全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

vivid undress、Dr.ウツミエリの脱退を発表。現体制ラストライブは代官山UNITワンマン。

 自主レーベル“MONOLITHIC RECORDINGS” を立ち上げ、最新ミニアルバム『ENDLESS』がウィークリーインディーズチャート6位にランクイン、自主企画最大キャパである代官山UNITでのバンド初のワンマンライブも間近に迫る5人組ロックバンドvivid undressから、ウツミエリ(Dr.)の脱退が発表された。
 vivid undressのオフィシャルサイトには、ウツミのコメントが掲載。3/31に代官山UNITで行われるワンマンライブを最後にバンドから脱退することが記されている。なお、vivid undressは活動休止や解散をすることなく、残された4人で活動を続けていく。
 同時に、そのワンマンライブより販売開始となる、ライブ会場限定盤『Re:0』のジャケット写真及び全曲トレーラーがYouTubeで公開された。
 『Re:0』は現在入手困難の1st demo『ゼロ』を再録した5曲入りEP。
 1st demo『ゼロ』は2014年にタワーレコード渋谷店限定でリリースされたvivid undress初の音源だ。
 店頭にて異例の大展開がなされ、渋谷店ウイークリーチャートで6位を記録、生産分の1000枚が完売し、現在は廃盤となっているため再発の声が多く集まっていた。
 今回脱退を発表したウツミがvivid undressの作品に参加するのは、この『Re:0』が最後となる。
 
 
■ウツミエリ(Dr.)・コメント
私、ウツミエリは3月31日の代官山UNITでのワンマンライブをもって、vivid undressを脱退します。
 
加入してから3年。
特にこの1年間はとにかく死にものぐるいで、vivid undressに関する事、表に出るものから出ないものまで、至らない部分はたくさんあったと思いますが、愛情を持って一生懸命やってきました。
たくさんの仲間が、そんな私とvivid undressのことを助け、支えてくれました。
 
そういう状況の中で、私はこのバンドのメンバーとしている限り、支えてくれる仲間たちのことを喜ばせたり、楽しませたりできないのではないかと思うようになりました。
なぜかと言えば私自身が、人生のすべてであったドラムに以前のように没頭できなくなり、私らしいドラムというものから、どんどん遠ざかっていると感じるようになったからです。
 
当たり前の話ですが、そんな中でもステージに立つ限り絶対に妥協はできないので、いつもギリギリのところで自分を奮い立たせてきました。心の中の炎を絶やしたことはありません。
それは、私自身が今までに感じたことのない感覚であったと思います。
しかしそのおかげで、人間としてドラマーとして、大きく成長できたことも事実です。
 
私が最高だと思うドラマーに、こうありたいと思う人間にもっともっと近づけるように、今までvivid undressに使ってきた時間を、今後は自分の人生のために使うと決めました。
 
そしてこれからは、4人の友人としてvivid undressの力になれたらと思っています。
武道館に、東京ドームに、私を招待してくれる日を楽しみに待っています。
 
だから、私から非常に勝手なお願いではありますが、これからもvivid undressを応援していただけたら嬉しいです。
 
3年間、ありがとうございました。
と、言いたいところですが、まだまだツアーは続きます。
3月31日まで全力でいきますので、是非会いにきてください!
 
ウツミエリ
 
 
■リリース情報
LIVE会場限定盤
『Re:0』

 
MONOLITHIC RECORDINGS
¥1,200(税込)
2018/3/31 Release
 
 
 
収録曲:
1.yours
2.パラレルワ
3.BRING ME A LIGHT (English ver.)
4.シンデレラ
5.RAINBOW
 
 
■LIVE会場限定盤『Re:0』全曲トレーラー

 
 
■ライブ情報
vivid undress 3rd mini album "ENDLESS" release tour round3

3/01(木) 大阪 心斎橋JANUS
3/02(金) 名古屋 池下CLUB UPSET
3/15(木) 仙台FLYINGSON
3/17(土) 新潟LOTS
 
vivid undress 3rd mini album “ENDLESS” release tour FINAL
3/31(土) 代官山UNIT(ワンマン)
 
 
■WEB
Official Site

  • new_umbro
  • banner-umbloi•ÒW—pj