウタの大学院への受験を機に、ライブ活動を一時休止することを発表。それと同時に、8/16にデビューアルバム『さよならノスタルジア』をリリースすることを発表した。
 今作は鋭い視点を持つ詞世界、ダウナーで優しいメロディ、それらを自ら破壊する爆撃機の様な高速ドラム、重戦車の様に重くテクニカルなベース、散弾銃の様なタッピングギターが応酬する、プログレッシヴなサウンドが特徴だ。
 3markets[ ]、KOZUMIらが所属するLow-Fi Recordsより、それでも世界が続くならのVo./G.篠塚将行をサウンドプロデューサーに迎えている。今作のリリースに伴い、コメントも発表しているので以下を参照。
 また、ライブ活動の再開は現在未定だが、G.フルキの大学院の受験が決まり次第、年内での活動再開を予定しているという。
 
 
■プロデューサー・篠塚将行(それでも世界が続くなら)コメント
急にプロデュースしてほしいって電話が来たんですけど、僕がやらないと誰もやらないかなと思って、つい受けてしまいました。
 
努力家で優しい子達なので、リリースしたら、一回だけでいいので聴いてみてくれたら嬉しいです。
 
 
■リリース情報
Debut Mini Album
『さよならノスタルジア』

 
Low-Fi Records
LERR-0004
¥2,000
2017/8/16 Release
※タワーレコード限定リリース
 
 
収録曲:
1. 人間失格
2. ハイリ
3. 心用薬
4. さよならさよなら
5. 拝啓
6. 相思相愛
 
 
■WEB
Official Site

  • new_umbro
  • banner-umbloi•ÒW—pj